Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

行事報告

< 2009年10月:月別アーカイブ >

ARRN主催「第6回水辺・流域再生にかかわる国際フォーラム」開催報告

01-0120-1.jpg
KICT副院長による開会挨拶
01-0120-2.jpg
国際フォーラム終了後の記念撮影


 2009年9月29日(火)、アジア河川・流域再生ネットワーク(ARRN)主催『第6回水辺・流域再生にかかわる国際フォーラム』が韓国・ソウル市のKOFST国際会議場にて開催されました。 本年の国際フォーラムは、韓国建設技術研究院(KICT)主催の「第5回KICT河川環境国際ワークショップ」と併催で行われ、韓国国内の関係者にARRNのPRと河川環境分野の情報交換を行うことができました。

○日時 : 平成21年9月29日(火) 15:00 – 18:00
○会場 : KOFST International Convention Center(韓国・ソウル市)
○主催 : アジア河川・流域再生ネットワーク (ARRN)、韓国建設技術研究院(KICT)、韓国河川協会(KRA)
○共催 : 韓国河川再生ネットワーク(KRRN)、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)、中国河川再生ネットワーク(CRRN)

各講演の発表資料は以下からダウンロード可能です。

   ※各講演タイトルをクリックすると講演資料を閲覧いただけます。

<プログラム>

15:00-15:30  
・開会挨拶  Samhee Lee (韓国建設技術研究院 副院長)  
・歓迎挨拶  玉井 信行 (ARRN会長)  
・歓迎挨拶  Kook IL Kim (韓国河川協会 会長)

15:30-18:00
 ■講演1:白川直樹(筑波大学講師)
      「川に流れを取り戻す ~日本における過去・現在・未来」
 ■講演2:Dongya Sun (CRRN事務局長、中国水利水電科学研究院)
      「中国における河川再生の最新の取り組み」
 ■講演3:Marco Baumann (Canton Thurgau、スイス)
      「河川工学と管理 ~スイスにおける事例から」
 ■講演4:Hong Koo Yeo (韓国建設技術研究院)
      「韓国4大河川再生事業の基本計画づくりについて」

 なお、本フォーラムの開催報告は、「JRRNニュースレターvol.28(2009年10月号)」で詳しくご紹介させて頂きます。

詳しい記事はこちら(JRRN Newsletter vol.28)
本行事のチラシはこちら(PDF 189KB)
第5回国際フォーラム(2008年)の結果報告はこちら(中国・北京市にて開催)
第4回国際フォーラム(2007年)の結果報告はこちら(日本・東京にて開催)

1 



運営方針・個人情報保護方針