Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

会員からのお知らせ

< 2020年12月:月別アーカイブ >

「ヒト自然系からの未来警鐘」新刊書籍&著者割引案内

著者割引案内チラシはこちら(PDF 261KB)

 大西文秀様(JRRN個人会員)より、『ヒト自然系からの未来警鐘』の出版及び著者割引のご案内を頂きました。

(以下、案内文)

 大規模災害の多発など、気候変動の影響を恐ろしく感じるなか、『ヒト自然系からの未来警鐘』(GIS Map Book for our Future Alarm)を上梓しましたので、遅くなりましたが、著者割引のご案内をさせていただきます。コロナ禍の、次の未来への、ヒントと警鐘です。ちらしもご覧ください。

●書 名:『ヒト自然系からの未来警鐘』
 - 未来と暮らしへのレクチャー228 画像 -  GIS Map Book for our Future Alarm

〇著者:大西文秀

〇体裁:A5判、220ページ、並製本、オールカラーページ

〇定価:2,200円(本体) ISBN:978-4-909933-04-1 C3051

〇出版:大阪公立大学共同出版会(OMUP)2019

【著者割引価格と申し込み方法】

★★ 一般の方:2,000円 (税+送料+振替手数料込)
★★ 学生の方:1,800円 (税+送料+振替手数料込)

●お名前、部数、郵便番号、ご住所、電話番号を記載の上、下記アドレスへメールでお願いいたします。

●申し込みアドレス:f-onishi@m3.kcn.ne.jp

●郵便振替票を同封してお送りいたします。本が到着しましたら、お振込みください。

【書籍概要】

(続きを読む…)

「令和2年度 第28回リバーフロント研究所研究発表会(2020年12月16日~)」ご案内

第28回リバーフロント研究所研究発表会プログラム

公益財団法人リバーフロント研究所より今年度の研究発表会のご案内です。

令和2年度研究発表会は、令和2年12月16日(水)13:00よりオンデマンド配信で開始いたします。

 なお、「第28回リバーフロント研究所研究発表会」は土木学会継続教育(CPD)制度のプログラムに認定されています。

 CPDを希望される方は、認定にあたり、開催・公開日時から2か月以内(令和3年2月15日まで)に履修手続きが必要です。

 履修方法についてご案内致しますので、視聴前にメールでお申込みください。

・タイトル【研究発表会CPD申込み】
・本文【①ご所属 ②役職 ③氏名 ④電話番号 ⑤メールアドレス】を記載の上、(kenpatsu@rfc.or.jp)までお申込みください。

  • 問い合わせ:  公益財団法人リバーフロント研究所 企画グループ 水草、渡邉

         TEL:03-6228-3862  E-mail:kenpatsu@rfc.or.jp

「RRC(英国河川再生センター)の最新会報(Bulletin) 2020年11月号」ご紹介

RRCの最新会報 2020年11月号(英語版 PDF 1.1MB)

  RRC(英国河川再生センター)の最新会報(2020年11月号)がRRC事務局より届きました。

 本号では、2021年前半にRRCが主催する4回の研修の案内、市民科学の効果計測プロジェクトの紹介、また英国における河川再生に関わる行事やニュースが紹介されています。

the River Restoration Centre Bulletin 2020年11月号(英語版PDF 1.1MB) ダウンロード

1 


会員からのお知らせ

このページでは、JRRN会員からのお知らせや、海外関係機関からの案内等を紹介しています。
本ページで紹介したい情報をお持ちの方は、いつでも情報をお寄せ下さい。

過去記事検索

カレンダー

2020年12月
« 11月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近のコメント

月別アーカイブ

>> 会員からのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針