Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

刊行物

< 記事のページ >

「第13回国際河川シンポジウム(2010.10.11-14豪州)参加報告」(2010年10月22発行)

01-0170.jpg
第13回国際河川シンポジウム参加報告(PDF3.9MB)


●冊子名:「第13回国際河川シンポジウム(2010.10.11-14オーストラリア開催)参加報告書」   
●作成者: JRRN事務局   
●発行年月日: 2010年10月22日

 2010年10 月11 日(月)~14日(木)にかけて、オーストラリア国パース市で開催された「第13回国際河川シンポジウム(International Riversymposium)」の参加報告が完成しました。  ご活用頂ければ幸いです。

<参加報告目次>
  1. はじめに(参加目的)
  2.「国際河川シンポジウム(International Riversymposium)」とは?
  3.「第13回国際河川シンポジウム」の討議テーマ
  4. 主要行事 及び 主なセッションの参加報告
  5.“Riverprize”の概要 及び 2010年の受賞河川
  6.. 展示ブースの紹介
  7. シンポジウム運営面のノウハウ紹介

 →「第13回国際河川シンポジウム参加報告書」ダウンロードはこちら (PDF 3.9MB)
 →本行事の開催報告概要はこちら

    
     このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

コメント投稿(承認後公開)

トラックバック

トラックバックURL: http://jp.a-rr.net/jp/activity/publication/16/trackback


刊行物

このページでは、これまでJRRNが刊行した河川再生手引きや事例集、行事講演録や写真集等を掲載しています。


運営方針・個人情報保護方針