Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

JRRNからのお知らせ

< JRRNからのお知らせ トップページ >

「水辺の小さな自然再生事例集 第2集」送付申込受付を開始しました

 2020年3月発行「できることからはじめよう 水辺の小さな自然再生事例集 第2集」(印刷製本版)の送付をご希望の方は、送料(250円)のみご負担頂いた上で、2冊を上限に無料でご提供致します。(2冊まで送料は同じです)

 送料のお支払方法は、「郵便切手の事前送付による支払い」または「PayPayによる支払い」が選択できます。各支払い方法別の申込受付ページより『①氏名』『②送付先郵便番号』『③送付先住所』『④メールアドレス』『⑤必要冊子数(1or2冊)』を入力してお申し込み下さい。(事務局からの送付は郵便を用い、ポストへの投函となります)

 なお、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、JRRN事務局職員の6月以降の出勤が引き続き制限されているため、お申込み後、事例集到着まで約2週間程度を要する場合がございますので、予めご理解頂ければ幸いです。

「水辺の小さな自然再生事例集 第2集」 送付申込受付ページ

【1】 郵便切手で送料をお支払いの方

   ※申込はこちらから→ https://forms.gle/KPn6L6XgWGGp5Zo39

・申込手続きを完了後、「250円分の切手」を以下の送付先まで郵送願います。

・切手を受信し発送を完了後、JRRN事務局よりメールでご連絡を差し上げます。

 ※送付先:

〒104-0033 東京都中央区新川1丁目17番24号 NMF茅場町ビル7階
公益財団法人リバーフロント研究所内  日本河川・流域再生ネットワーク事務局(担当:澤田)

【2】 PayPayで送料をお支払いの方

※申込はこちらから→ https://forms.gle/bm39yiZAVEJzUZkf6

・申込手続きを完了後、PayPayでの支払い方法が表示されますので、入力前にお手元にスマホをご用意の上、説明内容に従いPayPayアプリでの支払いをお願いします。

・PayPayアプリでお支払いの際は、「メッセージを追加する」を選択し、支払者の「氏名」を必ず入力してください。

・PayPayでの支払いを確認し発送を完了後、JRRN事務局よりメールでご連絡を差し上げます。

 

 本事例集をご活用頂ければ幸いです。

JRRN事務局(担当:澤田・和田)

令和2年度 第1回理事会開催報告

 日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)の『2020年度 第1回理事会』が下記の通り開催され、全議案が承認されました。

 JRRN設立から14年目となる本年の理事会では、これまでの国内外活動で蓄積されてきた河川・流域再生に関わる知見を積極的に社会に還元していくこと、会員ネットワークの更なる拡大に向けて会員制度等の見直しに取り組んでいくこと、クラウドファンディングやSNS等のネットを活用した新たな活動に挑戦していくことなど、持続的な活動の展開に向けたアイデアについても審議しました。

 なお、今回の理事会は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として初めてweb会議を利用して開催され、全JRRN理事、全JRRN事務局メンバー及び(公財)リバーフロント研究所業務執行理事が参加しました。

1.   開催日時: 2020年5月29日(金) 10:00-11:20

2.   開催場所: WEB会議方式で開催

3.   理事総数: 4名

4.   議案:

 議案第1号 2019年度 事業報告及び収支決算  (PDF 275KB)
 議案第2号 2020年度 事業計画及び収支予算 (PDF 601KB)
 議案第3号 事務局の組織及び運営

 ※参考: JRRN定款 (PDF 112KB)

JRRN事務局の在宅勤務実施期間中のお問い合わせ等について

 JRRNでは、緊急事態宣言の延長を受け5/31(日)まで事務局職員の在宅勤務によるテレワークを実施中です。

 この間のお問い合わせ等につきましては、JRRN事務局のメール(info@a-rr.net)までご連絡をよろしくお願い致します。

 どうぞよろしくお願い致します。

JRRN事務局

「できることからはじめよう 水辺の小さな自然再生事例集 第2集」発行のご案内

事例集のダウンロードはこちらをクリック (PDF 20.6MB)

  • 冊子名: 「できることからはじめよう 水辺の小さな自然再生事例集 第2集」
  • 編集: 「小さな自然再生」研究会
  • 企画・構成: 吉冨友恭 東京学芸大学環境教育センター
  • デザイン: 本間由佳 明星大学 デザイン学部 デザイン学科
  • 発行: 日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)
  • 発行年月: 2020年3月

 市民が河川や水路の管理者と連携して日曜大工的に取り組む「小さな自然再生」の事例集の続編(第2集)が完成しました。

 本事例集は、水辺の小さな自然再生に取り組む全国の担い手の皆さまに、活動の経緯や目的、実施体制、工法の説明や工夫した点、使用材料や工具、施工後の維持管理や利活用の工夫、活動の効果やキーパーソンなどを執筆頂いたものです。

 この事例集が、全国の今後の取り組みへの大きな意欲と活力につながり、地域に根差した川づくりの更なる推進に寄与すれば幸いです。

 なお、本事例集の制作にあたり多大なるご協力を賜りました執筆者の皆さまに厚く御礼申し上げます。また、本事例集は、(公財)河川財団の河川基金の助成を受けて作成されたものです。

「水辺の小さな自然再生事例集 第2集」のダウンロードはこちら (PDF 20.6MB)

<印刷製本版の希望者配布について>

2020年6月1日(月)より、希望者への送付申込受付を開始しました。
詳しくは以下のページをご覧ください。
 →http://jp.a-rr.net/jp/news/info/1149.html

※個別ページは以下よりダウンロードが可能です。

  • 第1章: 水辺の小さな自然再生とは

    1-1: 小さな自然再生が果たす大きな役割 (PDF 2.3MB)
    1-2: 地域づくりと教育への効果 (PDF 2.1MB)
    1-3: 小さな自然再生の工法 (PDF 2.4MB)

    ・事例1 – 駒生川(網走川水系)【北海道】(PDF 1.9MB)
    ・事例2 – 豊平川(石狩川水系)【北海道】(PDF 1.9MB)
    ・事例3 – 創成川(石狩川水系)【北海道】(PDF 1.6MB)
    ・事例4 – 久知川(久知川水系)【新潟県】(PDF 2.0MB)
    ・事例5 – 岩本川(矢作川水系)【愛知県】(PDF 1.8MB)
    ・事例6 – 武儀川(木曽川水系)【岐阜県】(PDF 1.3MB)
    ・事例7 – 吉川川(淀川水系)【滋賀県】(PDF 1.6MB)
    ・事例8 – 家棟川(淀川水系)【滋賀県】(PDF 1.7MB)
    ・事例9 – 福田川(福田川水系)【兵庫県】(PDF 1.6MB)
    ・事例10 – 吉野川(吉井川水系)【岡山県】(PDF 1.9MB)
    ・事例11 – 日和佐川(日和佐川水系)【徳島県】(PDF 1.6MB)
    ・事例12 – 三崎川(三崎川水系)【高知県】(PDF 1.8MB)
    ・事例13 – 静間川(静間川水系)【島根県】(PDF 1.6MB)
    ・事例14 – 朽網川流域の休耕田(朽網川水系)【福岡県】(PDF 1.7MB)

※2015年3月発刊「水辺の小さな自然再生事例集」はこちらからダウンロードできます。

http://jp.a-rr.net/jp/activity/publication/104

この春の「桜のある水辺風景2020」作品募集中止のお知らせ

 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、3月10日(火)より募集を開始しておりました「桜のある水辺風景2020」の作品募集を本年は中止とさせて頂きます

 感染が拡がる地域にお住いの皆さまは、不要不急の外出は避け、ご自宅でお過ごしください

 この難局を乗り越え、来年の春、再び皆さまより素敵な水辺の桜の作品をご応募いただきますことを楽しみにしております。

※昨年までの応募作品はこちらでご覧いただけます。

 →http://jp.a-rr.net/jp/activity/publication/category/cherryphotos

JRRN事務局

「桜のある水辺風景2020」 写真とメッセージを募集します!

※【お知らせ】新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、「桜のある水辺風景2020」の作品募集を本年は中止とさせて頂きます。(2020年3月28日掲載)
 →中止のお知らせはこちらから

 

 

応募案内チラシ(PDF 419 KB)

 

※【お知らせ】新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、「桜のある水辺風景2020」の作品募集を本年は中止とさせて頂きます。(2020年3月28日掲載)
 →中止のお知らせはこちらから

 

 2009年に「桜のある水辺風景」の募集を開始してから、今年で11年目を迎えました。

 今年は新型ウィルスの影響で各所で桜まつりが中止となり、桜の名所もいつもとは違った風景になるかもしれません。

 しかし、桜の魅力は花見の賑わいだけではありません。水辺に咲く桜の姿に、私達はついつい惹き込まれ、何かしらの想いにとらわれます。今年は自分だけの桜と水辺の魅力をじっくりと落ち着いて探してみてはいかがでしょうか。そんな写真とメッセージをお待ちしています。

 なお、桜を見に行く際には、人混みを避け、こまめな手洗いやマスクの着用など、感染対策を十分に行っておでかけください。

※本年もFacebookでのご応募が可能です。事務局にEメールでご応募頂いた作品もFacebookでご覧頂けます。Facebookでの応募方法は以下をご覧ください。

 →Facebookでの応募方法についてはこちら(ここをクリック)

「桜のある水辺風景 2020」 応募要項 (Eメール応募用)

○テーマ:「桜のある水辺風景 2020」  ※2020年に撮影された写真限定

○応募資格: どなたでもご応募いただけます(JRRN会員・非会員)

○作品規定:

・ご本人が撮影したデジタル写真(3MB以内/枚)のみの投稿とさせて頂きます。
・応募はお一人3点まで可能です。
・個人が特定できる画像が含まれる場合は被写体の方の了承を得て下さい。
・過度な画像加工はご遠慮ください。

○応募方法:

 Eメールのタイトルを「桜のある水辺風景2020応募」として、本文に①氏名(ニックネーム可)、②題名、③撮影年月、④撮影場所(河川・水辺名、及び都道府県、市町村等の地名)、⑤写真コメント、⑥Eメールアドレス を記載の上、写真と共にEメールで送付して下さい。

 ※Eメールで複数画像を送付する場合、合計サイズが約3MB以下となるよう複数回に分けて送付をお願いします。

○応募期間: 2020年3月10日(火)~2020年5月17日(日)

○応募作品の取扱いについて:

・Facebookページ及び「桜のある水辺風景2020 応募写真集」(PDFで6月公開予定)の中でご紹介させて頂きます。

・応募作品を紹介する際には氏名も掲載させて頂きます。
・同一地点での類似した風景等の作品は事務局により写真集掲載作品を選ばせて頂く場合があります。
・応募内容が本企画趣旨に沿わないと判断した場合は紹介を控えさせて頂くことがあります。
・JRRNの刊行物やウェブサイト等で使用させて頂くことがあります。
・応募作品は返却致しませんのでご了承ください。

○応募先(問合せ):

〒104-0033  東京都中央区新川1丁目17番24号 NMF茅場町ビル7階 (公財)リバーフロント研究所内

日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN) 事務局 
   担当:阿部・澤田(Eメール: info@a-rr.net )

○個人情報の取り扱いについて

 ご記入頂いた個人情報は、作品使用に関するお問い合わせ時に利用させて頂きますが、他の目的で利用することはございません。

皆様からのたくさんのご応募をお待ちしております。

企画チラシはこちら(PDF 419 KB)

『桜のある水辺風景写真集』全バックナンバーはこちら(2010年-2019年)

 

「桜のある水辺風景2020」facebookページからの応募要項(投稿方法)

2009年に「桜のある水辺風景」の募集を開始してから、今年で11年目を迎えました。

今年もFacebookより投稿頂けます。

「桜のある水辺風景写真2020」Facebookページはこちらから

テーマ: 「桜のある水辺風景 2020」

応募資格: どなたでもご応募いただけます。

○応募期間: 2020年3月10日(火)~2020年5月17日(日)

facebook投稿の作品規定:

・ご本人が2020年に撮影された写真に限定します。
・写真データは3MB以内を目安として下さい。
・一人3点まで可能です。但し、ご本人が撮影した写真に限定します。
・個人が特定できる画像が含まれる場合は被写体の方の了承を得て下さい。
・過度な画像加工はご遠慮下さい。

○facebook投稿方法:

・Facebookのタイムラインの投稿欄の[写真・動画]から写真を投稿して下さい。
・[コメント欄]に、①氏名(ニックネーム可)、②題名、③撮影年月、④撮影場所(河川・水辺名、地名)、⑤写真コメントを入力してください。

○facebookでの表示方法:

・Facebookのタイムライン投稿後は、ページ左の「ビジター投稿」欄にリアルタイムで掲載されます。
・投稿頂いた作品は、JRRN事務局でFacebookのタイムラインページ上に「写真」「コメント」「氏名」とともに数日以内にアップしてご紹介させて頂きます。

○facebookの削除方法:

・Facebookへの投稿後、「ビジター投稿」欄の右上より、ご自分の投稿を削除することができます。
・タイムラインページ上に掲載された作品の削除を希望する場合は、JRRN事務局(info@a-rr.net)までお知らせ下さい。

○応募作品の取扱い:

・Facebookページ及び「桜のある水辺風景2020 応募写真集」(6月公開予定)の中でご紹介させて頂きます。
・応募作品を紹介する際には氏名も掲載させて頂きます。
・上記のご紹介に際しては、同一地点での類似した風景等の作品は事務局により掲載作品を選ばせて頂く場合があります。
・応募内容が本企画趣旨に沿わないと判断した場合は紹介を控えさせて頂くことがあります。
・JRRNの刊行物やウェブサイト等で使用させて頂くことがあります。

○問合せ先: 

〒104-0033  東京都中央区新川1丁目17番24号 NMF茅場町ビル7階 (公財)リバーフロント研究所内

日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN) 事務局 
担当:阿部・澤田(Eメール: info@a-rr.net )

JRRNより新年のご挨拶

日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN) 代表 土屋信行

 2020年、新年明けましておめでとうございます。

 皆様には日頃よりJRRNのネットワークの活動にご協力いただきまして大変ありがとうございます。

 昨年も毎年のように発生する大きな災害が日本全土を襲いました。これまで経験したことのないような豪雨に見舞われ、全国各地で河川が氾濫して大きな水害となってしまいました。台風や豪雨はそれだけでは自然現象というだけですが、人々の生活に被害を与えれば「水害」となります。自然の営みは私たちの力では如何ともし難いのですが、それを災害としてしまうかどうかは、私たちが自然現象としての台風などとどう付き合うかが問われるという意味で、「水害」は社会現象だと考えることができます。

 昨年もJRRNの国際活動として香港政府渠務署や台湾台中市と交流し、東アジアモンスーン地域における水環境の課題を共有することができました。ここでは災害を発生するような豪雨に対して、どのように人々の命や経済の持続性を確保するか、各国の事情を紹介しあうことで、将来に向けての「水」の持続性について問題を共有することができました。

 このような中、私たちにとってはちょっとショックな出来事がありました。それは2018年の西日本豪雨でたくさんの犠牲者を出した倉敷市真備町の小田川の決壊付近の河川敷の樹木が、1本も残さず伐採撤去されたことです。ここの河川敷には非常に多くの木が密生していたことから、河川が樹林化したことが氾濫の原因になったと判断され、河川敷から全ての樹木を取り除くことになったのです。確かに犠牲者を出すような洪水の直後でもあり、樹林化は人々の命を危うくするとの評価は正しいと思います。

 河川環境と治水と利水との共存を目指してこれまで長い間取り組んできた「多自然川づくり」の積み重ねから考えると、たった1本の樹木も残さない「完全伐採」という決断は大変厳しいものがあります。これまで治水との共存を目指し「低木類や高木の直径と樹高、野球場バックネットポストやサッカー場のゴールポスト、ベンチやトイレなどの配置や向きと洪水の河積損害率」などに対し、様々な関係者と一緒に多くの時間をかけ議論を積み重ねてきました。しかしこのような大きな災害が発生すると、一足飛びに結論が出てしまったように感じます。これからも気候変動による降雨の増大や台風の大型化を考えると、様々な局面があると思います。治水と利水と環境とをいかに共存共栄するように折り合いをつけていくかは、まさに大いに議論し現場で考えていかなければならないことだと思います。この積み重ねはコンピューターの中や机上の議論だけでは解決できません。

 河川の現場であらゆる問題に一つ一つ解決策を見つけていく努力が求められていると思うのです。そういう点で私たちの草の根の活動は、これからも大変重要になっていくと思います。

 昨年は神戸で1月に小さな自然再生サミットを開催しました。 5月には秋田県では多自然川づくりiRIC研修に協力し、 9月には応用生態工学会で発表したり、ARRN国際フォーラムも開催しました。また河川基金優秀成果表彰もいただきました。

 今年は2015年に作成した「できることからはじめよう 水辺の小さな自然再生事例集」の第二弾を発表しようと現在取りまとめ作業中です。発表を楽しみにお待ちください。

 今年も各地で大いに「出来る事に挑戦して」ご活躍ください。

 どうぞよろしくお願いいたします。

 2020年元旦

2019.10.23 「第14回 ARRN運営会議」開催報告

会議の様子

ARRN会長及びARRN事務局の引継ぎ式(日本JRRN→中国CRRN)

会議終了後の記念撮影

  2019年10月23日(水)、アジア河川・流域再生ネットワーク(ARRN)の「第14回ARRN運営会議」が、第22回国際河川シンポジウムに合わせてオーストラリア国ブリスベン市にて開催され、日中韓の各RRNメンバーが参加し、ARRNの活動計画やネットワーク拡大に向けた審議が行われました。

 また、本年のARRN運営会議では、ARRN規約に基づき、ARRN会長及びARRN事務局が日本(JRRN)から中国(CRRN)へ移管され、新ARRN会長にXiaogang Wang教授(中国水利水電科学研究院・副院長)が選出されました。

<報告事項>
・ARRN, CRRN(中国), KRRN(韓国), JRRN(日本)の過去1年間の活動概要報告

「中国CRRN事業報告2018-2019(CRRN Annual Report 2018-9)」(英語版)はこちら (PDF 1.6MB)
「韓国KRRN事業報告2018-2019(KRRN Annual Report 2018-9)」(英語版)はこちら (PDF 1.2MB)
「JRRN事業報告2018-2019(JRRN Annual Report 2018-9)」(英語版)はこちら (PDF 1MB)

<ARRN会長選出 及び ARRN事務局長任命>

<審議事項>
・ARRNの更なるネットワーク拡大について
・2020年のARRN活動計画について

第14回運営会議「議事次第」及び「参加者名簿」(英語版)はこちら (PDF 200KB)

<過去の運営会議はこちらから>

第13回運営会議開催報告はこちら(2018年8月・東京開催)
第12回運営会議開催報告はこちら(2017年8月・マレーシア/クアラルンプール開催)
第11回運営会議開催報告はこちら(2016年8月・韓国/仁川開催)
第10回運営会議開催報告はこちら(2015年4月・韓国/慶州開催)
第9回運営会議開催報告はこちら(2014年11月・ウィーン開催)
第8回運営会議開催報告はこちら(2013年9月・成都開催)
第7回運営会議開催報告はこちら(2012年11月・北京開催)
第6回運営会議開催報告はこちら(2011年11月・東京開催)
第5回運営会議開催報告はこちら(2010年9月・韓国・ソウル開催)
第4回運営会議開催報告はこちら(2009年9月・韓国・ソウル開催)
第3回運営会議開催報告はこちら(2008年11月・中国・北京開催)
第2回運営会議開催報告はこちら(2007年12月・東京開催)

「小さな自然再生事例集Ⅱ(仮称)」掲載の取組事例を募集します!(9月20日応募〆切)

「小さな自然再生事例集Ⅱ」掲載の取組事例募集チラシ (PDF 485KB)

 JRRNでは、2015年に発行した「小さな自然再生事例集」の続編として、新たな事例を盛り込んだ「小さな自然再生事例集II(仮称)」を現在制作中です。

 そこで、事例集IIで新規に紹介させて頂く『取組事例』を募集致します。小さな自然再生に実践的に関わってこられた全国の皆様から、活動の目的や歩み、施工や維持管理の工夫や効果などの生の情報をお寄せいただければと思います。

 下記募集要項をご確認の上、ご応募お待ちしております。

「小さな自然再生事例集II(仮称)」掲載の取組事例を募集します!
(9/20応募締切)

【応募方法】 

氏名、所属、連絡先(住所・電話・e-mail)とともに、下記申込先までEメールにてご応募下さい。折り返し、掲載内容等を事務局より調整させて頂き、取組事例をご記入頂くための“取組事例テンプレート”様式(ワードファイル)をお送りします。(A3サイズ・2ページ)

 ※事例執筆のサンプルはこちらから (PDF 720KB)

 ※事例集編集イメージはこちらから (PDF 600KB)

【応募期間】 2019年9月20日(金)まで

【備考】 謝礼等の支給はありません。発行後に事例集5部を謹呈します。

【応募申込み・お問い合わせ】 

(応募申込み先) E-mail: info@a-rr.net
日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)事務局  担当: 澤田みつ子・和田彰
Tel: 03-6228-3865

皆様からのご応募をお待ちしております。

募集チラシはこちらから (PDF 485KB)

※本活動は、公益財団法人河川財団による河川基金の助成を受けて実施します。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ...  


JRRNからのお知らせ

このページでは、JRRNやARRNによる主催・共催行事や出版の案内、その他事務局からのお知らせを掲載しています。

過去記事検索

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のコメント

>> JRRNからのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針