Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

国内団体

< カテゴリー: 公益法人 >

一般社団法人 ClearWaterProject

miniJRRN.jpg






→「一般社団法人 ClearWaterProject」ホームページへ

子供達が目を輝かせて飛びこんでいくような川、海、湖を未来の世代に!
ClearWaterProjectは、水辺環境の問題点、改善活動を “見える化” するWeb・スマートフォンサービス「AQMAP」を提供しています。

【JRRNとの関わり】
河川再生の「見える化」に関わる知見や、一般向けの川に関わる情報発信のあり方などの助言を頂いております。

一般社団法人 高梁川流域学校

miniJRRN.jpg

→「一般社団法人 高梁川流域学校」ホームページへ

一般社団法人高梁川流域学校は、岡山県西部を流れる一級河川高梁川流域の自然、歴史文化、産業などをテーマとして、自然環境の保全、地域の歴史文化の継承、地域産業の発展を支援して、持続可能な地域づくりと地域人材の育成を目的とした団体です。

青森県産業技術センター内水面研究所

miniJRRN.jpg

→「地方独立行政法人 青森県産業技術センター内水面研究所」ホームページへ

青森県産業技術センター内水面研究所は、青森県の内水面漁業振興のために、淡水漁養殖指導や研究、魚病診断、青森県内の湖沼河川の水産動植物の増殖指導や研究、及び環境調査などを行っている組織です。

公益社団法人 日本河川協会

miniJRRN.jpg







 →「公益社団法人 日本河川協会」ホームページへ

国民にとって安全・快適で自然豊かな川をめざして、河川に関する情報の交流・知識の普及、および河川の整備、民間の河川愛護活動などを支援することにより、河川文化の発展に寄与し公共の福祉の増進を図ることを目的として活動する公益団体です。

【JRRNとの関わり】
河川再生に関わるイベント情報をご提供頂くとともに、JRRN主催行事の広報にもご協力頂いております。

独立行政法人 水資源機構

miniJRRN.jpg
 →「独立行政法人 水資源機構」ホームページへ
 水の安定的な供給の確保を図ることを目的に、利根川、荒川、豊川、木曽川、淀川、吉野川及び筑後川において、各水系の水資源開発基本計画に基づく水資源の開発や関連施設の建設・維持管理を行う機関です。


【JRRNとの関わり】
 JRRNが2008年2月に加入したNARBO(アジア河川流域情報機関ネットワーク)の事務局を担っており、ネットワーク運営や水環境再生の知見・教訓等の相互交換を目指します。

財団法人 リバーフロント整備センター

miniJRRN.jpg
 →「財団法人 リバーフロント整備センター」ホームページへ
 水辺及び河畔に関して、そのあり方、保全、利用と整備、生態の保全と回復等の調査研究及び技術開発を総合的に実施し、かつ、その成果を幅広く社会に活用して、安全で、豊かな潤いのある国土の整備に資することを目的とする組織です。


【JRRNとの関わり】
 ARRN及びJRRNの事務局を担当しています。

財団法人 河川環境管理財団

 →「財団法人 河川環境管理財団」ホームページへ
 河川環境の整備・保全に関する総合的な調査研究、研究成果の活用も踏まえた各種啓発活動、河川公園等の管理、河川整備基金の運営などを実施し、国民の生活環境の向上に寄与することを目的に活動する機関です。


【JRRNとの関わり】
 ARRN主催「第4回水辺・流域再生に関わる国際フォーラム」(2007.11東京)は河川整備基金の助成を受けて実施させて頂きました。

社団法人 建設コンサルタンツ協会

 →「社団法人 建設コンサルタンツ協会」ホームページへ
 建設コンサルタントのProfessional Identityの確立に向け、会員各社の専門的な知識・経験を有する人材により運営される組織です。


【JRRNとの関わり】
 有識者会議を通じ、ARRN/JRRNの運営に助言を頂いております。

1 


国内団体

このページでは、JRRN団体会員及びJRRNと関わりのある日本国内の団体情報を紹介しています。


運営方針・個人情報保護方針