Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

JRRNからのお知らせ

< 2009年4月:月別アーカイブ >

「第3回JRRN河川環境ミニ講座」開催のご案内

 「第3回JRRN河川環境ミニ講座 ~環境流量からみえるアジアの風土性」を2009年5月13日(水)に開催いたします。  今回は、「河川環境再生の手引き Vol.1」(アジア河川・流域再生ネットワーク(ARRN)発行)の解説に加え、本手引き作成に関わられた筑波大学・白川先生を講師としてお招きし、“環境流量からみえるアジアの風土性(仮)”についてご講演頂く予定です。  JRRN会員皆様はもちろんのこと、非会員の方々も含めまして、多数の参加をお待ち申し上げております。
イベント名:  第3回JRRN河川環境ミニ講座 ~環境流量からみえるアジアの風土性
日  時 :  平成21年5月13日(水) 15:30~17:30
会  場 :  財団法人リバーフロント整備センター会議室
        (東京都千代田区一番町8 番地 一番町FS ビル3 階)
主  催 :  日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)

 →案内チラシ(含:申込み方法)はこちら(PDF 115KB)
 →「アジアに適応した河川環境再生の手引きver.1」概要はこちら
 →過去に開催されたイベントはこちら

ARRN技術委員に白川直樹先生(筑波大学)が就任しました

 ARRNでは、日中韓の専門家で構成される「ARRN技術委員会」での協議を通じ、「河川再生技術指針」をはじめとするアジアで共有すべき河川環境分野の技術情報の蓄積を進めております。
 この度、ARRN技術委員の日本代表として、前任の中村圭吾委員に代わり、白川直樹委員(筑波大学)が就任されました。白川委員のプロフィール、及び就任のご挨拶については、以下のJRRNニュースレター最新号をご覧下さい。

詳しい記事はこちら(JRRN Newsletter vol.22)

「アジアに適応した河川環境再生の手引きver.1」が完成しました

01-0099.JPG

 ARRNを構成する日中韓専門家の助言を受けながら作成を進めて参りました「アジアに適応した河川環境再生の手引きver.1」が完成しました。(日本語版及び英語版)
 本手引きは、ARRN が今後作成を目指す「アジアにおける河川再生技術指針」の入門編として、非専門家の方々にも河川再生の意義やアプローチを理解して頂くことを目的に、写真や図を主体に平易な解説文を添えて作成致したものです。
 本手引きの説明や意見交換を目的に、JRRN河川環境ミニ講座を5月中旬頃に予定しておりますので、詳しくは本ホームページでお知らせします。(本行事の参加者には「手引き」を配布させて頂きます)

※本手引きの入手方法
 日本語版・英語版を明記の上、JRRN事務局(財団法人リバーフロント整備センター 企画グループ 沼田)までご連絡ください。
 なお、JRRN会員(個人・団体)限定サービスとさせて頂き、上限を各5部として「郵便着払い」にて無料で提供致します。団体会員様が5部以上の提供を希望される場合は理由を明記してください。事務局で判断し、必要に応じて個別に対応致します。

 また、非会員の方は、JRRN会員登録後にお申込下さい。→会員登録はこちら
   Email: info@a-rr.net / 電話:03-3265-7121 / Fax:03-3265-7456
※本手引きは(財)河川環境管理財団の河川整備基金の助成を受けて作成されました。

「アジアに適応した河川環境再生の手引きver.1 目次」はこちら

1 


JRRNからのお知らせ

このページでは、JRRNやARRNによる主催・共催行事や出版の案内、その他事務局からのお知らせを掲載しています。

過去記事検索

カレンダー

2009年4月
« 12月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近のコメント

>> JRRNからのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針