Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

会員からのお知らせ

< 2011年6月:月別アーカイブ >

「平成23年度 多自然川づくり研修会 第1回及び第2回」のご案内

04-0106.jpg
第1回案内チラシ(PDF300KB)

 

 JRRN会員である「鞍瀬塾」様より、愛媛県内で8月に開催される「平成23年度 多自然川づくり研修会 第1回 及び 第2回開催」のご案内を頂きました。

【第1回多自然川づくり研修会】

【第2回多自然川づくり研修会】

「2011年 International Riverprizeの決勝進出河川の発表」案内

04-0105.jpg
International Riverfoundation 2011の決勝進出河川発表ページ

 河川再生に関わる名誉ある賞として世界的に認められている「国際河川賞(International Riverprize)」の本年の選定候補3河川が決定し、その概要が紹介されました。 
 本年9月下旬にオーストラリア・ブリスベンで開催される「第14回International Riversymposium」で各河川の最終発表が行われ、1河川が2011年の国際河川賞に選ばれます。(2010年の賞金額は約2,800万円)

  1. Charles River, Massachusetts. USA
  2. Mattole River, California. USA
  3. Yarra River, Victoria. Australia

 →各河川の概要紹介はこちらから(PDF 450kb, 言語:英語)

 合わせて、オーストラリア国内の河川賞の候補2河川も紹介されています。(2011年の賞金額・約1700万円)
 →オーストラリア国内河川の候補河川概要紹介はこちらから(PDF 460kb, 言語:英語)

国際河川賞(International Riverprize)の概要(言語:日本語)  

水辺からのメッセージNo.25

「清流ぎふ水環境シンポジウム」(2011.7.27-28)」ご案内

04-0104.jpg
「清流ぎふ水環境シンポジウム」紹介チラシ(PDF2.4MB)

 

 JRRN会員より御提供頂いたイベント情報です。

「英国河川再生センター『第12回年次講演会』講演資料一式」ご紹介

04-0103.jpg
英国河川再生センター(RRC) 第12回年次講演会論文概要集(英語版 PDF3.8MB)

 「ヨーロッパ河川再生センター(ECRR)」のイギリス窓口を担う「英国河川再生センター(RRC)」の年次講演会が4月14日に開催され、論文概要集や当日の講演資料一式が公開されましたのでご紹介します。  なお、2007年に開催されたARRN国際フォーラムにおいて、英国河川再生センター(RRC)事務局長を務めるマーチン氏を招聘し、RRCの概要や英国の河川再生事情についてご講演を頂きました。

<第12回年次講演会のセッションタイトル一覧>

  • - Linking Hydrology, Morphology & Ecology
  • - New Tools for Restoration – Reviewing Achievements
  • - Catchment Scale Planning & Implementation
  • - Sediment Dynamics & Floodplains
  • - Approaches to In Stream Barriers
  • - Whole River River Restoration Plans
  • - Partnership & Local Engagement
  • - Nott Far From Nottingham – Partnerships Great & Small

 ●英国河川再生センター(RRC) 第12回年次講演会 講演資料一式掲載ページはこちら(言語:英語)
 ●ARRN主催「第4回水辺・流域再生にかかわる国際フォーラム」開催報告はこちら(2007年・東京)

「第9回生態水工学国際シンポジウム(ISE2012)」ご紹介

04-0102.JPG
「第9回生態水工学国際シンポジウム(ISE2012)」ホームページ

 2012年9月にオーストリアで開催される9th International Symposium on Ecohydraulics 2012「第9回生態水工学国際シンポジウム(ISE2012)」のご案内を現地事務局より頂きました。

<主な期限等一覧>

  • - September 9th, 2011: Deadline for abstracts
  • -November 25th, 2011: Notification of acceptance of abstracts
  • -March 2nd, 2012: Submission of full papers
  •  -May 4th, 2012: Notification of paper acceptance for program
  • -September 17th, 2012: Conference and exhibition opening

 ●「第9回生態水工学国際シンポジウム(ISE2012)」ホームページはこちら(言語:英語)

「プロジェクトWET エデュケーター養成講座in浜名湖」(2011.9.10-11)」ご案内

04-0101.jpg
「プロジェクトWET エデュケーター養成講座in 浜名湖」紹介チラシ(PDF468KB)

 

 JRRN団体会員の鈴木様(まきのはら水辺の楽校、PWしずおかネットワーク)より御提供頂いたイベント情報です。

(以下、案内文)

 9月10日(土)~11日(日)の1泊2日で、プロジェクトWETのエデュケーター養成講座を開催します。

  • 【行事名】 プロジェクトWET エデュケーター養成講座in浜名湖
  • 【主催】  PWしずおかネットワーク
  • 【日時・場所】
     ● 日時 平成23年 9月 10日(土)10:00 ~ 9月11日(日) 15:00
     ● 場所 静岡県立三ケ日青少年の家
  • 【詳細HP】 http://www4.tokai.or.jp/jofi/newpage25.html

「豪国CRFWG(クック川水辺活動団体)年次報告2010」ご紹介

04-0100.jpg
CRFWG Annual Report 2010(英語版 PDF5.3MB)

 「よみがえる川~日本と世界の河川再生事例集」の海外事例編、及びJRRNニュースレター2011年3月号の「研究・事例紹介」コーナーでご紹介させて頂いたオーストラリア・クック川(Cooks River)で活動するCRFWG(クック川水辺活動団体)より、最新の年次報告発行のご案内を頂きました。

 シドニー郊外の都市河川における、行政機関と市民団体の調整組織の具体活動内容を理解する上で非常に参考となる報告書です。
 なお、2011年7月より、CRFWGは組織改編により「Cooks River Alliance」と改称し更なる活動を展開するそうです。

「International Water Association (IWA)’s World Water Congress & Exhibition 2012(韓国・釜山)」ご紹介

04-0099.jpg
World Water Congress & Exhibition参加募集案内(英語版 PDF 1.0MB)

 2012年9月に韓国・釜山で開催されるIWA(International Water Association)主催の「World Water Congress & Exhibition 2012」のご案内を頂きました。

 ●World Water Congress & Exhibition 2012 ホームページはこちら

1 


会員からのお知らせ

このページでは、JRRN会員からのお知らせや、海外関係機関からの案内等を紹介しています。
本ページで紹介したい情報をお持ちの方は、いつでも情報をお寄せ下さい。

過去記事検索

カレンダー

2011年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近のコメント

>> 会員からのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針