Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

会員からのお知らせ

< 会員からのお知らせ トップページ >

土木学会ドボ博・新企画「川展(仮称)」に向けたアンケート協力のお願い(7/17回答〆切)

ドボ博「川展(仮称)」アンケート回答ページ

〜あなたのおすすめの川、その見方・魅力を教えてください〜

オンライン土木博物館・ドボ博 新企画「川展(仮称)」に向けたアンケート調査

  公益社団法人土木学会は、2016年からオンライン土木博物館・ドボ博を運営し、土木の世界や魅力を、社会に広く伝える活動を展開しています。

●ドボ博ホームページはこちらから: http://www.dobohaku.com/ja/

 ドボ博では、「川」をテーマとした新たな企画展の一環として、川の専門家や日頃から川に関心をお持ちの方々を対象としたアンケート調査を行い、その結果に基づく多分野の専門家で構成する番付編成会議を経て、マニアックな「川番付(仮称)」の制作を予定しています。

 そこで、皆さまにアンケート調査へのご協力をお願いします。回答に際しては、専門家としての公平な視点を重視していただいても結構ですし、川好きのお立場から、個人的な思い入れのある、マニアックな視点を全面に出していただけるとありがたく存じます。

 ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 ※回答〆切:7/17(火)

 ●ドボ博「川展(仮称)」アンケート回答ページはこちらから

https://questant.jp/q/dobohaku-river

水辺からのメッセージNo.109

あの日のあの川 リレー日記No.38~ 追憶:垣花樋川

河川書の探求(2) 成富兵庫茂安 佐賀平野近世水利秩序の形成者

「RRC(英国河川再生センター)の最新会報(Bulletin) 2018年5月号」ご紹介

RRCの最新会報 2018年5月号(英語版 PDF 1.2MB)

 RRC(英国河川再生センター)の最新会報(2018年5月号)がRRC事務局より届きました。

 本号では、RRC年次総会の成果一式や今後予定されている研修行事案内、また英国河川賞2018の最終選考河川のイメージビデオやプロジェクト概要、また英国における堰撤去プロジェクトなどが紹介されています。

 ●the River Restoration Centre Bulletin 2018年5月号(英語版 1.2MB) ダウンロード

「土木学会デザイン賞2018」募集案内(5/31エントリー〆切)

「土木学会デザイン賞2018」案内チラシ

 土木学会デザイン賞2018運営幹事の木村優介様より、本年の「土木学会デザイン賞2018」募集のご案内が届きました。

 昨年は「アザメの瀬 湿地の転生」、一昨年も「上西郷川 里川の再生」が最優秀賞に輝くなど、過去には水辺の作品も多数表彰されております。JRRN会員皆様もご応募または一般推薦などでエントリーされては如何でしょうか?

※「土木学会デザイン賞2018」HP(募集要項): http://design-prize.sakura.ne.jp/applicant

以下、土木学会デザイン賞選考小委員会からの案内を紹介させて頂きます。

(以下、案内文)

土木学会デザイン賞2018 募集開始 のお知らせ

デザイン賞選考小委員会
委員長 佐々木 葉
(代理送信:木村優介)

 土木学会デザイン賞(正式名称:公益社団法人土木学会 景観・デザイン委員会デザイン賞)は、土木構造物や公共的な空間を対象として、作品に貢献した人物・組織の顕彰を行うものです。
 2001年度の創設以降、これまで164作品が受賞しております。

 5月1日より今年度のエントリーを開始いたしましたので、関係者の方々には、奮ってご推薦・ご応募いただきたく、お願い申し上げます。(エントリー締切は5月31日迄、応募書類締切は7月2日迄)

 詳細はデザイン賞ウェブサイトの募集要項をご覧ください。

http://design-prize.sakura.ne.jp/applicant

 なお、募集開始に関するプレスリリースは以下のリンク先からもダウンロード可能です。

http://design-prize.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2018/05/180501_PressRelease2018-1.pdf

 また過去の受賞作品も本賞ウェブサイトにてご覧いただけます。

http://design-prize.sakura.ne.jp/award

 ご不明な点等ございましたら、お手数ですが、下記連絡先までご連絡頂けますと幸いです。
 必要に応じて追加の画像等も送付をさせていただきます。

 突然のお願いとなりまして大変恐縮ですが、ご検討の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

土木学会デザイン賞選考小委員会
主査 木村優介
E-mail: kimura.yusuke.8m@kyoto-u.ac.jp

「ECRR(欧州河川再生センター)のニュースレター最新号 2018年4月号」ご紹介

ECRRの最新ニュースレター 2018年4月号(英語版 PDF 4.8MB)

 ECRR(欧州河川再生センター)のニュースレター最新号(2018年4月号)がECRR事務局より届きました。

本号では、イベリア河川再生センター紹介、スペインの河川流域における河川連続性分析結果、気候変動下の水管理に関わる夏期研修会案内、欧州水指令における健全性評価でのECRR貢献等の記事が紹介されています。【言語:英語 全12ページ】

 ●ECRR(欧州河川再生センター)ニュースレター 2018年4月号(英語版 PDF 4.8MB) ダウンロード

「第13回 隅田川クリーン大作戦(2018年6月16日)」ご案内

「第13回 隅田川クリーン大作戦」案内チラシ (PDF 908KB)

 隅田川流域クリーンキャンペーン実行委員会より、本年の隅田川クリーン大作戦のご案内です。

(以下、案内文)

 東京の「母なる隅田川」の環境を守るとともに、「魅力のある水辺の創出」に向けて、今年も隅田川クリーン大作戦を開催致します。隅田川に架かる世界に誇る名橋の偉容と、年々変遷する景観を愛でながらの清掃に、お友達やご家族とご一緒にぜひご参加下さい。

【活動内容】
隅田川中流域の桜橋から下流部の勝鬨橋までの約8kmの両岸を対象に、テラス・緑地帯を4ルートで歩きながらゴールの浜町公園まで清掃を行い、収集ゴミを分別します。(1ルート平均約4km)

【開催日時】
 平成30年6月16日(土) 集合時間:8:45  9:00(開始)~12:00(終了)

【集合場所】
以下4ルートのいずれかの場所に集合して下さい。(集合場所へのアクセスは地下鉄が便利です)

①    ルート1:勝鬨橋(西詰め)=日比谷線「築地駅」
②    ルート2:桜橋=銀座線・東武鉄道「浅草駅」
③    ルート3:石川島公園=大江戸線「月島駅」
④    ルート4:桜橋=銀座線・東武鉄道「浅草駅」
 ※すべての集合場所には、「隅田川クリーン大作戦」の「のぼり」が立っています。

【募集人数】 250名

【申込方法】
 個人参加者は『氏名・住所・電話番号と希望ルート』を記入、グループ参加者の場合は『団体名・グループ名(家族も)、代表者及び参加者名・住所・電話番号と希望ルート』を記入し、E-mailで6月9日(土)までにお申し込み下さい。

 ※申込先: 事務局長(藤原) E-mail:  t.fuji-taito@jcom.home.ne.jp

【その他】
・各自、熱中症対策と水分補給に十分に注意してご参加下さい。(保険に加入しています)
・浜町公園にゴール後、参加者には飲料水(お茶)を贈呈します。
・ルート2 及び ルート4の桜橋下(台東区側)テラスで「隅田川の水質調査」を実施します。
・ゴールの浜町公園堤防では、隅田川水質調査、収集ゴミ分類・回収量調査、専門家による隅田川に棲む魚の相談室、東京都建設局による隅田川流域の河川整備パネル展示等を予定しています。

【主催】
 隅田川流域クリーンキャンペーン実行委員会

【後援】
 国土交通省関東地方整備局・東京都建設局・中央区・台東区・墨田区・江東区

【協賛】
 (公財)東京都公園協会・(株)建設技術研究所・東京都観光汽船(株)・大豊建設(株)・三井共同建設コンサルタント(株)・(株)サンテックインターナショナル・江東エコリーダの会・隅田川市民交流実行委員会

【報道協力】
 東京新聞・読売新聞

『第13回 隅田川クリーン大作戦』案内チラシはこちら(PDF 908KB)

水辺からのメッセージNo.108

河川書の探求(1) 土佐藩家老野中兼山の栄光と挫折

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ...  


会員からのお知らせ

このページでは、JRRN会員からのお知らせや、海外関係機関からの案内等を紹介しています。
本ページで紹介したい情報をお持ちの方は、いつでも情報をお寄せ下さい。

過去記事検索

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近のコメント

>> 会員からのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針