Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

行事報告

< 2011年1月:月別アーカイブ >

2011.1.11~13 中国湖北省水利庁視察団との交流及び視察支援

01-0181-1.jpg 01-0181-2.jpg
JRRN意見交換会後の記念撮影
((財)リバーフロント整備センター会議室)
綾瀬川及び桑袋浄化施設見学
(あやせ清流館)
01-0181-3.jpg 01-0181-4.jpg
(社)日本河川協会との意見交換
((社)日本河川協会会議室)
池田名誉教授との意見交換
((株)建設技術研究所会議室)
01-0181-5.jpg
下水処理施設の見学風景
(東京都下水道局落合水再生センター)


 日本の河川・水環境管理全般に関わる先進的な理念と技術の習得を目的に、中国湖北省水利庁の副庁長を団長とする河川視察団(8名)が来日し、2011年1月11日(火)~13日(木)の三日間、JRRN事務局及び国内関係機関・現地施設管理者・専門家との交流が行われました。各視察先では、河川管理や水環境改善の取組みを中心に視察団と受入先関係者との活発な意見が交わされ、JRRN事務局が各視察先との調整役を担いました。

<交流行事の概要>
 ・1/11(火)午後:JRRN事務局との意見交換(河川環境改善全般について)
 ・1/12(水)午前:綾瀬川及び桑袋浄化施設見学(河川水質浄化・ビオトープについて)
 ・1/12(水)午後:社団法人日本河川協会との意見交換(河川管理全般について)
 ・1/13(木)午前:池田駿介・東京工業大学名誉教授との意見交換(ダム管理について)
 ・1/13(木)午後:東京都下水道局落合水再生センター見学(下水処理及び再生水利用について)

 なお、今回の交流に際し大変お世話になりました国土交通省関東地方整備局江戸川河川事務所調査課、足立区土木部みどりと講演推進室公園整備課、あやせ清流館、社団法人日本河川協会、池田名誉教授及び東京都下水道局落合水再生センターの関係者の方々に厚く御礼申し上げます。

 今回の来日支援の詳細報告は、「JRRNニュースレターvol.44(2011年2月号)」で詳しくご紹介させて頂きます。

 →詳しい記事はこちら(JRRN Newsletter vol.44)

1 



運営方針・個人情報保護方針