Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

ニュースメール(週刊)

< 記事のページ >

JRRN ニュースメール 第48号

当ニュースメールは、複数のメールアドレスを配信先に登録可能です。
ご希望がございましたら『info@a-rr.net』までご連絡ください。
また、皆様のこんなニュース報道を集めて欲しい、こんな情報を発信して欲しい等
の要望も随時受け付けております。
ご要望がございましたら、『info@a-rr.net』までご連絡下さい。

◇今週のメニュー◇
【1】JRRN事務局からのお知らせ

●第4回水辺・流域再生に関わる国際フォーラム開催のお知らせ(2007.11.30)
 Asian River Restoration Network (ARRN)主催「第4回水辺・流域再生に関わる
 国際フォーラム ?垢鼎?蠅伐論遒諒歔粥?得検廚2007年11月30日に全国都市
 会館(東京)にて開催されます。プログラムの詳細や参加申込方法は以下をご覧
 下さい。皆様のご参加をお待ちしております。
 詳しくはこちらから→http://www.a-rr.net/jp/info/letter/information/309.html

●「JRRN Newsletter No.6(2007年11月)」が発行されました。
 JRRN Newsletterの第6号では、先月開催しましたJRRN共催イベント「川からの都
 市再生?耋僉?睛沙圈^Σ蓮廚侶覯綿鷙陲筺▲泪譟璽轡△硫論郢?陲亡悗垢覺鷙
 記事などが紹介されています。
 詳しくはこちらから→http://www.a-rr.net/jp/info/letter/newsletter/323.html

●ただいま「エコ検定」と「エコユニット登録事業」の受付中!!
○エコ検定(環境社会検定試験)とは…
 ・環境に関する技術やモノづくりは日々研究が進み、社会としてのシステムづくりも
  着々と進められています。しかし、それらを動かし、享受するのはまさに“人”で
  す。環境に対する幅広い知識をもち、社会の中で率先して環境問題に取り組む“人
  づくり”、そして環境と経済を両立させた「持続可能な社会」を目指すのが「環境
  社会検定試験R(eco検定)」です。
 ・お問い合わせは 東京商工会議所 検定センター(03-3989-0777)
 ・詳しくはこちらから→ http://www.kentei.org/eco/index.html#ecotoha
○エコユニット登録事業とは…
 ・エコユニットとは、業種・事業内容にとらわれず、また、参画人数、規模の区別
  なく”環境に関する基本的な幅広い知識を持って”活動する人たちの集まりです。
 ・eco検定合格者=”エコピープル”2名以上が中心となって積極的に環境活動を
  行う仲間を募り、事業所(支店・営業所や部署単位でも可)、団体、サークルな
  どを≪エコユニット≫として登録いただき、環境に対する取り組みを対外的にア
  ピールしていただく仕組みです。
 ・この仕組みをとおして、環境活動を推進していくことが、地域の環境保全・再生
  や企業のCSR活動に結びついていきます。
 ・詳しくはこちらから→ http://eco-people.jp/unit/index.html

●「水辺のミュージアム」が発行
 JRRNの事務局を務める財団法人リバーフロント整備センターより、「水辺」にかかわる
 資料館・博物館を紹介した冊子「水辺のミュージアム」が発行されました。
 本冊子をご希望の方は以下のホームページをご参照ください。
 URL: http://www.a-rr.net/jp/news/books/270.html


【2】河川・流域に関する最新記事(2007年10月30日~11月1日)

■水辺全般■

●せせらぎ囲み ふれ合う場を
    タウンニュース – 2007年11月1日
記事全文→    http://www.townnews.co.jp/020area_page/02_fri/01_taka/2007_4/11_02/taka_top1.html

●4日に三条市月岡地内の五十嵐川河川敷で五十嵐川漁協が約15年ぶりにサケ祭り
    ケンオー・ドットコム – 2007年11月1日
記事全文→    http://www.kenoh.com/2007/11/01sake.html

●三峰川を題材に写生大会 秋空の下で豚汁も満喫
    伊那毎日新聞 – 2007年10月30日
記事全文→    http://inamai.com/news.php?c=kyofuku&i=200710291350550000023742

●千保川」の歴史学ぶ 高岡で連続講座始まる
    富山新聞 – 2007年10月30日
記事全文→    http://www.toyama.hokkoku.co.jp/_today/T20071031204.htm

●第12回世界湖沼会議で第5回いばらき霞ヶ浦賞を授与
    茨城県 – 2007年10月30日
記事全文→    http://www.pref.ibaraki.jp/hotnews/2007_10/20071031_01/

●いかだ手作り 川下り1.5キロ成功
    山陰中央新報 – 2007年11月1日
記事全文→    http://www.sanin-chuo.co.jp/hobby/modules/news/article.php?storyid=444852085

●秋篠宮さまご臨席 「湧水を未来へ」 大野で保全フォーラム
    福井新聞 – 2007年10月30日
記事全文→    http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news2/article.php?storyid=2194

■都市の水辺■

●弘前公園の堀に岩木川から導水
    東奥日報 – 2007年11月1日
記事全文→    http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2007/20071101163021.asp

■生態系■

●サツキマスまた会おう 竜洋西小児童が放流
    静岡新聞 – 2007年11月1日
記事全文→    http://www.shizushin.com/local_west/20071031000000000041.htm

●人工湿地に植生定着せず
    中国新聞 – 2007年10月31日
記事全文→    http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200711010024.html

●絶滅危惧アサザ、つがる市で発見
    北海道新聞 – 2007年10月30日
記事全文→    http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki/58032.html

●ふ化が楽しみ 登別 児童がサケ採卵体験
    北海道新聞 – 2007年10月30日
記事全文→    http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki/58079.html

●豊かな水環境願いアマゴ放流 駒ケ根市    長野日報 – 2007年10月30日
    http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=8776

■水質■

●海南省、環境にやさしい省を目指して
    朝日新聞 – 2007年11月1日
記事全文→    http://www.asahi.com/international/jinmin/TKY200711010224.html

●環境汚染の進む中国で、先天的に障害がある新生児が増加
    AFPBB News – 2007年10月30日
記事全文→    http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2304825/2296803

    
     このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

コメント投稿(承認後公開)

トラックバック

トラックバックURL: http://jp.a-rr.net/jp/activity/newsmail/111.html/trackback


ニュースメール(週刊)

このページでは、これまで配信したJRRNニュースメールのバックナンバーを掲載しています。

過去記事検索

カレンダー

2021年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近のエントリー

最近のコメント

月別アーカイブ

>> ニュースメール(週刊) トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針