Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

会員からのお知らせ

< 2017年6月:月別アーカイブ >

「魅力ある水辺空間の再生に関するシンポジウム(2017年7月25日)」ご案内

魅力ある水辺空間の再生に関するシンポジウム 案内ページ

 国立研究開発法人土木研究所の自然共生研究センターより「魅力ある水辺空間の再生に関するシンポジウム」のご案内を頂きました。

魅力ある水辺空間の再生を目指して!~多自然かわづくり、これからの軌道~

  今年は、平成9 年の河川法改正から20 年になります。6月には、河川法改正20周年多自然川づくり推進委員会より「持続性ある実践的多自然川づくりに向けて」が提言されました。

 そこで、本シンポジウムでは、今後の多自然川づくりが進むべき具体的な方向を議論するとともに、魅力ある水辺空間を再生する上での具体的な課題と解決に向けた方策を明確にしたいと思います。具体には、

 - 空間的に広がりのある水辺拠点の空間整備手法
 - 都市河川における水辺空間の整備手法
 - 水辺空間を再生する際の河川用護岸ブロックの活用方法

について、事例を交えて議論します。

  • 日時: 2017年7月25日(火) 13:30~17:00 (受付/12時~)
  • 会場: ヤクルトホール (東京都港区東新橋1-1-19)
  • 主催: 国立研究開発法人 土木研究所 水環境研究グループ 自然共生研究センター
  • 共催: 公益社団法人 全国土木コンクリートブロック協会
  • 後援: 国土交通省
  • 参加申込方法:
    参加者氏名、所属、連絡先(TEL等)を明記の上、E-mailにてお申込みをお願いいたします。(メール: info@cba.or.jp)

 ※詳しくはホームページをご覧ください(土木研究所自然共生研究センターHPへジャンプ)

案内チラシはこちら(PDF 481KB)

あの日のあの川 リレー日記No.29~辛い行事:多摩川

水辺からのメッセージNo.97

「RRC(英国河川再生センター)の最新会報(Bulletin) 2017年5月号」ご紹介

RRCの最新会報 2017年5月号(英語版 PDF 1.1MB)

  RRC(英国河川再生センター)の最新会報(2017年5月号)がRRC事務局より届きました。

 本号では、RRCが主催する現地視察行事や河川再生研修会の案内、また英国を含む欧州の1000を超える河川再生事例を集約したデータベース・RiverWiki等が紹介されています。

 ●the River Restoration Centre Bulletin 2017年5月号(英語版 1.1MB) ダウンロード

1 


会員からのお知らせ

このページでは、JRRN会員からのお知らせや、海外関係機関からの案内等を紹介しています。
本ページで紹介したい情報をお持ちの方は、いつでも情報をお寄せ下さい。

過去記事検索

カレンダー

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近のコメント

>> 会員からのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針