Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

会員からのお知らせ

< 2016年1月:月別アーカイブ >

「高梁川ミーティング~高梁川流域の昨日と明日~(2月6日)」ご案内

「高梁川ミーティング」案内チラシ (PDF 1.7MB)

  (一社)高梁川流域学校(JRRN団体会員)より、2016年2月6日(土)に岡山県倉敷市で開催される「高梁川ミーティング~高梁川流域の昨日と明日~」のご案内を頂きました。

(以下、案内文)

 本ミーティングでは、「高梁川流域の昨日と明日」をテーマとして、午前の部では、これまでの活動及び設立初年度の高梁川流域学校の取組みの報告及び評価を行い、午後の部では、大学による持続可能な流域社会づくりをテーマとしたシンポジウムを開催し、流域の明日について一緒に考えます。

●詳細はこちら

案内チラシ(PDF1.7MB)

高梁川流域学校ホームページ

「公開講座「水循環・水環境と下水道」への取り組みについて(2月9日)」ご案内

国土交通省出前講座「『水循環・水環境と下水道』への取り組みについて」案内チラシ(PDF 109KB)

  鞍瀬塾事務局(JRRN会員)より、2016年2月9日(火)に愛媛県西条市で開催される国土交通省出前講座「『水循環・水環境と下水道』への取り組みについて」のご案内を頂きました。

1.日 時:  平成28年2月9日(火) 10時30分から16時00分まで

2.場 所:    西条市東予総合福祉センター 2階会議室 
  (西条市周布606番1 TEL 0898-64-2600 )

3.講 師  国土交通省水管理・国土保全局下水道部 下水道事業課 木村順哉氏

4.講座名  国土交通省 本省出前講座「水循環・水環境と下水道」への取り組みについて

  安全でおいしい飲料水や多様な生態系の保全や身近な水辺の創出など、水循環・水環境をめぐる様々な課題について身近な地域を題材に、下水道を通して紹介していただきます。

詳細はこちら(案内チラシ PDF109KB)

「第一回 防災・減災シンポジウム(2月12日)」ご案内

「第一回 防災・減災シンポジウム」案内ページ

 古賀河川図書館の古賀館長より、2016年2月12日(金)に福岡で開催される”新たなステージに対応した防災・減災キャンペーン~行政・企業・地域住民の防災意識改革を促進~「第一回 防災・減災シンポジウム」”のご案内を頂きました。

●日時:   平成28年2月12日(金)13:00-17:30

●主催: 国土交通省九州地方整備局

●場所:   電気ビルみらいホール(福岡県福岡市中央区)

●プログラム:

- 基調講演: 「気候変動を踏まえた『想定外』の自然外力への対応について」
(東京大学生産技術研究所教授 沖 大幹)

- 基調講演: 「企業が生き残るための防災・危機管理とBCP」
(防災システム研究所所長 山村 武彦)

-      パネルディスカッション: 「激化する自然災害と防災危機管理」

●申込み方法等の詳細はこちら(ホームページ)

 https://bousai-kyushu.jp/

「流域管理シンポジウム-流域のこれからをみんなで考えるシンポジウム-(2016年1月29日)」ご案内

「流域管理シンポジウム」案内チラシ(PDF 1.8MB)

 「小さな自然再生」事例集編集委員会メンバーである瀧委員(関西広域連合)より、流域管理シンポジウムのご案内を頂きました。

流域管理シンポジウム-流域のこれからをみんなで考えるシンポジウム-

●日時: 平成28年1月29日(金)  午後1時 ~ 午後4時30分

●場所: グランキューブ大阪(大阪府立国際会議場) 10階(大阪市北区中之島5-3-51)

●プログラム:

   (1) 開会挨拶

   (2) 基調講演  「琵琶湖・淀川流域の発展 とこれからの治水」
         中川 博次 (京都大学名誉教授)

   (3) 特別講演  「生態系サービスと流域マネジメント」
         中村 正久 (滋賀大学環境総合研究センター教授)

   (4) パネルディスカッション 流域の暮らしと文化、そしてこれから

    進行:       嘉田 由紀子  (びわこ成蹊スポーツ大学学長、前滋賀県知事)

    パネリスト:
       秋葉(中川) 芳江 さん   (Office SPES 代表、京都市ソーシャルイノベーション研究所)
       戸田 香 さん(神戸大学大学院法学研究科(政治学) 博士後期課程、朝日放送(株) 総合ビジネス局)
       横山 あおい さん  ((有)エイライン代表、NPO法人人と自然とまちづくりと 理事長)
       山口 美知子 さん  (東近江市役所 森と水政策課)

         ※出演者、プログラム等は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

●主催: 関西広域連合

●参加費:  無料

●申込方法等: 以下のホームページ参照

http://www.kouiki-kansai.jp/contents.php?id=2190

案内チラシはこちらから(PDF 1.8MB)

「琵琶湖・淀川流域圏連携交流会10周年企画-琵琶湖・淀川流域圏交流フォーラム(2016年2月20-21日)」ご案内

 JRRN団体会員である「カッパ研究会」鈴木様より、「琵琶湖・淀川流域圏交流フォーラム」のご案内を頂きました。

(以下案内文)

琵琶湖・淀川流域圏連携交流会10周年企画-琵琶湖・淀川流域圏交流フォーラム

●日時 2016年2月20日(土)13:30~20:00、 2月21日(日)10:00~16:00

● 内容

(1)伏見水探訪・交流会

開催日:2月20日(土)

<伏見水探訪 13:30~16:30>
集 合:13:30(京阪電車「墨染駅」)
探 訪:墨染ダム、七瀬川、御香宮(御香水)、魚屋通り、寺田屋浜、伏見港、三栖、宇治川
 ※ ガイド:澤井・鈴木

<交流会 17:00~20:00>
場所:四季彩館(流れ橋見学)
内容:軽食、飲み物を頂きながらの交流
 ※ 伏見から四季彩館まではバス有(無料)。
 ※ 参加費3,000円(宿泊は別途3,000円)

(2)交流フォーラム

日時:2月21日(日) 10:00~16:00

場所:京都大学防災研究所宇治川オープンラボラトリー

内容:基調講演
    「水環境の最近の動向」
  近畿地方整備局 企画部 環境調整官 小山下 英文

    基調報告
     滋賀県:淡海の川づくりフォーラム実行委員会
     京都府:桂川流域クリーンネットワーク
     奈良県:大和川市民ネットワーク
     兵庫県:流域ネット猪名川
     大阪府:大阪湾見守りネット

   「川自慢・活動自慢」 
     20団体が活動内容を報告予定
     ※ 活動発表者、募集中(10分程度)
     ※ 昼食はご持参ください。
     ※ チラシ等の配置、展示、販売等のスペースを準備します。

●参加費: 無料(ただし、交流会参加費、宿泊費は別途必要)
     ※ 交流会参加費3000円、宿泊費3000円

●申し込み: 事務局まで、氏名、団体名、連絡先、参加内容
     (伏見水探訪、交流会、交流フォーラム、活動発表、展示等)をご連絡ください。
          jimukyoku@bynet.jp
     ※ 活動発表は1月31日が締め切りになります。

●主催 琵琶湖・淀川流域圏連携交流会
●共催 琵琶湖・淀川流域圏再生推進協議会
●後援 (一社)近畿建設協会

あの日のあの川 リレー日記No.12~奥入瀬渓流の思い出~

水辺からのメッセージNo.80

1 


会員からのお知らせ

このページでは、JRRN会員からのお知らせや、海外関係機関からの案内等を紹介しています。
本ページで紹介したい情報をお持ちの方は、いつでも情報をお寄せ下さい。

過去記事検索

カレンダー

2016年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のコメント

>> 会員からのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針