Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

国内団体

< カテゴリー: 中国 >

NPO法人 緑と水の連絡会議

miniJRRN.jpg

→「NPO法人 緑と水の連絡会議」ホームページへ

世界遺産石見銀山遺跡や国立公園三瓶山のある町で、里山保全などに取り組んでいます。現在は、地元静間川において、アユの復活に向けた魚道整備などに重点的に取り組んでいます。

一般社団法人 高梁川流域学校

miniJRRN.jpg

→「一般社団法人 高梁川流域学校」ホームページへ

一般社団法人高梁川流域学校は、岡山県西部を流れる一級河川高梁川流域の自然、歴史文化、産業などをテーマとして、自然環境の保全、地域の歴史文化の継承、地域産業の発展を支援して、持続可能な地域づくりと地域人材の育成を目的とした団体です。

松江土建 株式会社 環境部

miniJRRN.jpg
 →「松江土建 株式会社」ホームページへ
 「環境を守り、安心を創る」をスローガンに、総合建設業を核とした事業を通じ、社会資本の整備、また水と自然環境整備の担い手として地域社会の豊かな発展に寄与することを目的として活動する企業です。

ナカシマプロペラ 株式会社

miniJRRN.jpg
 →「ナカシマプロペラ 株式会社」ホームページへ
 「最適創造カンパニー」を企業理念に、船舶プロペラを中心に製造する企業です。

旭川流域ネットワーク(AR-NET)

 →「旭川流域ネットワーク」ホームページへ
 岡山県を流れる旭川流域のふるさと(自然と人の暮らし)と川(旭川・水」)にもっと関心を持ち、いいふるさとづくりいい川づくりのために、情報を共有し、無理なく出来る活動を行うことを目的とした人(団体)と情報のネットワークです。


【JRRNとの関わり】
 有識者会議を通じ、AR-NET世話人の池田様よりJRRNの運営に助言を頂いております。

1 


国内団体

このページでは、JRRN団体会員及びJRRNと関わりのある日本国内の団体情報を紹介しています。


運営方針・個人情報保護方針