Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

JRRNからのお知らせ

< 2007年7月:月別アーカイブ >

2007.7.31 JRRN事務局会議の報告(国際フォーラム)

 本日の事務局会議では、本年11月30日(東京)に開催されるARRN主催「第4回 水辺・流域再生にかかわる国際フォーラム」の講演テーマやプログラムについての協議を中心に行いました。
 過去3回の国際フォーラムでは、世界の河川再生ビックプロジェクトの紹介や、国際ネットワークの事例紹介、また水質改善や生態再生を目的としたアジアや欧米の事例紹介を中心に討議されました。今後は、アジア地域の河川再生に向けた具体的かつ継続的な取り組みに繋がるテーマを掲げようとの考えから、「街づくりと河川の保全・再生」の様なテーマを候補に上げ、この内容でどのような講演が可能か、更に協議を進めてまいります。

JRRN事務局

2007.7.19 JRRN事務局会議の報告(国際フォーラム)

 本日の事務局会議では、本年11月30日(東京)に開催されるARRN主催「第4回 水辺・流域再生にかかわる国際フォーラム」の招聘国(講演者)及びプログラムについての協議を中心に行いました。
 既にARRNに加盟している日本・中国・韓国に加え、今後ARRNへの加盟が期待されるアジアの一カ国、及び先進活動事例の提供やARRNの普及活動を目的とした欧米・オセアニアからの一カ国を想定し、各国の河川再生に関する人や事例の情報を判断材料に、招聘国に関し協議を行いました。 過去3回の国際フォーラムで招聘した国(アメリカ・イタリア・フィンランド・フィリピン・マレイシア・シンガポール等)以外として、タイやオーストラリアなどを候補に挙げていますが、招聘国については討議テーマの検討と合わせ更に協議を重ねていきたいと思います。

JRRN事務局

JRRNへの情報提供方法(JRRN会員限定)

 JRRN会員皆様が関与する河川・流域再生に関わるイベント、出版物、技術、製品、その他ニュースなどの情報提供をお待ちしています。
 また、皆様がご存知の、また地元でご自慢の水辺や再生事例も募集しておりますので、写真や関連する情報、参考となるホームページ、蘇った川への思いなども含め情報提供をお待ちしています。
 なお、ご提供頂いた写真や情報は、JRRN事務局にて内容を確認・精査させて頂いた後、「情報交換・交流」ページ及び関連ページ内でご紹介させて頂きます。ただし、ここでご紹介するJRRN会員からの提供情報に対しJRRN事務局は責任を負いませんので、ご質問等は情報提供者へ直接お問合わせ下さい。

■情報ご提供要領■

(1)情報提供はメールにてお送りください(アドレスは下記参照)。 (2)画像を掲載したい場合は、JPEG画像を添付してください(幅800pix以内目安)。 (3)資料をあわせて紹介したい場合は添付してください(PDF形式)。 (4)ご提供者の組織名・差出人名を明記してください。 (5)下記の「著作権に関する方針」をご了承ください。

 以上をご確認の上、 jrrn-secre@rfc.or.jp 宛てにメールをお送りください。最大送信サイズは4MBまでとなっています。

※注1:メールをお送りいただいた後、事務局よりご問い合わせをさせて頂く場合があります。 ※注2: 誹謗中傷が含まれる不適切な情報は、JRRNの判断で掲載しない場合があります。 ※注3:第三者の情報を無断で提供することはおやめください。 

■著作権に関する方針■
 テキスト、画像など本ウェブサイトで公開されているすべての情報には著作権があります。JRRN独自に作成したもの、取得したものについては著作権はJRRNに帰属しています(画像上やテキスト上の表記をしておりません)。JRRNのメンバー、事務局、オブザーバ、その他の情報提供者より個人的および組織的に提供を受けたものについては、それぞれに著作権者がおり、無断での営利目的での使用や無断での転載や加工はできませんのでご注意ください。転載、引用等をご希望される方はお問い合わせください。
 尚、本ウェブサイトに掲載されたあらゆる情報については、JRRN・研究機関・市民団体等が論文・報告書の作成、ニューズレター、ニュースメール等の作成に広く学術・非営利目的に、提供者の断りなく使用できるものとします。掲載依頼、提供にあたっては上記の著作権方針を承諾いただいたものとみなします。ご不明な点は事務局までお問い合わせください。

 以上、多くの情報をお待ちしております。(事務局)

2007.7.11 JRRN事務局会議の報告(中韓定例会議・国際フォーラム)

 本日の事務局会議では、ARRNの今後の活動に関する協議を行いました。
 昨年11月にARRN及びJRRNは設立されましたが、設立後2年間は私たちJRRNがARRNの事務局も担い、その後は加盟国でローテーションしていきます。本日は、ARRN加盟国である韓国・中国との定例会議の企画、及び11月末に予定されている「第4回 水辺・流域再生にかかわる国際フォーラム」の招聘国や企画などについて意見交換を行ないました。
 特に「第4回 水辺・流域再生にかかわる国際フォーラム」に向けては、早急にテーマや講演者を決定し、同時に日程調整や会場確保等の作業も行なわなければなりません。具体的な姿が見えてきた段階で、本ホームページでも情報提供をしていきます。

 JRRN事務局

1 


JRRNからのお知らせ

このページでは、JRRNやARRNによる主催・共催行事や出版の案内、その他事務局からのお知らせを掲載しています。

過去記事検索

カレンダー

2007年7月
« 4月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のコメント

>> JRRNからのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針