Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

JRRNからのお知らせ

< 記事のページ >

『第10回「小さな自然再生」現地研修会 in 秋田・斉内川(2020年11月24日)』ご案内

第10回「小さな自然再生」現地研修会 案内チラシ(PDF 982KB)

※本研修会は定員に達しましたので受付を終了しました。

 第10回「小さな自然再生」現地研修会を、2020年11月24日(火)に秋田県大仙市にて開催致します。

 本研修会では、2018年10月に設置した2基のバーブ工周辺の河道内地形変化や生物生息状況を座学と現地実習を通じて評価し、川づくりのモニタリングについて参加者とともに学びます。

 なお、今年度の現地研修会は、新型コロナウイルス感染防止のため、参加人数を縮小し、感染防止対策を徹底した上で開催致します。(令和2年度河川基金助成事業)

第10回「小さな自然再生」現地研修会 秋田県大仙市・斉内川

【日時】令和2年11月24日(火)10:00~16:30

【主催】(公社)全国土木コンクリートブロック協会 東北地区協議会 秋田県支部、「小さな自然再生」研究会、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)

【協力】秋田県建設部河川砂防課、奥山ボーリング株式会社

【会場】道の駅なかせん 1階 情報センター (秋田県大仙市長野字高畑95-1)

【対象】小さな自然再生に関心のある方々

【定員】30名 (申込先着順)

※本研修会は定員に達しましたので受付を終了しました。

【参加費】無料

【持ち物】胴長靴(ウェーダー)または長靴、防寒着、昼食、マスク

【その他】

 ・土木学会CPD認定プログラム(申請中:5.5単位)
 ・新型コロナウイルス感染防止のため、参加者はマスクの着用をお願いします。
 ・公益財団法人河川財団による河川基金の助成を受けて実施します。

【プログラム】 

(10:00-12:00) 川づくりのモニタリングに関する座学研修

  • 開会挨拶(土屋信行:日本河川・流域再生ネットワーク/公益財団法人リバーフロント研究所)

       (高野仁:公益社団法人全国土木コンクリートブロック協会東北地区協議会秋田県支部)

  • 斉内川におけるバーブ工設置の経緯説明(佐々木英樹: 秋田県建設部河川砂防課)
  • 生物モニタリングと生息地評価(三橋弘宗:兵庫県立大学自然・環境科学研究所/兵庫県立人と自然の博物館)
  • 河川の地形と物理環境のモニタリング・評価(原田守啓:岐阜大学流域圏科学研究センター)

(12:00~13:00)各自昼食

(13:00~15:30)現地実習(生物及び河道内地形の簡易調査等) 

  • 技術指導:三橋弘宗(同上)、原田守啓(同上)、岩瀬晴夫(株式会社北海道技術コンサルタント)

   ※水中カメラでのバーブ周辺撮影&観察、ハビタット毎の底生動物観察、地形や流れのモニタリング等

(15:30~16:30)斉内川上流部のすずかけバーブ工視察 

  • 現地説明:手代木賢治(共和コンクリート工業株式会社)

(16:30)閉会 

※斉内川上流部現地解散

 【参加申込方法】

 以下の案内チラシ裏面の必要項目をEmailで送付、または申込書に記入しFAXでお申込み下さい。

申込〆切: 2020年11月18日(水)午後5時まで(申込多数の場合は先着順とさせて頂きます)

水辺でできる「小さな自然再生」の更なる普及に向け、皆様のご参加をお待ちしております。

※現地研修会案内チラシはこちら(PDF 982KB)

    
     このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

コメント投稿(承認後公開)

トラックバック

トラックバックURL: http://jp.a-rr.net/jp/news/info/1173.html/trackback


JRRNからのお知らせ

このページでは、JRRNやARRNによる主催・共催行事や出版の案内、その他事務局からのお知らせを掲載しています。

過去記事検索

カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近のエントリー

最近のコメント

>> JRRNからのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針