Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

会員からのお知らせ

< 2011年12月:月別アーカイブ >

「ECRR(ヨーロッパ河川再生センター)の最新ニュースレター」ご紹介

04-0144.jpg
ECRRの最新ニュースレター 2011年12月号(英語版 PDF900KB)

 ECRR(ヨーロッパ河川再生センター)の最新ニュースレター(2011年12月号)特別版をECRR事務局より送付頂きました。主な目次は以下の通りです。

  • 2011.11.16-18開催セミナー「河川及び水圏生態系再生に向けた目標設定と解決策」開催報告
  • 欧州河川再生情報共有プロジェクト「RESTORE」紹介
  • 第6回世界水フォーラムへの提言(上記セミナーの成果)
  • 欧州における河川再生関連行事の紹介

 なお、2011年11月11日(金)に開催しましたARRN/JRRN主催国際フォーラムでは、ECRRより後援を頂きました。

 ●ECRR NEWSLETTER 2011年12月号 (英語版 900KB)特別版 ダウンロード

水辺からのメッセージNo.31

CSIRO出版物「オーストラリアが直面する水問題とその解決策」ご紹介

04-0143.jpg
CSIRO出版物「オーストラリアが直面する水問題とその解決策」案内ページ(英語版)

 オーストラリア政府系NGOであるCSIROからの出版物「オーストラリアが直面する水問題とその解決策」(2011年11月出版)の発刊案内を、ARRC(オーストラリア河川再生センター)より頂きました。(無料でダウンロード可能)

  • 名称: Water: Science and Solutions for Australia
  • 発行: CSIRO (Commonwealth Scientific and Industrial Research Organisation)
  • 発行年月:2011年11月
  • 言語等: 英語版、180ページ

 本資料では、オーストラリアが直面する水問題について、水利用、水の価値、気候変動、地下水、水質、持続的な都市水利用、将来の都市水供給、灌漑、環境用水、採鉱と工業 などの構成で解説しています。
 日本とは気候・地形特性が異なり、特に水不足への克服に重点が置かれている特徴がありますが、「5章:水質」や「9章:環境のための水」は河川再生との関連が深く参考になります。

1 


会員からのお知らせ

このページでは、JRRN会員からのお知らせや、海外関係機関からの案内等を紹介しています。
本ページで紹介したい情報をお持ちの方は、いつでも情報をお寄せ下さい。

過去記事検索

カレンダー

2011年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近のコメント

>> 会員からのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針