Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

JRRNからのお知らせ

< JRRNからのお知らせ トップページ >

2022.12.7「第16回 ARRN運営会議」開催報告

オンライン会議の様子

 2022年12月7日(水)、アジア河川・流域再生ネットワーク(ARRN)の理事会に相当する「第16回ARRN運営会議」をオンライン開催し、日中韓の各RRNメンバーが参加し、ARRNの組織体制や次年度活動計画についての審議が行われました。

 本運営会議では、ARRN会長及び事務局の任期満了を受け、新たな会長及び事務局体制について協議を行い、今後3年間について、引き続きXiaogang Wang教授(中国水利水電科学研究院・副院長)がARRN会長を、また中国CRRNを運営する中国水利水電科学研究院(IWHR)がARRN事務局を担うことが決議されました。

 また世界的な新型コロナウイルス感染拡大により中断していた対面によるアジアの河川再生技術交流を来年より再開していく方向で準備を進めることが決まりました。

<報告事項>

・ARRN, CRRN(中国), KRRN(韓国), JRRN(日本)の過去1年間の活動概要報告

<審議事項>

・ARRN規約の変更(過年度協議結果の決議)
・2023年のARRN活動計画について

第16回運営会議「議事次第」(英語版)はこちら

<過去の運営会議はこちらから>

第15回運営会議開催報告はこちら(2021年11月・オンライン開催)
第14回運営会議開催報告はこちら(2019年10月・オーストラリア/ブリスベン開催)
第13回運営会議開催報告はこちら(2018年8月・東京開催)
第12回運営会議開催報告はこちら(2017年8月・マレーシア/クアラルンプール開催)
第11回運営会議開催報告はこちら(2016年8月・韓国/仁川開催)
第10回運営会議開催報告はこちら(2015年4月・韓国/慶州開催)
第9回運営会議開催報告はこちら(2014年11月・ウィーン開催)
第8回運営会議開催報告はこちら(2013年9月・成都開催)
第7回運営会議開催報告はこちら(2012年11月・北京開催)
第6回運営会議開催報告はこちら(2011年11月・東京開催)
第5回運営会議開催報告はこちら(2010年9月・韓国・ソウル開催)
第4回運営会議開催報告はこちら(2009年9月・韓国・ソウル開催)
第3回運営会議開催報告はこちら(2008年11月・中国・北京開催)
第2回運営会議開催報告はこちら(2007年12月・東京開催)

JRRNより新年のご挨拶

日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN) 代表 土屋信行

 2023年、新年明けましておめでとうございます。

 皆様は日ごろよりJRRNのネットワーク活動にご協力いただきまして大変ありがとうございます。

 昨年は「流域治水元年」の年でしたが、皆様の地域では変革が始まりましたでしょうか。なかなか実感がわかないというのが実態のような気がします。でも、変化は確実に始まっています。耳を澄まし、目を凝らしてみてください。きっと流域のどこかで誰かが何かに取り組んでいるに違いありません。私たちが取り組んでいる「水辺の小さな自然再生」活動もそうです。

 今から20年ほど前の話になりますが、こんなことがありました。

 関東地方の江戸川という川は昭和5年に放水路を開削し、下流部が放水路と旧江戸川という川に分派しています。放水路には行徳水門が、旧江戸川には江戸川水閘門が設置されています。その主な運用目的は高潮防御ですが、それに加えて水道浄水場の取水のために塩水の遡上を止めることもあり、年間を通じてほとんどの時間閉鎖されています。そのためアユの稚魚が遡上する5月の時期、江戸川水閘門の下流側には稚魚が大量に群れを成し、黒い団塊になって水しぶきが上がるほどになっていました。この地域にはこのアユの稚魚を網ですくって佃煮にして食べる習慣があり、春の風物詩になっていました。

 この鮎の稚魚の量があまりにも多いので、少しでも上流へ遡らせてやりたいと思い、水閘門の管理者に相談したところ、「水閘門は舟運のために設置されています。船の航行が無ければ開門は出来ません。」との回答でした。そこで私たちは船の航行があれば開閉してくださるのですねと確認したうえで、防災担当部署が管理していた防災用のゴムボートの航行確認と称して毎年この時期にボートを出し、新人職員の訓練もかねて毎日2回、江戸川水閘門を通過することにしました。水門が開くと同時にものすごい量の黒い塊になった稚魚たちが泳ぎだす様は壮観で、「元気に上流まで行けよ!!」と思わず声を掛けたものでした。

 この様子を管理者の国交省江戸川河川事務所へ報告をしたところ、その翌年には国土交通省の水門管理事務所の方々が単管パイプとコンパネ、ブルーシートで簡易の魚道を作って下さいました。何度か勾配や水路幅を変えながら挑戦してくださいましたがなかなかうまくいかず、結局はカヌー協会の方々も協力して、毎日、船の航行のためと称して閘門を開閉することになりました。毎年5月の連休にはアユの遡上のための水閘門の開閉を年中行事にして、一昨年他界した「おさかなポスト」の山崎さんにもご参加いただき、毎年恒例の大イベントにしてしまいました。この報告を「全国川サミット」で報告したところ、ある年、利根川の上流の漁協の方々がこのイベントに参加して「なんか最近、鮎の自然遡上の数が急激に増えている。これはいったいどうしたことかと調べたら、皆さんが鮎のために水閘門の開閉をイベントにして取り組んでいることを知りました。大変有難うございます。」というお話をいただいたのです。

 結果としてみると河川管理者が水閘門の開閉は舟運の為だけにあるというマニュアル解釈を少し変えただけで大きな変化を生み出したのです。今では、毎年5月の一定期間、船が通らなくても水閘門は一日2回開閉されています。「水辺の小さな自然再生」活動が始まる前のことです。

 この事実は流域治水を考えた時、目の前の事象だけにとらわれることなく、全体を俯瞰して物事を捉え、広い視野での取り組みが必要であることを示しています。「知の巨人」の立花隆さんは「学者も技術者も検討が進めば進むほど総合的判断力を失って、狭い分野だけしかわからない専門家になっていってしまう。」いわゆる「総合知」の必要性を説き「専門性の細分化」は文明の崩壊を招くと論じています。

 私たちは今、目前の課題解決に対し「小さな取り組み」から始め、「大きな自然再生」を目指していこうとしています。

 今年も全国各地で「大きな自然再生」に取り組もうではありませんか。大いにご活躍ください。どうぞよろしくお願いいたします。

2023年元旦

 

『第17回「小さな自然再生」現地研修会 in 霞ヶ浦(2023年1月14日)』ご案内

第17回「小さな自然再生」現地研修会 案内チラシ(PDF 733KB)

 第17回「小さな自然再生」現地研修会を、2023年1月14日(土)に茨城県の霞ケ浦にて開催致します。

 本研修会では、湖の水質改善や湖岸植生帯の保全を目的とした植生浄化施設の生物多様性を更に高め、地域との連携による新たな価値を創造することを目的に、浄化施設導水路と湖の連続性を回復する手づくりの魚道を製作・設置し、この魚道の役割や生物モニタリング方法について、座学と実践を通じて参加者とともに学び合います。(令和4年度河川基金助成事業)

 なお、本行事は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参加人数を制限し、感染防止対策を行った上で開催致します。

 第17回「小さな自然再生」現地研修会 茨城県・霞ケ浦

【日時】令和5年1月14日(土) 9:30~16:00

【主催】特定非営利活動法人水辺基盤協会、「小さな自然再生」研究会、日本河川・流域再生ネットワーク

【協力】国土交通省関東地方整備局霞ヶ浦河川事務所、公益財団法人リバーフロント研究所

【会場】茨城県土浦市 他 <座学:霞ヶ浦河川事務所 土浦出張所/現地:清明川植生浄化施設>

【対象】小さな自然再生に関心のある方々

【定員】30名 (申込先着順)

【参加費】無料

【持ち物】長靴(お持ちの方は胴長)、作業用手袋、防寒着、昼食

【その他】

・新型コロナウイルス感染防止のため、参加者はマスクの着用をお願いします。
・参加者移動のためのバス等は手配しませんので、研修会場へはお車でお越しください。
・消毒液の設置等、主催者側でも感染拡大防止対策を行います。
・悪天候の場合は、翌日1/15(日)に延期して開催します。
・公益財団法人河川財団による河川基金の助成を受けて実施します。
・主催者側で行事保険に加入いたします。

【プログラム】   

(9:30~11:30)小さな自然再生の座学研修

-      開会挨拶

-      清明川植生浄化施設における地域連携と新たな価値の創造
   (小野正人:国土交通省霞ヶ浦河川事務所)

-      清明川植生浄化施設の維持管理活動と環境教育の取組み
   (吉田幸二:NPO法人水辺基盤協会)

-      魚の道の役割と維持管理について
   (岩瀬晴夫:株式会社北海道技術コンサルタント)

-      魚の道の生物モニタリングについて
   (白尾豪宏:公益財団法人リバーフロント研究所)

(11:30~13:00)昼食 及び 清明川植生浄化施設への移動

(13:00-16:00) 魚の道づくりを通じた小さな自然再生の実践 @清明川植生浄化施設

-      魚の道づくり 及び 浄化施設周辺の生物観察

    ■現地技術指導:岩瀬晴夫(同上)、白尾豪宏(同上)

(16:00)閉会 

 【参加申込方法】

以下のチラシ裏面の申し込み先までお申し込みください。

現地研修会案内チラシはこちら(PDF 733KB)

申込〆切: 令和5年1月10日(火) 17:00まで

(申込多数の場合は先着順とさせて頂きます)

【お問合せ】

 日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)事務局 担当:和田・白尾 (info@a-rr.net)

 

水辺でできる「小さな自然再生」の更なる普及に向け、皆様のご参加をお待ちしております。

 

「第18回ARRN水辺・流域再生に関わる国際フォーラム」オンライン開催のご案内 (2022年12月7日)

第18回ARRN国際フォーラムのプログラム 英語版(PDF 719KB)

 本年で18回目となるアジア河川・流域再生ネットワーク(ARRN)主催行事『水辺・流域再生にかかわる国際フォーラム』を、2022年12月7日(水)午後にオンライン形式にて開催致します。

 本年は「NBS-based Ecological Restoration and Integrated Management of River Basins」をテーマに、ARRNを構成する日中韓3RRNより各国3題の発表を行います。(計9題)

※プログラムはARRN事務局のある中国・北京の時間で表示されています。日本時間は1時間をプラスしてください。(例: 13:00 →日本時間14:00)

第18回ARRN水辺・流域再生に関わる国際フォーラム

(1) 日時:   2022年12月7日(水) 14:00-18:00 (日本時間)

(2) 形式:   Zoomオンライン形式

  ※オンライン参加に必要なZoom ID等の情報は(6)プログラムの添付ファイル内に掲載しています。

(3) 主催:  アジア河川・流域再生ネットワーク(ARRN)

(4) 運営事務局: ARRN事務局(中国水利水電科学研究院)

  ※Zoomホスト等も中国側で担当します。

(5) テーマ: NBS-based Ecological Restoration and Integrated Management of River Basins

(6) プログラム:

→ 第18回国際フォーラムのプログラムはこちら 英語版(PDF 719KB)

<過去の国際フォーラムの開催報告はこちらから>

第17回国際フォーラム(2021年)の結果報告はこちら(オンライン形式で開催)
第16回国際フォーラム(2019年)の結果報告はこちら(オーストラリア・ブリスベンにて開催)
第15回国際フォーラム(2018年)の結果報告はこちら(日本・東京にて開催)
第14回国際フォーラム(2017年)の結果報告はこちら(マレーシア・クアラルンプール市にて開催)
第13回国際フォーラム(2016年)の結果報告はこちら(韓国・仁川市にて開催)
第12回国際フォーラム(2015年)の結果報告はこちら(韓国・慶州市にて開催)
第11回国際フォーラム(2014年)の結果報告はこちら(オーストリア・ウィーンにて開催)
第10回国際フォーラム(2013年)の結果報告はこちら(中国・成都市にて開催)
第9回国際フォーラム(2012年)の結果報告はこちら(中国・北京市にて開催)
第8回国際フォーラム(2011年)の結果報告はこちら(日本・東京にて開催)
第7回国際フォーラム(2010年)の結果報告はこちら(韓国・ソウル市にて開催)
第6回国際フォーラム(2009年)の結果報告はこちら(韓国・ソウル市にて開催)
第5回国際フォーラム(2008年)の結果報告はこちら(中国・北京市にて開催)
第4回国際フォーラム(2007年)の結果報告はこちら(日本・東京にて開催)
第3回国際フォーラム(2006年)の結果報告はこちら(日本・東京にて開催)

『第16回「小さな自然再生」現地研修会 in 京都府宮津市・大手川(2022年12月11日)』ご案内

第16回「小さな自然再生」現地研修会 案内チラシ(PDF 791KB)

 第16回「小さな自然再生」現地研修会を、2022年12月11日(日)に京都府宮津市の大手川にて開催致します。

 本研修会では、かつて大手川にも生息していた”フナ”をターゲットに、親水公園の生物多様性を高め、また地域の人々の交流拠点として賑わいを復活させるために「小さな自然再生」でできることは何か、座学と実践を通じて参加者とともに学び合います。また、地元で活動に取組む京都府立宮津天橋高等学校フィールド探究部(フィー探)と共に、フィー探から地元地域へ、生き物が好きな人たちへと、川と地域をつなげていくためのアイデアも交換します。(令和4年度河川基金助成事業)

 なお、本行事は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参加人数を制限し、感染防止対策を行った上で開催致します。

 第16回「小さな自然再生」現地研修会 京都府宮津市・大手川

【日時】令和4年12月11日(日) 9:00~16:00

【主催】宮津天橋高等学校フィールド探究部、「小さな自然再生」研究会、日本河川・流域再生ネットワーク

【協力】京都府丹後土木事務所、宮津市教育委員会、公益財団法人リバーフロント研究所

【会場】京都府宮津市 <座学:京都府立宮津天橋高等学校 宮津学舎/現地:大手川・福田地区>

【対象】小さな自然再生に関心のある方々

【定員】50名 (申込先着順)

【参加費】無料

【持ち物】長靴(お持ちの方は胴長)、作業用手袋、防寒着、昼食

【その他】

・新型コロナウイルス感染防止のため、参加者はマスクの着用をお願いします。
・参加者移動のためのバス等は手配しませんので、研修会場へはお車でお越しください。
・消毒液の設置等、主催者側でも感染拡大防止対策を行います。
・悪天候の場合は、午後は室内プログラムを用意しています。
・公益財団法人河川財団による河川基金の助成を受けて実施します。

【プログラム】   ※司会進行: 宮津天橋高等学校フィールド探究部

(9:00-12:30) 小さな自然再生でできることを考える座学研修

-       開会挨拶・趣旨説明

-       水と土砂がつくる川の地形~水の力を活かすバーブ工
  (原田守啓:岐阜大学流域圏科学研究センター)

-       モウソウチクを用いた竹蛇籠魚道の開発と水域連続性の再生
  (山下慎吾:魚山研)

-       フナ類の生息環境について
  (白尾豪宏:公益財団法人リバーフロント研究所)

-       竹蛇籠製作実習
  (山下慎吾:同上)

-       大手川の未来をテーマに意見交換

(12:30~13:30)昼食 及び 福田地区への移動

(13:30~16:00)福田地区親水空間でできる小さな自然再生の実践 及び フィールド探究部の生物調査紹介

 ■現地技術指導:
  原田守啓(同上)、山下慎吾(同上)、岩瀬晴夫(株式会社北海道技術コンサルタント)

(16:00)閉会 ※大手川・福田地区現地解散

 

【参加申込方法】

※宮津市内にお住まいの方・・・宮津天橋高校(チラシ裏面参照)を通じてお申込みください。

※宮津市外にお住まいの方・・・以下のチラシ裏面の申し込み先までお申し込みください。

 ⇒現地研修会案内チラシはこちら(PDF 791KB)

申込〆切: 令和4年12月5日(月) 17:00まで

(申込多数の場合は先着順とさせて頂きます)

【お問合せ】

 日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)事務局 担当:和田・白尾 (info@a-rr.net)

 

 水辺でできる「小さな自然再生」の更なる普及に向け、皆様のご参加をお待ちしております。

『第15回「小さな自然再生」現地研修会 in 徳島県神山町・鮎喰川(2022年9月10-11日)』ご案内

第15回「小さな自然再生」現地研修会 案内チラシ(PDF 938KB)

 ※本行事は定員に達したため、申し込みを締め切りました。(2022.9.3)

 第15回「小さな自然再生」現地研修会を、2022年9月10日(土)~11日(日)の二日間で、徳島県神山町の鮎喰川にて開催致します。

 本研修会では、神山町で受け継がれてきた川遊びの体験を通じて川の文化に触れ合うとともに、地域と鮎喰川のつながりを更に深めていくために「小さな自然再生」でできることは何か、座学と実践を通じて参加者とともに学び合います。(令和4年度河川基金助成事業)

 なお、本行事は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参加人数を制限し、感染防止対策を徹底した上で開催致します。お申込みに際しては、神山町内にお住まいの方は以下の(一社)神山つなぐ公社のホームページを通じて、神山町外にお住まいの方は本ページを通じてよろしくお願い致します。

※一般社団法人神山つなぐ公社HP(神山町内在住の方向けの案内ページ):

 『行こう、鮎喰川!』 川名人と遊び・学び・実践する2日間

第15回「小さな自然再生」現地研修会 徳島県神山町・鮎喰川

日時】令和4年9月10日(土)13:00~19:30、 11日(日)9:00~15:00

【主催】一般社団法人神山つなぐ公社「小さな自然再生」研究会、日本河川・流域再生ネットワーク

【協力】神山町、滋賀県立大学環境科学部・瀧研究室、公益財団法人リバーフロント研究所

【会場】徳島県神山町 <座学:神山町農村環境改善センター/現地:鮎喰川>

【対象】小さな自然再生に関心のある方々

【定員】35名 (申込先着順)

【参加費】無料  ※食事代、宿泊費は各自負担でお願いします。

【持ち物】川の中で滑らない靴(鮎たび等)、作業用手袋、昼食

【その他】

・新型コロナウイルス感染防止のため、参加者はマスクの着用をお願いします。
・参加者移動のためのバス等は手配しませんので、研修会場へはお車でお越しください。
・悪天候の場合には、座学を中心に開催いたします。
・公益財団法人河川財団による河川基金の助成を受けて実施します。

【プログラム】 

9月10日(土)

(12:50) 神山四季の里創造の森 駐車場 集合

(13:00-15:30) <現地研修>神山の先達と川遊びを体験する @鮎喰川・神領地区

(15:30~17:00) 自由時間(休憩) ※移動、着替え、休憩等

(17:00~19:30) <座学研修> 「流域治水」と「小さな自然再生」

・開会挨拶: 
・講演: 流域治水と小さな自然再生(瀧健太郎:滋賀県立大学環境科学部)
・意見交換:小さな自然再生の具体事例を学びながら神山町でできることを考える
     (話題提供:「小さな自然再生」研究会)

9月11日(日)

(9:00~15:00) <現地研修>小さな自然再生の実践 @鮎喰川・広野地区/下分地区/神領地区

鮎喰川の3箇所で、川を耕し、川底を磨き、石を積み、外来種を駆除して、多様な流れと魚の棲み処をつくる

(15:00)閉会 ※神山温泉周辺で現地解散

 

【参加申込方法】

 以下の案内チラシ裏面の必要項目をEmailでお申込み下さい。申し込みを頂いた後、宿泊等の調整のため事務局よりご連絡をさし上げます。

申込〆切: 令和4年9月5日(月) 17:00まで

(申込多数の場合は先着順とさせて頂きます)

 

水辺でできる「小さな自然再生」の更なる普及に向け、皆様のご参加をお待ちしております。

現地研修会案内チラシはこちら(PDF 938KB)

「リバフロサポートセンター」と二人三脚で流域づくりに貢献していきます

「リバフロサポートセンター」案内チラシ(PDF 501KB)

 2022年7月22日(金)、JRRN事務局を運営する公益財団法人リバーフロント研究所内に、治水と環境とにぎわいが共存する川づくり・まちづくり・流域づくりに貢献することを目的とする「リバフロサポートセンター」が設立されました。

 これまでJRRNが国内外で取り組んできた川づくりの普及促進活動を、今後はリバフロサポートセンターと連携し二人三脚で進めてまいります。

 ※「リバフロサポートセンター」案内チラシはこちらから(PDF 501KB)

「桜のある水辺風景2022」最優秀&優秀賞おめでとうございます!

結果発表案内チラシ(PDF 448KB)

 2022年5月9日に締め切りました、「桜のある水辺風景2022」には48点の応募がありました。

 ご応募いただきました皆様に感謝申し上げます。

 この度、JRRN事務局メンバー6名で2度の最終審査を行い選定した最優秀賞2点、優秀賞1点をインスタの投稿コメントとともにご紹介させて頂きます。

結果発表案内チラシはこちらから(PDF 448KB)

  JRRN では、今後もInstagram での情報発信を続けていきます。是非、「チェック」「フォロー」「いいね!」をよろしくお願いいたします。

→ https://www.instagram.com/jrrn01/

JRRN事務局一同

今年も「小さな自然再生」現地研修会の開催地を募集します!(6月10日応募〆切)

「小さな自然再生」現地研修会の開催地募集チラシ (全4ページ/PDF 897KB)

 様々な主体と協働しながら、多種多様な生きものが生育・生息できる環境づくりに取組む仲間を増やし育成することを目的に、今年度も「小さな自然再生」現地研修会(3回程度)を開催します。

 現地の川づくり・流域づくりの担い手の方々、研修会の一般参加者、そして「小さな自然再生」研究会の専門家とともに、身近な水辺でできる小さな自然再生の見試しを通じて、技術やノウハウ、工夫等々を一緒に学ばせて頂くフィールドはありませんか?

 下記募集要項をご確認の上、ご興味のある方はご応募、ご相談をお待ちしております。

「小さな自然再生」現地研修会の開催地を募集します! (6/10応募締切)

【応募条件】 

水辺の小さな自然再生に関わる取組みを既に実践している、またはこれから取組もうと考えている現場をお持ちの川づくりの担い手の方々(市民団体、河川管理者、研究者、実務者 etc.)

※ご応募頂いた後、JRRN事務局より詳細のご相談をさせて頂き、開催について調整させて頂きます。

【”応募者”と”JRRN”の主な役割分担】

◇応募者:現場作業に向けた地元調整(管理者等との事前調整、資材調達、地元広報 等)

◇JRRN:専門家調整(旅費・謝金等の費用負担含む)、座学会場手配(会場費含む)、地元外広報、研修会進行、研修会成果とりまとめ 等

 ※研修プログラムは応募者のご要望を踏まえJRRNや研究会専門家と一緒に考えます。

【応募期間 及び 今後のスケジュール】

◇応募期間: 2022年5月23日(月)~6月10日(金)

◇今後のスケジュール: ※新型コロナウイルス感染拡大状況により変更の場合があります

・~6/10(金): 開催を希望する現場の公募
・~6月末:    各開催候補地との調整 → 開催地を決定(3箇所程度)
・7月~:      企画調整 及び 開催に向けた準備開始
・10月~11月頃:  「小さな自然再生」現地研修会の開催(3回程度)

【応募申込み・お問い合わせ】 

氏名、所属、連絡先(住所・電話・e-mail)とともに下記申込先までEメールにてご応募下さい。

(応募申込み先) E-mail: info@a-rr.net

日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)事務局  担当: 和田彰・白尾豪宏

Tel: 03-6228-3861

 

皆様からのご応募をお待ちしております。

募集チラシはこちらから (PDF 897KB)

※本活動は、公益財団法人河川財団による河川基金の助成を受けて実施します。

「桜のある水辺風景2022」ご応募ありがとうございました!

5月9日(月)に「#桜のある水辺風景2022」応募を締め切りました。

皆様から頂いた投稿は以下URLよりご覧いただけます。

 

https://www.instagram.com/jrrn01/

 

今年の桜をどうぞご堪能ください。

 

昨年度を上回る投稿とてもうれしいです。

ありがとうございました!!

 

JRRN事務局一同

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ...  


JRRNからのお知らせ

このページでは、JRRNやARRNによる主催・共催行事や出版の案内、その他事務局からのお知らせを掲載しています。

過去記事検索

カレンダー

2023年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のコメント

月別アーカイブ

>> JRRNからのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針