Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

会員からのお知らせ

< 会員からのお知らせ トップページ >

「ビワマスフォーラム 2019-20 in 野洲 ~集まれ!滋賀の小さな自然再生~(2020年2月8日)」ご案内

「ビワマスフォーラム 2019-20 in 野洲」案内チラシ(PDF 800KB)

 令和元年度ビワマスフォーラムの案内が届きました。本年のテーマは「集まれ!滋賀の小さな自然再生」です。

(以下、案内文)

【ビワマスフォーラム 2019-20 in 野洲】

 川遊びが大好きな皆様、お待たせしました!今年もやります、ビワマスフォーラム in 野洲!

 今年のテーマは「滋賀の小さな自然再生」。滋賀県大・瀧さんの基調講演の他、家棟川(野洲市)のビワマス、新大宮川(大津市)のアユ、吉川川(守山市)のホタル復活にかける人々の熱い報告を聞いて交流し、さらに小さな自然再生の輪を広げていきましょう!

 恒例のあめのいお(ビワマス)ご飯の試食もありますので、ぜひぜひお越しください。

 事前申し込みが必要ですので、以下の連絡先までお願いします。

〇行事名: ビワマスフォーラム 2019-20 in 野洲

〇テーマ: 集まれ!滋賀の小さな自然再生

〇開催日時: 2020年(令和2年)2月8日(土) 13:30 ~ 16:00

〇開催場所: コミュニティセンターひょうず 大ホール(滋賀県野洲市)

〇主催: 家棟川・童子川・中ノ池川にビワマスを戻すプロジェクト/野洲市/滋賀県

〇入場無料

〇定員: 100名(先着順、要申込)

〇プログラム:

【基調講演】

「みんなでできる!いい川づくり〜川づくりで地域づくり・まちづくり〜」(瀧健太郎(滋賀県立大 准教授))

【滋賀の小さな自然再生の活動報告】

(1)家棟川におけるビワマス遡上・産卵環境の再生活動(佐藤祐一(琵琶湖環境科学研究センター)、木村實(生態調査委員)、TOTO株式会社滋賀工場)

(2)新大宮川におけるアユ遡上のための魚道復活(山本克也(新大宮川を美しくする会))

(3)守山の中心市街地(吉川川)でほたるが自生できる河川環境づくり(根木山恒平(NPO碧いびわ湖))

【体験イベント】

ビワマス(あめのいお)ご飯の試食会

(特別公開:紙芝居「ビワマスをもどそう」(一円重紀)

【全体意見交換】

小さな自然再生をさらに広げていくためには?

 

<申し込み・問い合わせ先>

以下の野洲市ホームページをご覧ください。

http://www.city.yasu.lg.jp/event/1474352838611.html

案内チラシはこちらから(PDF 800KB)

「RRC(英国河川再生センター)の最新会報(Bulletin) 2019年12月号」ご紹介

RRCの最新会報 2019年12月号(英語版 PDF 1.4MB)

  RRC(英国河川再生センター)の最新会報(2019年12月号)がRRC事務局より届きました。

 本号では、2020年の英国河川賞の募集、来年4月に開催されるRRC年次講演会の参加申込開始案内、また英国内外で開催される河川再生関連行事案内等が掲載されています。

 ●the River Restoration Centre Bulletin 2019年12月号(英語版PDF 1.4MB) ダウンロード

「RRC(英国河川再生センター)の最新会報(Bulletin) 2019年11月号」ご紹介

RRCの最新会報 2019年11月号(英語版 PDF 1.6MB)

  RRC(英国河川再生センター)の最新会報(2019年11月号)がRRC事務局より届きました。

 本号では、来年4月に開催されるRRC年次講演会の参加申込開始案内、「都市にトラウトを呼び戻そう」プロジェクトの都市河川ツールキット、英国内外で開催される河川再生関連行事案内等が掲載されています。

 ●the River Restoration Centre Bulletin 2019年11月号(英語版PDF 1.6MB) ダウンロード

「土木学会デザイン賞2019」選考結果発表・授賞式開催案内

「土木学会デザイン賞2019」選考結果発表・授賞式開催案内(PDF 3.9MB)

 土木学会デザイン賞2019(主催:土木学会 景観・デザイン委員会)運営事務局より、本年の「土木学会デザイン賞2019」の最優秀賞、優秀賞、奨励賞の計10作品決定、及び1/25(土)に開催される土木学会デザイン賞授賞式の案内を頂きました。

 本年も水辺の優れた作品も選ばれております。

(以下、案内文)

『土木学会デザイン賞2019 選考結果発表・授賞式開催のお知らせ』

デザイン賞選考小委員会
委員長 中井 祐
(代理送信:木村優介)

 土木学会デザイン賞(正式名称:公益社団法人土木学会 景観・デザイン委員会デザイン賞)において、2019年度の最優秀賞、優秀賞、奨励賞の計10作品が決定しました。

 また2019年度の土木学会デザイン賞授賞式を2019年1月25日(土)に開催いたします。

 表彰状授与式、受賞者によるプレゼンテーション、選考委員の講評や質疑応答を予定しております。

 是非ともご出席賜りますようよろしくお願い申し上げます。

2019年度 授賞対象作品の詳細

http://design-prize.sakura.ne.jp/award

 選考委員による総評

http://design-prize.sakura.ne.jp/archives/result_comment

 なお本案内に関する別添のプレスリリースは以下のリンク先からもダウンロード可能です。

http://design-prize.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/191121_PressRelease2019.pdf

 よろしくお願い申し上げます。

水辺からのメッセージNo.126

「今こそ問う水力発電の価値―その恵みを未来に生かすために」新刊書籍案内

詳しい紹介ページはこちらから(技報堂出版ホームページ)

 水力発電の再評価に向けた課題と解決策を示した「今こそ問う水力発電の価値―その恵みを未来に生かすために」発刊案内を、監修者の上阪恒雄様(JRRN個人会員)よりご紹介頂きました。

●書名: 今こそ問う水力発電の価値―その恵みを未来に生かすために

●監修: 角 哲也 井上 素行 池田 駿介 上阪 恒雄

●編集: 国土文化研究所

●発刊日: 2019年11月5日

●ISBN: 978-4765518666

●定価: ¥2,200+税

●出版社: 技報堂出版

→詳しくはこちら: 技報堂出版ホームページ

「第203回 河川文化を語る会『治水をめぐる信仰と民俗 ―災害民俗学の思想と方法』(2019年12月6日)」ご案内

第203回河川文化を語る会 案内チラシ(819KB)

※本講演会は定員に達したため、申し込みは締め切りとなりました。

 JRRN団体会員である公益社団法人日本河川協会様より御提供頂いたイベント情報です。

【第203回 河川文化を語る会】

 ◆テーマ:治水をめぐる信仰と民俗 ―災害民俗学の思想と方法
 ◆講 師:畑中 章宏(はたなか あきひろ)氏  (民俗学者・作家)
 ◆日 時:2019年12月6日(金)14:00~16:00
 ◆場 所:埼玉県県民健康センター 1F「大会議室C」
       (さいたま市浦和区仲町3-5-1 TEL:048-824-4801)
 ◆参加費:無料
 ◆申込み/問い合わせ:公益社団法人 日本河川協会
                 TEL:03-3238-9771 FAX:03-3288-2426
                 E-mail:kataru@japanriver.or.jp
                 URL:http://www.japanriver.or.jp/

 詳しくはこちら→ http://www.japanriver.or.jp/kataru/kataru_no203.htm

「土木の日シンポジウム2019 “市民普請”で地方をよみがえらせる -市民主導の新しい公共事業の仕組みを考える-(2019年11月24日)」ご案内

詳しい案内はこちらから(土木学会ホームページ)

市民普請グループより、11/24(日)に東京で開催される市民普請をテーマとした土木の日シンポジウムのご案内です。

土木の日シンポジウム2019 “市民普請”で地方をよみがえらせる
-
市民主導の新しい公共事業の仕組みを考える-

 土木の日シンポジウム2019 「“市民普請”で地方をよみがえらせる -市民主導の新しい公共事業の仕組みを考える-」を下記のとおり開催します。

 市民主体の市民普請とは何か?それを実現する方法とは?そもそも市民が主体的にかかわることの意味とは?など、持続可能な地域社会を構築するための市民普請について多角的に議論します。

 奮ってご参加ください。

  中村 圭吾 (土木研究所/土木広報センター市民普請グループ幹事長)
   「市民普請とは何か?」

  真田 純子 (東京工業大学/土木広報センター土木の日実行グループ幹事長)
   「自立的な市民普請のスキームと「石積み学校」での実践」

  金子 玲大 (石積み学校事務局)
   「自立的な市民普請のスキームと「石積み学校」での実践」

  本木 啓生 ((株)イースクエア 代表取締役社長) 
   「サステナビリティの実現に向けた企業の貢献」

  菊池 雅彦 (国土交通省 国土政策局 地域振興課長)
   「共助による地域づくり-取り組みの視点と今後の展開-」

  • パネルディスカッション: 「市民主体の市民普請のかたちと意味」

 ※詳しい案内はこちらから(土木学会ホームページ)

「RRC(英国河川再生センター)の最新会報(Bulletin) 2019年10月号」ご紹介

RRCの最新会報 2019年10月号(英語版 PDF 1.3MB)

  RRC(英国河川再生センター)の最新会報(2019年10月号)がRRC事務局より届きました。

 本号では、来年4月に開催されるRRC年次講演会のスポンサー募集や講演プログラム公開予告、またRRC主催や英国内で開催される河川再生研修コースやハンドブック&動画案内等が掲載されています。

 ●the River Restoration Centre Bulletin 2019年10月号(英語版PDF 1.3MB) ダウンロード

「第5回川ごみサミットinとくしま(2019年11月9日)」ご案内

案内チラシ&申込用紙はこちら(PDF 1.1MB)

 全国川ごみネットワークより、11/9(土)に徳島で開催される「第5回川ごみサミットinとくしま」のご案内です。

第5回川ごみサミットinとくしま

 “流域で課題解決をめざす”をテーマに開催します! 皆様のご参加をお待ちしています。

  • 日 時:2019年11月9日(土) 13:00~17:45
  • 会 場:とくぎんトモニプラザ 大会議室(徳島市)

      (徳島市徳島町城内2番地1、JR徳島駅より徒歩10分)

  • 参加費:無料
  • 定 員:200名(できるだけ10/30までにお申込みください)
  • 主 催:全国川ごみネットワーク
  • 共 催:「第5回川ごみサミットinとくしま」実行委員会

  (吉野川交流推進会議、徳島県河川協会、NPO法人環境首都とくしま創造センター、徳島県)

 ※案内チラシ(申込用紙付き)はこちら(PDF 1.1MB)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ...  


会員からのお知らせ

このページでは、JRRN会員からのお知らせや、海外関係機関からの案内等を紹介しています。
本ページで紹介したい情報をお持ちの方は、いつでも情報をお寄せ下さい。

過去記事検索

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のコメント

月別アーカイブ

>> 会員からのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針