Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

会員からのお知らせ

< 会員からのお知らせ トップページ >

「第15回 隅田川クリーン大作戦(2022年9月17日)」ご案内

「第15回 隅田川クリーン大作戦」案内チラシ (PDF 754KB)

 隅田川流域クリーンキャンペーン実行委員会より、3年ぶりの開催となります隅田川クリーン大作戦のご案内です。
(JRRNも実行委員として協力しています)

(以下、案内文)

 東京の「母なる隅田川」への愛着を高め、よりよい水辺環境を創り出していくことを目的に、3年ぶりとなる隅田川クリーン大作戦を ”WORLD CLEANUP DAY” に開催致します。隅田川沿いの清掃活動を通じて、隅田川に架かる世界に誇る名橋の偉容や年々変遷する川沿いの景観を愛でませんか。お友達やご家族、職場の仲間とご一緒に是非ともご参加下さい。お待ちしております!

【活動内容】

 隅田川中流域の桜橋から下流部の中央大橋までの約6kmの両岸のテラス・緑地帯を対象に、ゴールの浜町公園まで4ルートでゴミを拾いながら歩き、隅田川の歴史・文化・自然を再発見します。(1ルート平均約3km)

【開催日時】

 令和4年9月17日(土) 集合時間:9:00  9:20(開始)~12:00(終了)

【集合場所】

 以下のいずれかの場所に集合して下さい。集合箇所①、②より左右岸に分かれて行動します。

   ※両集合場所には「隅田川クリーン大作戦」ののぼり旗が立っています。

 ◆集合場所①:石川島公園 パリ広場 =最寄駅:有楽町線・大江戸線「月島駅」 ※徒歩約15分
 ◆集合場所②:桜橋 =最寄駅:銀座線・東武鉄道「浅草駅」 ※徒歩約15分

【募集人数】

 250名  
※新型コロナウイルス感染拡大状況により参加者数を縮小したり、中止する場合もあります。

【申込方法】

 参加者は『氏名・連絡先(住所・電話番号・Email)・所属・集合場所(①または②)』を、下記URLまたはQRコードより、 9月10日(土)まで にお申し込み下さい。

 ※申込URL: https://forms.gle/iDY3hiUsHcMM1uaq8

 ※お問合せ:実行委員会 事務局長(石川) 電話:03-3842-7056

【その他】

・各自、熱中症対策と水分補給に十分に注意してご参加下さい。(保険に加入しています)
・浜町公園にゴール後、参加者には記念品(手ぬぐい)を贈呈します。
・ゴールの浜町公園堤防では、収集ゴミの分類・回収量調査をルート毎に行いますので、ゴール後はスタッフの指示に従ってください。

【主催】

 隅田川流域クリーンキャンペーン実行委員会

【後援】

 国土交通省関東地方整備局・東京都建設局・中央区・台東区・墨田区・江東区

【協賛】

 (公財)東京都公園協会・(株)建設技術研究所・東京都観光汽船(株)・大豊建設(株)・三井共同建設コンサルタント(株)・(株)サンテックインターナショナル・江東エコリーダの会・隅田川市民交流実行委員会・隅田公園オープンカフェ協議会

【報道協力】

 東京新聞

『第15回 隅田川クリーン大作戦』案内チラシはこちら(PDF 754KB)

「RRC(英国河川再生センター)の最新会報(Bulletin) 2022年7月号」ご紹介

RRCの最新会報 2022年7月号(英語版 PDF 1.5MB)

  RRC(英国河川再生センター)の最新会報(2022年7月号)がRRC事務局より届きました。

 本号では、2022年の英国河川賞と河川功労賞の受賞河川&受賞者の紹介、10月に開催する河川再生シリーズ研修会の案内、また河川再生に関わる人材募集案内等が紹介されています。

the River Restoration Centre Bulletin 2022年7月号(英語版PDF 1.5MB) ダウンロード

「アユ漁体験と魚捕り in 都幾川・高麗川・越辺川』(2022年8月~10月)」ご案内

案内チラシ(PDF 2.6MB)

 NPO法人荒川流域ネットワークより、今年の都幾川、高麗川、越辺川をフィールドとしたアユ漁体験と魚捕りイベントのご案内です。

<アユ漁体験と魚捕り in 都幾川・高麗川・越辺川>

 コロナ禍は続いていますが、感染対策を考慮しながら都幾川と高麗川と越辺川で魚捕りを実施します。
 地曳網や投網、タモ網を使って皆で魚を捕り、塩焼きと天ぷらにして味わいます。
 投網の講習会や捕れた魚を紹介するミニ水族館も開催します。
 マスクの持参など感染症対策をして、ご家族でご参加ください。

・日時&場所: 荒川流域

  • 都幾川: 2022年8月11日(木・祝日)、10月9日(日)、 各9:00~12:30
  • 高麗川: 2022年8月21日(日)、 9:00~12:30
  • 越辺川: 2022年9月11日(日)、 9:00~12:30

・参加費: 1000円

・主催: NPO法人荒川流域ネットワーク

・協力: 武蔵漁業協同組合/埼玉西部漁業協同組合

・タイムテーブル、アクセスマップ、申込方法等: 以下のチラシ参照

  ※案内チラシはこちらから(PDF 2.6MB)

「ECRR(欧州河川再生センター)のeNEWS最新号 2022年6月号」ご紹介

ECRRのeNEWS  2022年6月号(英語版)

   ECRR(欧州河川再生センター)の月刊eNEWSの最新号(2022年6月号)がECRR事務局より届きました。

 本号では、欧州河川賞の応募開始、淡水魚の多様性再生の新刊書、また欧州河川サミット等の行事が紹介されています。【言語:英語】

 ●ECRR(欧州河川再生センター)eNEWS 2022年6月号(英語版) はこちらから

「大河川における多自然川づくりセミナー 第6回『どうすれば良い?大河川における多自然川づくり』(2022年7月26日)」ご案内

第6回大河川における多自然川づくりセミナー案内チラシ(PDF 682KB)

 多自然川づくりサポートセンター(事務局:リバーフロント研究所)より、7月26日(火)に開催する第6回大河川における多自然川づくりセミナーのご案内です。

(以下、案内文)

第6回大河川QAウェブセミナー(7月26日〔火〕開催)

 「多自然川づくりサポートセンター(事務局 リバーフロント研究所)」からのご案内です。

 大河川における多自然川づくりのノウハウを共有していくため、連続セミナー「どうすれば良い?大河川における多自然川づくり」をZOOMウェビナー形式で開催します。

 第6回(7月26日〔火〕)は、「Q2-1 治水事業において多自然川づくりで留意すべきポイントを教えて下さい」について、概要説明を本省・河川環境課 金谷係長から、現場での実践例を建設技術研究所の稲葉様より紹介して頂きます。

 ご希望の方は、添付のチラシ記載のURL https://forms.gle/SCJ5wtESCn16CBnj8 よりお申し込みください。

————————————————————————————————————————

  • 日時:令和4年7月26日(火)16:00~17:00
  • 形式:ZOOMウェビナー(事前申込制)

  ※応募締切:7月15日(金)

  • 先着:500名
  •  プログラム

 16:00~ 概要と基本的な考え方
(講演者:国土交通省 水管理・国土保全局 河川環境課 河川環境保全係長 金谷将司)

 16:20~ 現場での実践例の紹介
(講演者:株式会社 建設技術研究所 環境部 稲葉修一)

 16:40~ 意見交換

————————————————————————————————————————

 過去のウェブセミナーの開催概要、講演動画は下記のURL(リバフロHP)にアップされていますので、参考にご確認下さい。

http://www.rfc.or.jp/daikasen.html

 以上です。

多くの方々にご覧頂けるとありがたいです。

よろしくお願いします。

案内ページチラシはこちらから(PDF 682KB)

あの日のあの川 リレー日記No.62~ 私の学⽣時代と川

「亀島川みずべまつり(2022年7月9-10日)」ご案内

「亀島川みずべまつり」案内チラシ(PDF 2.3MB)

  JRRN事務局を担う(公財)リバーフロント研究所より7月の水辺のイベントのご案内です。

 2022年7月9日(土)~10(日)に日本橋川の支川・亀島川において「亀島川みずべまつり」を開催します。

  • 開催日: 2022年7月9日(土)~10(日)
  • 主催: 水都東京・未来会議 亀島川みずべまつり実行委員会
  • 共催: 東京グレートツアーズ、(一社) サップリーグジャパン、水辺総研、(公財) リバーフロント研究所、PIER139 研究会、東京スリバチ学会、株式会社建設技術研究所、全国ふるさと大使連絡会議
  • 協賛: (一社) 水の安全保障戦略機構、神田川ネットワーク、大豊建設、NPO 法人 水都東京を創る会、NPO 日本水フォーラム、今田商店
  • 後援: 中央区、法政大学 江戸東京研究センター、日本大学理工学部海洋建築工学科、中央大学理工学研究所 アジア水科学研究センター

 様々な水辺でのイベントの詳細は、以下の案内チラシ、及び水都東京未来会議のホームページを御覧ください。

 ※「亀島川みずべまつり」案内チラシ(PDF 2.3MB)はこちら

 ※水都東京未来会議のホームページはこちら

「第2回 日本河川教育学会十勝大会(2022年8月21日)」及び「全国河川・水教育実践研究会(2022年8月22日)」ご案内

「第2回 日本河川教育学会 十勝大会」案内チラシ(PDF 592KB)

「全国河川・水教育実践研究会」案内チラシ(PDF 582KB)

 日本河川教育学会より、2022年8月21日(日)に北海道帯広市で開催される「第2回 日本河川教育学会 十勝大会」、及び翌日に開催される「全国河川・水教育実践研究会」のご案内を頂きました。

 8月22日(月)に開催される実践研究会は、『「河川・水教育」で広げるアクティブ・ラーニング』として、小学校等での河川教育の優れた実践事例を広く普及し、関係者間のネットワークを構築することを目的に帯広市立豊成小学校を会場に開催されます。

 プログラムや申込方法の詳細は、各案内チラシを御覧ください。

 ※「第2回 日本河川教育学会 十勝大会」案内チラシ(PDF 592KB)はこちら

 ※「全国河川・水教育実践研究会」案内チラシ(PDF 582KB)はこちら

「RRC(英国河川再生センター)の最新会報(Bulletin) 2022年5月号」ご紹介

RRCの最新会報 2022年5月号(英語版 PDF 655KB)

  RRC(英国河川再生センター)の最新会報(2022年5月号)がRRC事務局より届きました。

 本号では、2022年英国河川賞の最終選考に進んだ4河川の紹介、また6月下旬開催のRRC年次総会の案内、また河川再生に関わる人材募集案内等が紹介されています。

the River Restoration Centre Bulletin 2022年5月号(英語版PDF 655KB) ダウンロード

「土木学会デザイン賞2022」募集案内(6/30エントリー〆切・7/1応募〆切)

「土木学会デザイン賞2022」募集要項案内ページ

 本年の土木学会デザイン賞2022(主催:公益社団法人土木学会 景観・デザイン委員会)募集案内が届きました。是非とも、皆さまが取組む川づくりの成果を応募してください!

(以下、案内文)

『土木学会デザイン賞2022 募集開始のお知らせ』

 土木学会デザイン賞(正式名称:公益社団法人土木学会 景観・デザイン委員会デザイン賞)は、土木構造物や公共的な空間を対象として、作品に貢献した人物・組織の顕彰を行うものです。

 2001年度の創設以降、これまでに209作品が受賞しております。

 5月1日より今年度のエントリーを開始しておりますので、関係者の方々には、奮ってご応募・ご推薦いただきたく、お願い申し上げます。
(エントリー締切は6月30日迄、応募書類締切は7月1日迄です。)

 詳細はデザイン賞ウェブサイトの募集要項をご覧ください。

http://design-prize.sakura.ne.jp/applicant

  過去の受賞作品も本賞ウェブサイトにてご覧いただけます。

http://design-prize.sakura.ne.jp/award

  ご不明点等ございましたら、本賞ウェブサイトのお問い合わせフォームより事務局までご連絡下さい。

 よろしくお願い申し上げます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ...  


会員からのお知らせ

このページでは、JRRN会員からのお知らせや、海外関係機関からの案内等を紹介しています。
本ページで紹介したい情報をお持ちの方は、いつでも情報をお寄せ下さい。

過去記事検索

カレンダー

2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント

月別アーカイブ

>> 会員からのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針