Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

刊行物

< 記事のページ >

「河川技術が果たすイノベーションと社会貢献」国際シンポジウム講演録(2016年3月発行)

講演録(日英版)のダウンロードはこちらをクリック (PDF 38MB)

  •  冊子名: 「河川技術が果たすイノベーションと社会貢献」国際シンポジウム講演録
  • 発行: “河川技術が果たすイノベーションと社会貢献”実行委員会
  • 発行年月日: 2016年3月

 2015年11月28日(土)にJRRN共催により京都市で開催されました「河川技術が果たすイノベーションと社会貢献」国際シンポジウムの講演録(日英版)電子版が公開されました。

 本講演録には、開会挨拶、セッション1「河川・水域の防災に関するイノベーション」の5講演、セッション2「環境・水利用に関するイノベーション」の5講演、及びセッション3「総合討論」と閉会挨拶が日本語と英語で掲載されています。

「河川技術が果たすイノベーションと社会貢献」国際シンポジウムのダウンロードはこちら (PDF 38MB)

    
     このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

コメント投稿(承認後公開)

トラックバック

トラックバックURL: http://jp.a-rr.net/jp/activity/publication/169/trackback


刊行物

このページでは、これまでJRRNが刊行した河川再生手引きや事例集、行事講演録や写真集等を掲載しています。


運営方針・個人情報保護方針