Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

行事報告

< 記事のページ >

ARRN主催「第11回水辺・流域再生にかかわる国際フォーラム」(兼:ECRR-ARRN技術交流会)開催報告

会場の様子

 JRRNによる講演の様子

開催後の記念撮影

 2014年10月29日(水)、ECRR/ARRN共催の技術交流行事が『第11回ARRN水辺・流域再生にかかわる国際フォーラム』を兼ねてオーストリア国ウィーンにて開催されました。

プログラム案内チラシ(英語版:PDF30KB)

  • 日時 :  2014年10月29日(水) 17:30~19:30
  • 会場 : TechGate in Vienna(オーストリア国・ウィーン市)
  • 主催 : アジア河川・流域再生ネットワーク、欧州河川再生センター

  各講演の発表資料は以下からダウンロード可能です。(各講演タイトルをクリック)

<プログラム>

-17:30 開会挨拶

-17:30-17:45 中国(CRRN)による講演
 演題: 生態系保全に基づくNanxi川における生態流量に関わる研究

-17:45-18:00 韓国(KRRN)による講演
 演題:  KRRNが取組む主な活動や研究について

-18:00-18:15 日本(JRRN)による講演
 演題: 日本の河川再生とJRRNの役割

-18:15-18:35 ECRRによる講演
 演題: 欧州の河川再生とECRR

-18:35-18:55 国際河川財団による講演
 演題: 国際河川財団と国際河川賞

-18:55-19:25 議論(ECRRとARRNの協力に向けて)

-19:25-19:30 ECRR-ARRN連携協定(MOU)締結式、記念撮影

-19:30 閉会

なお、本フォーラムの開催報告は、JRRNニュースレター2014年11月号で詳しくご紹介させて頂きます。

詳しい記事はこちら(JRRN Newsletter vol.89-2014年11月号)

<過去の国際フォーラムはこちらから>

第10回国際フォーラム(2013年)の結果報告はこちら(中国・成都市にて開催)
第9回国際フォーラム(2012年)の結果報告はこちら(中国・北京市にて開催)
第8回国際フォーラム(2011年)の結果報告はこちら(日本・東京にて開催)
第7回国際フォーラム(2010年)の結果報告はこちら(韓国・ソウル市にて開催)
第6回国際フォーラム(2009年)の結果報告はこちら(韓国・ソウル市にて開催)
第5回国際フォーラム(2008年)の結果報告はこちら(中国・北京市にて開催)
第4回国際フォーラム(2007年)の結果報告はこちら(日本・東京にて開催)
第3回国際フォーラム(2006年)の結果報告はこちら(日本・東京にて開催)

    
     このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

コメント投稿(承認後公開)

トラックバック

トラックバックURL: http://jp.a-rr.net/jp/activity/public/296/trackback



運営方針・個人情報保護方針