Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

会員からのお知らせ

< 2013年2月:月別アーカイブ >

「第16回国際河川シンポジウム(2013年9月)発表者募集」案内

「第16回国際河川シンポジウム」発表者募集案内ページ(英語版)

  IRF(国際河川財団)より、本年9月にオーストラリア・ブリスベンで開催される第16回国際河川シンポジウム(16th International Riversymposium)の口頭発表論文募集のご案内を頂きました。

 本年は、「水・エネルギー・食料と河川の関わり(RIVERS: LINKING WATER – ENERGY – FOOD)」を主テーマに、「河川システム」「河川とエネルギー」「都市と河川」「河川の健全性」「地球規模で見た河川」等のサブテーマで、口頭発表やポスター発表者を募集しています。(発表応募〆切: 2013年3月1日

 本年の募集テーマの仮和訳版は以下よりご覧いただけます。

 ●2013年の募集テーマの仮和訳版(日本語併記版)

 なお、主催団体のMatthew Reddy事務局長より、日本からの多くの参加応募をお待ちしていますとのメッセージを頂いております。

 ●発表者募集案内ページはこちら(英語版)

「ヨーロッパ河川再生会議2013(2013年9月)参加受付開始」案内

「ヨーロッパ河川再生会議」案内ページ(英語版)

  ECRR(ヨーロッパ河川再生センター)より、本年9月にオーストリアの首都・ウィーンで開催されるヨーロッパ河川再生会議2013(European River Restoration Conference 2013)の参加受付登録開始のご案内を頂きました。

 会議でのテーマ、先行予約割引案内、また本年より始まる欧州国際河川賞の案内などが紹介されています。

  ●参加受付登録開始の案内ページはこちら(英語版)

「RRC(英国河川再生センター)の最新会報(Bulletin) 2013年2月号」ご紹介

RRCの最新会報 2013年2月号(英語版 PDF1.2MB)

 

 RRC(英国河川再生センター)の最新会報(2013年2月号)をRRC事務局より送付頂きました。

 本号では、昨年9月に開催されたRESTOREワークショップの発表資料等公開案内、また本年4月末に開催されるRRC主催年次講演会案内、更に昨年11月開催「都市河川調査ワークショップ」の結果報告、また本年より創設された「欧州河川賞」の案内などが紹介されています。

  ●the River Restoration Centre Bulletin  2013年2月号 (英語版 PDF1.2MB) ダウンロード

英語書籍「北緯38度線旅行記 – 世界の水問題境界線」ご案内

 アメリカのカリフォルニア大学出版より出された英語書籍「Traveling the 38th Parallel: A Water Line Around the World(北緯38度線旅行記 – 世界の水問題境界線)」のご案内を著者より頂きました。

 本書籍は、地球の北緯38度線上の水に関わる環境問題や文化に旅を通じて触れながら、水環境や自然環境の保全・再生の取組を紹介したものです。

 日本に関する話題としては、三陸海岸における東日本大震災被災地からの復興、また佐渡におけるトキの再生などが紹介されています。

 なお、本書著者による2011年の中国・韓国及び日本における現地取材に際しては、河川再生の関連情報提供を通じてJRRN事務局が一部協力させて頂きました。

 →アマゾン日本語ページでの書籍紹介ページ

カリフォルニア大学出版の書籍紹介ページ(書籍概要、目次、著者経歴、書評等)

「動植物実態調査中間報告会 –なごやの生きものの今をさぐる-(2013年3月10日)」ご案内

なごやの生きものの今をさぐる 案内チラシ(1.3MB)

 

 JRRN個人会員である愛魚家・宇地原様より御提供頂いたイベント情報です。

(以下、案内文)

 名古屋市では、今年度から3か年をかけてレッドリスト・レッドデータブック改訂のための調査・検討作業を行っています。
 その調査内容や調査を通して明らかになったなごやの生きものの「今」をご報告するとともに、市民の皆さんが参加・協力できるいろいろな調査についてご紹介する報告会を開催します。
 専門家の方々と直接、意見交換のできる絶好の機会です。多くの方のご参加をお待ちしております!!

詳しくは http://www.kankyo-net.city.nagoya.jp/biodiversity/event.html まで

 ●開催日時:  平成25年3月10日(日曜日) 午後2時~4時
●会場: 名城大学天白キャンパス 共通講義棟北N-102講義室(天白区塩釜口1-501)
●参加費: 無料
●対象・定員
    対象:どなたでもご参加できます
    定員:抽選で100名(参加いただける方には、参加証をお送りします)
●申込締切: 平成25年2月28日(木曜日)必着
●お申込み方法    事業名「実態調査報告会」、参加する方全員のお名前、代表者の郵便番号・住所、電話番号(あればFAXまたはメールアドレスも)をご記入のうえ、FAX・はがき・電子メールにてお申し込みください。
●お問合せ・お申込み先:    なごや生物多様性センター
    住所:〒468-0066 天白区元八事五丁目230番地
    電話番号:052-831-8104、 ファックス番号:052-839-1695
 電子メールアドレス:bdnagoya@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

「第178回 河川文化を語る会『東日本大震災の教訓』(2013年4月22日)」ご案内

第178回河川文化を語る会 案内チラシ(851KB)

 

JRRN団体会員である公益社団法人日本河川協会様より御提供頂いたイベント情報です。

 (以下、案内文)

 日本河川協会「河川文化を語る会」事務局です。
お世話になっております。

 【第178回】

 ◆テーマ:東日本大震災の教訓―防災への備えと復興への提案―
 ◆講 師:村井俊治 氏(東京大学名誉教授/社団法人日本測量協会 会長)
 ◆日 時:平成25年4月22日(月)18:00~20:00
 ◆場 所:厚生会館(全国土木建築健保)(東京都千代田区)
 ◆参加費:一般:500円、当協会二種正会員(個人会員)/学生:無料
 ◆申込/問合わせ:公益社団法人 日本河川協会
                          TEL:03-3238-9771 FAX:03-3288-2426
                          E-mail:kataru@japanriver.or.jp
                          URL:http://www.japanriver.or.jp/
 詳しくはこちら→ http://www.japanriver.or.jp/kataru/kataru_no178.htm

 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 公益社団法人 日本河川協会
 東京都千代田区麹町2-6-5 麹町E.C.Kビル3F(〒102-0083)
  TEL:03-3238-9771 FAX:03-3288-2426
  http://www.japanriver.or.jp/

川系男子の『川と人』めぐりNo.10~桂川(相模川)~

水辺からのメッセージNo.45

『巡回企画展「魚道展~川を旅する魚たちの通り道~」』(2013年2月5日~2月28日)」ご案内

『巡回企画展「魚道展~川を旅する魚たちの通り道~」』 案内ページ

 

 本日より開催される魚道に関する巡回企画展のご案内を頂きました。

 【行事名】
巡回企画展「魚道展~川を旅する魚たちの通り道~」

【開催館】
川の駅はちけんや(にぎわいXing展示スペース)

【開催期間】
2013年2月5日(火)~2月28日(木)

【開館時間】
10:00 ~18:00

【主催】
国土交通省近畿地方整備局、大阪府

【展示内容】

魚道の基礎知識と現場の取組み、そして魚道を利用する生物の営みについて、パネルだけでなく、映像や模型を活用した展示を通してわかりやすく解説しています。

 ■案内ページはこちら→ http://www.nigiwai-xing.net/event.html

■案内チラシはこちら→ http://www.nigiwai-xing.net/_src/sc1002/8B9B93B993W8360838983V.pdf

1 


会員からのお知らせ

このページでは、JRRN会員からのお知らせや、海外関係機関からの案内等を紹介しています。
本ページで紹介したい情報をお持ちの方は、いつでも情報をお寄せ下さい。

過去記事検索

カレンダー

2013年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

最近のコメント

>> 会員からのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針