Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

行事報告

< 2008年2月:月別アーカイブ >

2008.2.22 JRRNがNARBO(アジア河川流域管理機関ネットワーク)加入

01-0060-1.JPG 01-0060-2.JPG
NARBO総会の様子 参加者全員での集合写真


 2008年2月22日(金)にインドネシア国スラカルタ市において第3回NARBO (アジア河川流域機関ネットワーク)総会が開催され、JRRNがNARBOに加入することが正式に承認されました。

   →NARBOとは? http://www.narbo.jp/index.htm

 JRRNが目指す河川・水辺の再生は、行政や地域住民等の連携により適正な水の管理が為された結果として達成されるものであり、その意味でNARBOが推進する統合的水資源管理と大いに関連があります。
 よって、国内外の河川再生に関わる人や情報の循環の際の貴重な情報源として、NARBOの活動を通じJRRNの活動の幅を更に広げていきたいと思います。
 なお、NARBO新規メンバーは2年に一度開催される総会にて承認され、今回の総会では、日本より財団法人水資源協会や水災害・リスクマネジメント国際センター(ICHARM)など4団体、またアジア諸国からマレーシア国立水文研究所やインダス川流域機関など、合計9団体が新たに加入致しました。
 JRRNとNARBOとの今後の活動については、本ホームページで発信していきます。

JRRN講演発表資料(PDF 883KB)

1 



運営方針・個人情報保護方針