Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

JRRNからのお知らせ

< 2008年11月:月別アーカイブ >

第2回JRRN河川環境ミニ講座「韓国安養川等の都市河川再生」開催のご案内

 「第2回JRRN河川環境ミニ講座『韓国安養川等の都市河川再生』」を2008年12月10日(水)に開催いたします。  今回は、本年6月に韓国における河川再生分野での数々の功労が認められ李明博大統領より国民褒章を受章された李参熙(イー・サンミ)教授をお招きし、安養(アンヤン)川中心として韓国での河川再生の現状や技術的手法・課題について講演をしていただきます。  JRRN会員皆様はもちろんのこと、非会員の方々も含めまして、多数の参加をお待ち申し上げております。

イベント名:  第2回JRRN河川環境ミニ講座『韓国安養川等の都市河川再生』
日  時 :  平成20年12月10日(水) 15:30~17:30
会  場 :  財団法人リバーフロント整備センター会議室
主  催 :  日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)

 →詳細プログラムと申込み方法はこちら(PDF 68kb)
 →李参熙(イー・サンミ)教授の国民褒章受章関連記事はこちら

2008.11.4 「第3回 ARRN運営会議」開催報告(中国・北京)

01-0085-1.jpg
運営会議の様子
01-0085-2.jpg
会議参加者での集合写真

 2008年11月4日(火)、アジア河川・流域再生ネットワーク(ARRN)の「第3回運営会議」が、中国・北京市のCRRN:中国河川・流域再生ネットワーク事務局(水利水電科学研究院)にて開催されました。  会議の冒頭では、ARRN会長の任期満了(2年)に伴う次期会長の任命が行われ、前期に引き続き、玉井信行教授(金沢学院大学教授・東大名誉教授・IAHR会長)にお引き受け頂くことが日中韓三国合意の下で決まりました。  続いて、これまでの1年間の活動報告の後、審議と意見交換として、ARRN組織体制の話題、次年度の活動方針、特に来年の国際フォーラム開催地や河川再生ガイドライン構築の進め方などを中心に審議と意見交換が行われました。

第3回運営会議「議事次第」はこちら(PDF 36kb)
第3回運営会議「参加者リスト」はこちら(PDF 40kb)

1 


JRRNからのお知らせ

このページでは、JRRNやARRNによる主催・共催行事や出版の案内、その他事務局からのお知らせを掲載しています。

過去記事検索

カレンダー

2008年11月
« 10月   12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近のコメント

>> JRRNからのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針