Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

会員からのお知らせ

< 2009年10月:月別アーカイブ >

水辺からのメッセージNo.5

第6回柿田川シンポジウム『柿田川、「水」を見つめる。「水」を探る』のご案内

 JRRN事務局を担う財団法人リバーフロント整備センターからのイベントのご紹介です。

 今年も11/14(土)~15(日)の日程にて柿田川シンポジウムを開催します。ご都合のよい方はぜひとも参加して頂きたく御案内差し上げます。

■第6回柿田川シンポジウム『柿田川、「水」を見つめる。「水」を探る』
主催:柿田川生態系研究会
後援:国土交通省沼津河川国道事務所、清水町、沼津市水道部、柿田川みどりのトラスト、柿田川湧水保全の会
http://www.rfc.or.jp/news/20091016_kakitasympo.pdf

【開催日時】11月14日(土) 14:00~17:00(開場 13:30)
【場所】沼津市民文化センター・大会議室
(静岡県沼津市御幸町15番1号)

【プログラム】
1.知花 武佳 (東京大学大学院 工学系研究科 講師)
『柿田川の形をみつめる』
2.竹門 康弘(京都大学防災研究所 水資源環境研究センター 准教授)
『柿田川の動物群集を支える有機物の起源と特徴』
3.板井 隆彦 (静岡淡水魚研究会 会長)
『柿田川底生魚種の動向、狩野川との関係』
4.川那部 浩哉 (滋賀県立琵琶湖博物館 館長)
『アユと川』
5.竹村 公太郎(日本水フォーラム事務局長)
『世界の水、日本の水』

※11月15日(日)には、現地見学会(見学地:柿田川、泉水源地など)を実施します。(事前予約制:先着20名)

【申し込み方法】
氏名、住所、電話番号、(所属、電子メール)、を記入の上ファックスもしくはEメールにてお申し込み下さい。
なお、現地見学会の参加を希望される場合はその旨ご記入ください。
担当:(財)リバーフロント整備センター生態系グループ 川口
TEL:03-6228-3860
FAX:03-3523-0640(ファックス後、確認のお電話をお願いします。)
E-mail:kakita@rfc.or.jp(返信メールにて、受付完了のお知らせをいたします。)

「アメリカにおける最近の河川自然再生の取組みの新聞記事」のご紹介

04-0012.JPG
USA Todayのウェブ記事(2009年10月5日)

 JRRN個人会員より、アメリカにおける河川自然再生に向けた最近の取り組みを紹介した記事情報を御提供頂きました。

 本記事を扱った英文ホームページは以下よりアクセス可能です。(言語:英語)
  →http://www.usatoday.com/news/nation/environment/2009-10-05-river-restore-work_N.htm

 また、上記英文記事の日本語仮訳資料も情報提供者より頂きましたので、参考情報として以下にご紹介いたします。(言語:日本語)
  →日本語仮訳「より多くのプロジェクトがアメリカの河川をそれらの自然の状態に戻している」(PDF 109KB)

「親水性向上それとも生態再生? ~韓国における河川再生の事例と分類(英語版)」のご紹介

04-0011.jpg
親水性向上それとも生態再生? 韓国河川再生講演資料(英語版) 4.78MB

 ARRNの韓国窓口組織である韓国河川再生ネットワーク(KRRN)の前事務局長・Hyoseop Woo博士より、韓国における河川再生分野の最新の話題として、河川再生の定義や分類に関する講演資料をご提供いただきました。
 本資料は、2009年8月に韓国・仁川市で開催された世界都市水フォーラム(WCWF: World City Water Forum)の河川再生分科会「都市河川再生の事例」、及び2009年9月に埼玉で開催された応用生態工学会・日韓合同セミナーにおいてWoo博士により紹介されたものです。

「親水性向上それとも生態再生? ~韓国における河川再生の事例と考え方(英語版)」ダウンロード(PDF 4.78MB)

「韓国4大河川再生事業の概要説明資料(日本語版)」のご紹介

4RiverRestoration_KOREA.jpg
韓国4大河川再生事業の概要説明資料(日本語版) 3.3MB

 ARRNの韓国窓口組織である韓国河川再生ネットワーク(KRRN)より、現在韓国で実施中の「韓国4大河川再生事業」に関する事業計画説明資料(日本語版)をご提供頂きました。
 本事業は、ソウル市長時代に「清渓川再生事業」を成功させた李明博大統領による「韓国版グリーンニューディール政策」として打ち出されたものです。
 一方で、過去のJRRNニュースメール報道記事でも度々登場しました通り、政府主導の大規模公共事業に対する野党や市民の反発も大きく、韓国国内では激しい是非論争となっております。
 JRRNでは、近隣諸国における大規模河川再生事業の事例として、事業の内容や世論の反応を含め、関連する様々な情報を今後もご提供できればと思います。

「韓国4大河川再生事業の概要説明資料(日本語版)」ダウンロード(PDF 3.3MB)

1 


会員からのお知らせ

このページでは、JRRN会員からのお知らせや、海外関係機関からの案内等を紹介しています。
本ページで紹介したい情報をお持ちの方は、いつでも情報をお寄せ下さい。

過去記事検索

カレンダー

2009年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近のコメント

>> 会員からのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針