Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

行事報告

< 行事報告 トップページ >

応用生態工学会2017年度国際シンポジウム及び現地視察行事を12/13(水)-15(金)に共催しました。

国際シンポジウム開会挨拶(12月13日)

国際シンポジウム基調講演(12月13日)

国際シンポジウムパネルディスカッション(12月13日)

 

大師河原河川防災ステーション視察(12月14日)

旧中川視察(12月15日)

 2017年12月13日(水)に、東京工業大学レクチャーシアターにおいて「応用生態工学会2017年度国際シンポジウム『不確実性を増す気候および環境ストレス下での河川流域管理-アジアにおける洪⽔リスク対策と環境保全-』」がJRRN共催で開催されました。

【日時】2017年12月13日(水)13:00~17:00

【主催】応用生態工学会

【共催】日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)

【会場】東京工業大学 大岡山キャンパス レクチャーシアター

【プログラム】 

<基調講演>

トーマス・コクラン(University of Canterbury, New Zealand, Associate professor)
『メコン生態系の危機:水管理インフラ開発、気候変動、および土地利用変化への適応』

<講演>

○鼎 信次郎  (東京工業大学 教授)
『全球から局所スケールでの気候変動による洪水および水資源への影響と近年の日本における災害からの示唆』

○森本 輝 (国土交通省 水管理・国土保全局)
『水災害分野における気候変動適応策について』

○Raymond W. M. Tai(Drainage Services Department, Hong Kong, Chief Engineer)
『香港における気候変動に係る都市排水インフラ計画・整備』

○中村 太士  (北海道大学 教授)
『グリーンインフラによる気候変動適応と生物多様性保全』

<パネルディスカッション>

コーディネーター:渡辺 幸三 (愛媛大学 教授)
パネリスト:講演者

 また、2017年12月14日(木)には国土交通省京浜河川事務所の協力を得て、また12月15日(金)には東京都江戸川区の協力を得て、シンポジウムテーマに関連する現地を海外講師と共に視察し、川づくりに関わる知見を共有しました。

 本国際シンポジウムや現地視察の概要はJRRNニュースレター2018年1月号で改めてご紹介致します。

※JRRNニュースレター2018年1月号 ※準備中
http://jp.a-rr.net/jp/activity/newsletter/

「第7回「小さな自然再生」現地研修会 in 岡山県西粟倉村/吉井川流域吉野川(2017年12月6-7日)」開催報告

吉井川河口から源流までのフィールド研修

吉井川河口から源流までのフィールド研修

開会挨拶(JRRN・土屋信行代表)

座学講義風景

室内ワークショップ(班別討議)

室内ワークショップ(全体討議)

 2017年12月6日(水)~7日(木)の二日間をかけて、第7回「小さな自然再生」現地研修会を岡山県西粟倉村の吉井川流域吉野川にて開催致しました。

 地元及び遠方よりお越しの多様なセクターに属する計28名が参加し、「吉井川のつながりを取り戻すには小さな自然再生で何ができるか」をテーマに、河口から源流までのフィールド視察、また座学とワークショップによる一泊二日の充実した時間を過ごしました。(平成29年度河川基金助成事業)

【日時】2017年12月6日(水)~7日(木)

【主催】「小さな自然再生」研究会

【共催】 エーゼロ株式会社、応用生態工学会(大阪地区会、岡山地区会)、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)

【会場】エーゼロ株式会社<旧影石小学校>(岡山県英田郡西粟倉村)

【プログラム】 

■一日目<12月6日(水)>

(10:00) 岡山駅集合

(10:10~16:00)吉井川流域現地視察 ~河口から源流地域(西粟倉村)までバスで移動

(16:00~16:30)エーゼロ株式会社の取組み紹介
  ~ウナギの養殖・加工事業を通じた人と自然の共生する持続可能な社会を目指して

(16:30~19:00)「小さな自然再生」に関する座学研修

 ‐ 小さな自然再生のすすめ(三橋弘宗:兵庫県立大学自然・環境科学研究所)

 ‐ 事例紹介「安価に川をつなぐときの注意点」(浜野龍夫:徳島大学大学院)

 ‐ 事例紹介「多主体協働による琵琶湖固有種ビワマスの産卵・遡上環境再生の取り組み」
   (佐藤祐一:滋賀県琵琶湖環境科学研究センター )

 ‐ 意見交換 ~現地視察を踏まえて課題の洗い出し

(18:30~)懇親会

■二日目<12月7日(木)>

(9:00~12:00) ワークショップ(グループ討議・全体討議)

   ※コーディネーター: 三橋弘宗(兵庫県立大学自然・環境科学研究所)

 テーマ:「吉井川のつながりを取り戻すには小さな自然再生で何かできるか?」

本研修会にご協力頂きました関係者皆様、どうもありがとうございました。

研修会の詳しい成果報告は、後日改めて本ホームページ等でご紹介致します。

※参考:「第7回現地研修会」参加者募集案内ページ

http://jp.a-rr.net/jp/news/info/841.html

「パブリックフォーラム:アジアの都市河川再生~挑戦と好機」(香港) 参加報告

 

JRRN土屋代表による講演

講演者及びパネラーの記念撮影

 2017年11月25日(土)、香港大学・社会科学院において、一般市民や専門家を対象としたパブリックフォーラム「アジアの都市河川再生~挑戦と好機」が開催されJRRNより二名が参加し、講演及び意見交換を通じて日本の経験を紹介して参りました。

 本行事は、香港Jockry Club信託基金の助成を受けて香港大学社会科学院が取組む3年間のプロジェクト「JC-WISE」の一環で開催され、本プロジェクトは、香港における市民の水意識の啓発、及び「川と地域の繋がりを取り戻す」を主テーマに市民参加による河川再生を推進するものです。

◆JC-WISEプロジェクトホームページ(言語:英語): http://www.socsc.hku.hk/jcwise/

 パブリックフォーラムでは、香港や諸外国における河川再生の事例が紹介されるとともに、JRRNより、東京の河川再生の経験や水辺でできる小さな自然再生などについて紹介し、パネルディスカッションや香港の河川再生現場視察を通じて参加者と交流を行いました。

 本行事の概要はJRRNニュースレター2018年1月号にて詳しくご紹介させて頂きます。

◆JRRNニュースレター vol.127(2018年1月号): ※準備中

「第6回「小さな自然再生」現地研修会 in 福井県福井市・日野川/志津川(2017年10月17日)」開催報告

開会挨拶(兵庫県立大学・三橋弘宗先生)

 

午前の座学講義(徳島大学・浜野龍夫先生)

 

フィールドワークショップ

室内ワークショップ(班別討議)

室内ワークショップ(班別発表)

閉会挨拶(福井河川国道事務所・中村圭吾所長)

  2017年10月17日(火)、第6回「小さな自然再生」現地研修会を福井県福井市の九頭竜川水系日野川/志津川にて開催致しました。

 地元及び関西圏や遠方よりお越しの市民団体、実務者、研究者、学生、行政関係者、「小さな自然再生」研究会メンバーなど計66名が参加し、「魚類の遡上環境の改善~九頭竜川流域の連続性確保に向けて~」をテーマに午前の座学と午後のフィールド&室内ワークショップの充実した一日を過ごしました。(平成29年度河川基金助成事業)

【日時】2017年10月17日(火)9:30~17:00

【主催】「小さな自然再生」研究会

【共催】国土交通省近畿地方整備局福井河川国道事務所、福井県、JRRN

【会場】福井県福井市<座学:(一財)福井県教育センター大ホール/現地:日野川・志津川>

【プログラム】 

(開会挨拶) 三橋弘宗:「小さな自然再生」研究会/兵庫県立大学 自然・環境科学研究所

(午前)会議室にて「小さな自然再生」に関する座学研修  ※各講演25分(質疑応答含む)

- 研修会主旨説明
   (和田彰:日本河川・流域再生ネットワーク)
- 小さな自然再生のすすめ
   (三橋弘宗:兵庫県立大学 自然・環境科学研究所)
– 事例紹介『川人を繋ぎ育む小わざ魚道』
   (浜野龍夫:徳島大学大学院)
– 事例紹介『竹蛇籠で魚道を作ってみた:住民モニタリングと遡上効果』
   (山下慎吾:Sakanayama Lab./高知工科大学)
– 地元の取組み紹介『天王川における連続性確保に向けた魚道整備』
   (前川圭輔:福井県河川課)
– 地元の取組み紹介『九頭竜川水系のグリーンインフラ的取組み』
   (中村圭吾:国土交通省近畿地方整備局福井河川国道事務所 事務所長)
– 全体質疑応答 及び 午後プログラム説明

(午後1)日野川・志津川現地研修 (貸切バスにて移動後、約2.5kmを徒歩にて視察します。)

(午後2)ワークショップ「魚類の遡上環境の改善 〜九頭竜川流域の連続性確保に向けて~」

  ■ファシリテーター:三橋弘宗:兵庫県立大学 自然・環境科学研究所

  - グループ討議: 全参加者でアイデア出し討議
  - 全体討議: 各グループのアイデアを共有し連続性確保に向けてできることについて討議

(閉会挨拶) 中村圭吾:国土交通省近畿地方整備局福井河川国道事務所 事務所長

本研修会にご協力頂きました関係者皆様、どうもありがとうございました。

研修会の詳しい成果報告は、後日改めて本ホームページ等でご紹介致します。

※参考:「第6回現地研修会」参加者募集案内ページ

「第1回アジア国際水週間(1st AIWW)」(韓国・慶州) 参加報告

第1回アジア国際水週間開会セレモニーの様子

 ARRN前会長(Suk Hwan Jang教授)の開会挨拶

 土屋信行JRRN代表/ARRN事務局長による発表の様子

終了後の記念撮影

  2017年9月22日(金)、韓国のキョンジュ(慶州)にて開催された第1回アジア国際水週間(1st AIWW)において、アジア河川・流域再生ネットワーク(ARRN)が主催する「アジアの水問題―気候変動と河川再生」をテーマとしたセッションを開催しました。本セッションでは、日本、中国、韓国のほか、ARRNへの参加を希望しているモンゴルを加えた6件の話題提供とともに意見交換が行われました。

 本セッションでのメッセージとして、アジアモンスーン地域において気候変動と河川再生に取組む上で、①順応的なPDCAサイクルをつくり動かしていくことが不確実性への対応に不可欠であること、②そのためには各国の知見や経験を共有することが重要であること、の共通認識が得られました。

  • セッション名: ARRNセッション「アジアの水問題―気候変動と河川再生」
  • 日時: 2017年9月22日(金) 13:00-15:00
  • 会場: Hwabaek International Convention Center(HICO),韓国・慶州
  • プログラム: 
    司会:Suk-Hwan Jang教授(ARRN前会長/KRRN/Daejin大学
     ・話題提供:日本、中国、韓国、モンゴルより6件
     ・意見交換

本行事の概要はJRRNニュースレター2017年10月号をご覧ください。

JRRNニュースレター vol.124(2017年10月号)はこちらから

ARRN主催「第14回水辺・流域再生にかかわる国際フォーラム」開催報告

Prof. Suk-Hwan JANG (ARRN会長)による開会挨拶

日本からの来賓挨拶

パネルディスカッションの様子

 2017年8月17日(木)、ARRN主催『第14回ARRN水辺・流域再生にかかわる国際フォーラム』が、マレーシア・クアラルンプールにて第37回IAHR世界会議のスペシャルセッションとして開催されました。

○日時 :  2017年8月17日(木) 9:30 – 13:00

○会場 : Putra World Trade Centre (PWTC), クアラルンプール, マレーシア

○主催 : アジア河川・流域再生ネットワーク

○テーマ : Function of Governance to River Restoration under the Climate Change

○言語: 英語

<プログラム>

-開会挨拶

・Prof. Suk Hwan Jang、ARRN会長

-来賓挨拶

・Chul Kee KIM (Korea / Water Resources Department, Ministry of Land, Infrastructure, and Transport: MOLIT)
・Xiaogang WANG (China / China Institute of Water Resources and Hydropower Research: IWHR)
・福田勝之 (国土交通省水管理・国土保全局 河川環境課)

-講演

  7講演 ※講演プログラム参照

-パネルディスカッション

<コーディネーター>  Suk Hwan Jang (ARRN 会長)

<パネリスト>

    Jin Chul JOO (Korea / Hanbat National University)
    Xiaosong WANG (China / IWHR)
    山田正 (中央大学)

<コメンテーター>

    Sung Uk CHOI (Korea / Yonsei University)
    Jinyong ZHAO (China / IWHR)
    福田勝之 (国土交通省水管理・国土保全局 河川環境課)

-閉会挨拶

  金尾健司 (ARRN次期会長 / 公益財団法人リバーフロント研究所 代表理事)

   なお、本フォーラムの開催報告は、JRRNニュースレター2017年9月号で詳しくご紹介させて頂きます。

→詳しい記事はこちら(JRRN Newsletter vol.123-2017年9月号) ※現在準備中

<過去の国際フォーラムはこちらから>

第13回国際フォーラム(2016年)の結果報告はこちら(韓国・仁川市にて開催)
第12回国際フォーラム(2015年)の結果報告はこちら(韓国・慶州市にて開催)
第11回国際フォーラム(2014年)の結果報告はこちら(オーストリア・ウィーン市にて開催)
第10回国際フォーラム(2013年)の結果報告はこちら(中国・成都市にて開催)
第9回国際フォーラム(2012年)の結果報告はこちら(中国・北京市にて開催)
第8回国際フォーラム(2011年)の結果報告はこちら(日本・東京にて開催)
第7回国際フォーラム(2010年)の結果報告はこちら(韓国・ソウル市にて開催)
第6回国際フォーラム(2009年)の結果報告はこちら(韓国・ソウル市にて開催)
第5回国際フォーラム(2008年)の結果報告はこちら(中国・北京市にて開催)
第4回国際フォーラム(2007年)の結果報告はこちら(日本・東京にて開催)
第3回国際フォーラム(2006年)の結果報告はこちら(日本・東京にて開催)

「第5回「小さな自然再生」現地研修会 in 千葉県白井市・神崎川(2016年12月8日)」開催報告

午前の座学研修(福岡大学・伊豫岡先生)

午後のワークショップ趣旨説明(東邦大学・西廣先生)

フィールドワークショップ

室内ワークショップ


 2016年12月8日(木)、第5回「小さな自然再生」現地研修会を千葉県白井市の神崎川上流部にて開催致しました。

 共催する白井市や「神崎川を守るしろい八幡溜の会」をはじめとする地元の皆様、また実務者や研究者、学生、「小さな自然再生」研究会メンバーなど計56名が参加し、「西白井・神崎川上流部を地域資源として効果的に活用するには?」をテーマに午前の座学と午後のフィールド&室内ワークショップの充実した一日を過ごしました。(平成28年度河川基金助成事業)

【日時】2016年12月8日(木)10:00~17:00

【主催】「小さな自然再生」研究会

【共催】神崎川を守るしろい八幡溜の会、白井市、JRRN

【会場】千葉県白井市(座学:千葉ニュータウン/現地:神崎川上流部)

【プログラム】 

(午前)会議室にて「小さな自然再生」に関する座学研修

- 研修会主旨説明(和田彰:日本河川・流域再生ネットワーク)

- 小さな自然再生の紹介と福岡市室見川での取組み
(伊豫岡宏樹:福岡大学工学部社会デザイン工学科)

- 神崎川上流部での取組み
(神崎川を守るしろい八幡溜の会、 長谷川雅美:東邦大学理学部生物学科)

- 印旛沼流域水循環健全化の取組み
(千葉県県土整備部河川環境課)

- 水の循環からみた都市緑地での取組み
(菊池佐智子:公益財団法人都市緑化機構)

- 上西郷川における市民主体の川づくりと小さな自然再生
(林博徳:九州大学大学院工学研究院)

(午後1)フィールドワークショップ: 神崎川上流部現地研修

-白井市職員及び市民団体の方々に案内頂き、八幡溜、木戸前調節池、神崎川等を徒歩にて巡りながら課題とアイデアを交換。

(午後2)室内ワークショップ:「西白井・神崎川上流部を地域資源として効果的に活用するには?」

- グループ・全体討議(現地の課題を共有し、地域資源を活用し環境保全や自然再生に向けてできることについて協議)。

本研修会にご協力頂きました関係者皆様、どうもありがとうございました。

開催報告書はこちらから

※参考:「第5回現地研修会」参加者募集案内ページ

http://jp.a-rr.net/jp/news/info/745.html

「第4回「小さな自然再生」現地研修会 in 兵庫県・武庫川(2016年10月28日)」開催報告

開会挨拶

午前の座学研修

午後の現地研修

午後のワークショップ

 2016年10月28日(金)、第4回「小さな自然再生」現地研修会を兵庫県・武庫川にて開催致しました。

 兵庫県県土整備部土木局武庫川総合治水室や「武庫川づくりと流域連携を進める会」をはじめとする地元関係者、実務者や研究者の方々、また「小さな自然再生」研究会メンバーなど50名が参加し、「魚類の生息・遡上環境の改善~ウナギ石組や落差工対策」をテーマに座学と現地視察、ワークショップから成る充実した一日を過ごすことができました。(平成28年度河川基金助成事業)

【日時】2016年10月28日(金)10:00~17:00

【主催】「小さな自然再生」研究会

【共催】兵庫県県土整備部土木局武庫川総合治水室、JRRN

【会場】兵庫県宝塚市 及び 西宮市(座学:宝塚市立西公民館/現地:武庫川)

【プログラム】 

(午前)会議室にて「小さな自然再生」に関する座学研修

- 研修会主旨説明・「水辺の小さな自然再生事例集」紹介
- 小さな自然再生のすすめ(三橋弘宗:兵庫県立大学 自然・環境科学研究所)
- 兵庫県の取組み紹介(兵庫県 県土整備部 土木局 武庫川総合治水室)
- ウナギの生態について(揖善継:和歌山県立自然博物館)
- 小さな自然再生の留意点(原田守啓:岐阜大学流域圏科学研究センター)

(午後1)武庫川現地研修

-落差工の簡易魚道、仁川合流点を巡り、小さな自然再生のアイデアを交換。

(午後2)ワークショップ「魚類の生息・遡上環境の改善~ウナギ石組や落差工対策」

- グループ・全体討議(現地状況を踏まえ、石組みによるウナギ等の生息場保全や落差工対策について協議)。

 本研修会にご協力頂きました関係者皆様、どうもありがとうございました。
 研修会の詳しい成果報告は、後日改めて本ホームページ等でご紹介致します。

※参考:「第4回現地研修会」参加者募集案内ページ
http://jp.a-rr.net/jp/news/info/720.html

「応用生態工学会 第20回大会」ポスター発表報告

発表要旨とポスター(PDF 778KB)

 2016年9 月2日(金)~4日(日)に「応用生態工学会 第20回大会(東京大会)」が開催され、JRRN事務局メンバーを含む「小さな自然再生」研究会による「水辺の小さな自然再生を通じた川づくりの人づくりPDCA ~ コラボで取組む段階的な人材育成プログラム(試案)~」と題したポスター発表を行いました。

 本発表は、小さな自然再生の全国への普及と技術向上を目的に、JRRNが幹事を務める「小さな自然再生」研究会が取組む事例集発行や自由集会及び現地研修会開催など一連の人材育成プログラムを紹介したものです。

 ポスター発表を通じては、今後の展開に資する貴重な助言を頂戴し、また『優秀ポスター事例発表賞』を頂くことができました。本発表で得た知見を今後のJRRN活動や「小さな自然再生」研究会の活動に反映させてまいります。

「水辺の小さな自然再生を通じた川づくりの人づくりPDCA」発表要旨及びポスター発表資料はこちら(PDF 778KB)

「応用生態工学会 第20回大会(東京大会)」ホームページはこちら(応用生態工学会)

ARRN主催「第13回水辺・流域再生にかかわる国際フォーラム」開催報告

Prof. Suk-Hwan JANG (ARRN会長)による挨拶

 JRRNによる講演の様子

HIC2016閉会式でのARRN関係者記念撮影

講演要旨及び発表スライド集(PDF 17.3MB)

 2016年8月24日(水)、ARRN主催『第13回ARRN水辺・流域再生にかかわる国際フォーラム』が韓国・仁川市にて第12回International Conference on Hydroinformatics (HIC2016)の特別セッションとして開催されました。

日時 :  2016年8月24日(水)
会場 : Room 105 Songdo ConvensiaA(韓国・仁川市)
主催 : アジア河川・流域再生ネットワーク
テーマ : 異常気象下における渇水と河川再生
言語: 英語

<プログラム>

-開会挨拶

・Prof. Suk Hwan Jang、ARRN会長
・Ms. Hee Kyu Jeong、韓国国土交通部・河川運営課長

-講演

(1)Eco-hydrological River Assessment in the Geum River Baisin, Korea
(Dr. Sangyoung PARK, K-Water)

(2)Tokyo water disaster and drought crisis looming now
(Nobuyuk TSUCHIYA, Japan RiverFront research Center)

(3)New technical perspectives to break a positive path for the activities of river restoration in Korea
(Dr. Kyuho KIM, KICT)

(4) Adaptiv management for ecosystems restoration in Haihe basin
(Prof. Xiaosong WANG, China Institute of Water Resources and Hydropower Research)

-閉会

  各講演要旨と講演スライドは以下の「講演要旨及び発表スライド集(PDF 17.3MB)」でご覧いただけます。

 →講演要旨及び発表スライド集(PDF 17.3MB)

  また、本フォーラムの開催報告は、JRRNニュースレター2016年10月号で詳しくご紹介させて頂きます。

→詳しい記事はこちら(JRRN Newsletter vol.112-2016年10月号) ※現在準備中

<過去の国際フォーラムはこちらから>

第12回国際フォーラム(2015年)の結果報告はこちら(韓国・慶州市にて開催)
第11回国際フォーラム(2014年)の結果報告はこちら(オーストリア・ウィーン市にて開催)
第10回国際フォーラム(2013年)の結果報告はこちら(中国・成都市にて開催)
第9回国際フォーラム(2012年)の結果報告はこちら(中国・北京市にて開催)
第8回国際フォーラム(2011年)の結果報告はこちら(日本・東京にて開催)
第7回国際フォーラム(2010年)の結果報告はこちら(韓国・ソウル市にて開催)
第6回国際フォーラム(2009年)の結果報告はこちら(韓国・ソウル市にて開催)
第5回国際フォーラム(2008年)の結果報告はこちら(中国・北京市にて開催)
第4回国際フォーラム(2007年)の結果報告はこちら(日本・東京にて開催)
第3回国際フォーラム(2006年)の結果報告はこちら(日本・東京にて開催)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  


行事報告

このページでは、JRRNやARRNによる主催・共催行事の開催報告及び関連資料等を掲載しています。

過去記事検索

カレンダー

2018年2月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

最近のコメント

>> 行事報告 トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針