Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

会員からのお知らせ

< 2008年3月:月別アーカイブ >

【2008.3.31会員投稿】イベント「多摩川天然アユ遡上の旅 漁場環境監視見学会」案内

 JRRN会員で、淡水魚類研究家の山崎充哲さんより御提供頂いた、多摩川の川崎河川漁業協同組合との協同イベントのご紹介です。

多摩川天然アユ遡上の旅 漁場環境監視見学会

多摩川天然アユのゆりかご~魚道巡りで奥多摩までを、アユと同じように多摩川に沿って自動車で遡上していきます。普段は乗り入れることのできない所まで車で行きますので、体力に自信のない方でも大丈夫です。解説ガイドには淡水魚研究家「どうぶつ奇想天外」でおなじみの山崎が同行いたします。 実際に川へ行き見て触れて聞いて、正しい知識を身につけてください。


★見どころその1:多摩川アユのゆりかご

  • 多摩川が海に注ぐ河口は京浜工業地帯、対岸を見ればジェット機が発着する羽田空港。
  • アユの赤ちゃんが育つゆりかごの場所へご案内します。

★見どころその2:

  • つながった水面 防潮堰である調布取水堰は昭和11年(1936年)に完成しました。
  • 洪水時しか開けたことのなかった水門を、アユの遡上のために今年も昨年に引き続き開けています。
  • 長良川の河口堰や諫早湾のギロチン水門とは正反対です。
  • 多摩川を復活させるために生き物や環境に配慮した大英断です。
  • 時代が川の流れを変えた証の場所を見学します。

★見どころその3:ジャンプ1発ッ!!

  • 調布堰水門は開いているので毎年見られるアユジャンプは見られません。
  • アユジャンプを見られる別の堰へご案内いたします。
  • 運が良ければマルタの大ジャンプも見られます。
  • ジャンプの瞬間を待ちながら、河原でお弁当をいただきます。

※生き物の都合ですので、必ずジャンプが見られるとは限りませんことをご了承下さい。

★見どころその4:お魚ポスト

  • 川崎河川漁業協同組合が管理する「さかなの家」に設置されている「お魚ポスト」を見学します。
  • テレビや新聞で紹介された多摩川の環境を考えた施設です。
  • 飼育できなくなってしまった飼育魚や外来魚は、多摩川に放流せずに「お魚ポスト」へ入れてもらおうと言う趣旨です。

★見どころその5:最新式

  • 多摩川は魚道の博物館のような川です。
  • 堰の数が多い分、魚道の数も多いのです。
  • そんな堰の中でもスグレモノの最新魚道を見学していただけます。

★見どころその6:源流

  • 多摩川の中下流の水源は山ではありません。
  • 皆さんの生活に密接した身近なところが水源となっています。
  • 科学の進歩が多摩川の再生を成功させました。

★見どころその7:遡上はここまで?

  • まだまだ半分しか多摩川を上ってきていません。
  • でも、多摩川から水がなくなります。
  • 人の生活が歴史を作り多摩川を変えてしまいました。

★見どころその8:水道

  • 都民の皆さんの水道水の材料です。
  • 川の水に手を浸してみましょう。
  • 下流とは水の香りが違うことに気がつきます。

※天候や渋滞の状況により、全ての見どころを回れないことがありますのでご了承下さい。


*************************

開催日

  • 第1回3月30日
  • 第2回4月5日
  • 第3回4月6日
  • 第4回4月12日

・5回目以降は決定次第告知いたします。

 中  止

  • 天候や増水などにより中止になることがあります。
  • 中止の場合は前日の17時~18時の間でご連絡いたします。

参加条件

  • 原則としてどなたでもご参加いただけますが、重大な疾病等をお持ちの方はご相談下さい。
  • 車椅子や杖をついてのご参加も大丈夫です。(水辺まで行くことができない場所がありますのでご了承下さい。)
  • 乗車中は禁酒禁煙ですから、それにご協力いただける方。

定  員

  • 1回8人(バスでは川まで近寄れない場所があるので3ナンバー1ボックスカーになります。)
  • 8人を超えるグループはご相談下さい。複数台で対応いたします。
  • ※最低催行人数3名に満たない場合は中止になりますが、次回の開催日に優先的に参加していただけます。

料  金

  • 1人8、000円
  • ※代金は事前に下記へお振り込みいただくか、お電話かメールでご予約いただき当日にお支払い下さい。
  • お振り込みの方を優先させていただきます。
  • 予約なしでも車に余裕があれば乗車できます。
  • ※ガイド・補助員・自動車・旅行傷害の費用など含みます。
  • ※キャンセル料は2日前12時までは10%、前日の12時まで50%、以降は100%です。

持 ち 物

  • お弁当・水筒・雨具・長靴

集合場所と出発時間

  1. 7時10分 稲田公園 無料駐車場
  2. 7時30分 京王線 稲田堤駅前
  3. 7時50分 小田急線/南武線 登戸駅 多摩川口前
  4. 9時00分 京浜急行大師線 川崎大師駅前

※申し込み時に乗車場所をお知らせ下さい。

解散場所と解散時間

  1. 16時40分 青梅線青梅駅前
  2. 18時10分 京王線 西調布駅前
  3. 18時40分 京王線 稲田堤駅前
  4. 19時00分 小田急線/南武線 登戸駅 多摩川口前

※ツアー途中の最寄り駅で途中下車解散可能です。
※渋滞等により到着時間が変わることがあります。

免 責

  • 事故等は保険の範囲の保証になります。

お申し込み/お問い合わせ

  • 〒214-0038 川崎市多摩区生田7-25-1
    電話 044-933-3220
    携帯 090-3209-1390
    川崎河川漁業協同組合 総代 山崎充哲
  • メールアドレス RiverRanger@excite.co.jp
  • 漁協案内ホームページ http://b5.spline.tv/kwski/ 

お振り込み先

  • 三井住友銀行生田支店1349546
    ガサガサ水辺の移動水族館 代表 山崎充哲 ヤマサキミツアキ
  • 郵便振替 00220-6-16636
    山崎充哲 ヤマサキミツアキ 

※お電話で定員を確認してからお振り込みのお手続きをしてください。
※お振り込みお手続き後に必ずご連絡をいただきますようお願いいたします。

多摩川ニュース「多摩川天然アユ、春一番遡上開始!」の記事紹介

02-0023.JPG
若アユのジャンプ

 

 JRRN会員で、淡水魚類研究家の山崎充哲さんより御提供頂いた「多摩川アユ最新ニュース」を紹介致します。

多摩川ニュース配信 平成20年3月18日

「多摩川天然アユ、春一番遡上開始!」
 毎年続けています多摩川天然アユの遡上調査にて、今年の一番遡上を確認しました。 体調6~8センチ程度の若アユがジャンプを始めました。(写真)
 昨年は大きな台風が多摩川を襲い、増水と濁り水のため産卵が危惧されましたが、春を迎え無事に元気な姿を見せてくれました。例年なら一番河口に近い調布取水堰での確認が早いのですが、今年は冬の間から堰が開放されていたためその姿を見ることができません。今年は上流の二ヶ領上河原堰にて初ジャンプを確認しました。
 現在工事で魚道が使用できず、若アユが堰下に滞留したために確認が容易になったものと思われます。18日現在二ヶ領宿河原堰下に数千匹の群を確認しており、漁協と協力し引き続き観察と調査を続ける予定です。秋の産卵場や流下稚仔調査に続き、春の遡上調査も実施し多摩川天然アユの生態を解明したいと思います。
 今後は水温の上昇に伴い遡上数は増えてくるものと思われ、ピークは4月半ばくらいかになると思われます。順調に遡上が続けば今年も昨年に引き続き豊漁になるものと期待されます。 
 清流を取り戻した多摩川に毎年アユが戻り、命をつなぐ産卵や稚仔魚が育つ河口も良好な環境になった多摩川を皆様にお伝えいたしました。
 今後も自然環境に関わる情報があれば漁協ニュースとして発信いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

問い合わせ

  • 〒214-0038 川崎市多摩区生田7-25-1
  • 電話 044-933-3220
  • 携帯 090-3209-1390
  • 川崎河川漁業協同組合 総代 山崎充哲
  • メールアドレス MLC54407@nifty.com
  • ホームページ http://homepage2.nifty.com/gasagasaaqua/
  • 漁協ホームページ(試験運用) http://b5.spline.tv/kwski/
1 


会員からのお知らせ

このページでは、JRRN会員からのお知らせや、海外関係機関からの案内等を紹介しています。
本ページで紹介したい情報をお持ちの方は、いつでも情報をお寄せ下さい。

過去記事検索

カレンダー

2008年3月
« 2月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近のコメント

>> 会員からのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針