Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

行事報告

< 記事のページ >

Asian River Restoration Network 設立式典 (2006年11月9日)

水辺・流域再生にかかわる国際フォーラム(2006年11月9日)
  ~ Asian River Restoration Network 設立式典~

 01-0031-1.JPG 01-0031-2.JPG
<写真左>著名式典(韓国・中国・日本) <写真右>国際フォーラムの様子

 世界的に自然再生に関する活動や研究が実施されています。今後、より効率的かつ効果的な活動等を実施するためには、 各国内にとどまらず、国内外との情報の交換で知識の共有を図ることが有効であると考えられます。このようなネットワークの必要性に関 する議論は2006年3 月に開催された世界水フォーラムにおいても中国、韓国、日本、マレーシア等の国々の代表者により議論が展開されて きました。
 当フォーラムは、第4 回世界水フォーラム「自然再生分科会」での提言を踏まえて、中国、韓国、日本の3カ国を軸にしたアジア河川・ 流域再生情報ネットワーク「Asian River Restoration Network(ARRN)」の正式な設立を目的として開催されました。フォーラムでは、ARRN の正式設立を確認するとともに、その意義、有用性、活動内容等、組織概要など、広くARRNの活動についてご紹介しました。

                           議事次第
開会  
主催者挨拶  竹村公太郎 (財)リバーフロント整備センター  
来賓挨拶    久保田勝 国土交通省河川局

ARRN設立式
 
ARRNの趣旨概要と経緯説明
(財)リバーフロント整備センター(ARRN事務局)  
登録署名式

水に関する国際ネットワークの紹介

ヨーロッパのネットワーク活用と河川政策の今
  ヨルモラ ユッカ フィンランド環境研究所
International Network for Water and Ecosystem in Paddy Fieldsの活動概要
  鈴木篤 農林水産省 農村振興局
International Flood Networkの概要
  解良一夫 (社)国際建設技術協会
Network of Asian River Basin Organization の概要
  進藤裕之 アジア河川流域機関ネットワーク
Asia-Pasific Water Forumの概要
  横田妙子 日本水フォーラム

講演兼総合討論
 ARRNの活動概要説明   ARRN事務局
 中国の河川再生について  リャオ ウェンゲン 中国水利水電科学研究院水環境研究所
 韓国の河川再生について  キム チャンワン  韓国水利水電科学研究院水資源研究部
 日本の河川再生について  
   原田昌直 国土交通省河川局河川環境課、中村圭吾 (独)土木研究所水環境グル-プ
 マレーシアの河川再生について  チョウ ウェンケオン マレーシア灌漑排水局河川部

 ※各講演タイトルをクリックすると講演資料を閲覧いただけます。

    
     このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

コメント投稿(承認後公開)

トラックバック

トラックバックURL: http://jp.a-rr.net/jp/activity/public/6/trackback



運営方針・個人情報保護方針