Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

JRRNからのお知らせ

< 記事のページ >

『第12回「小さな自然再生」現地研修会 in 東京・善福寺川(2021年11月14日)』ご案内

第12回「小さな自然再生」現地研修会 案内チラシ(PDF 906KB)

 第12回「小さな自然再生」現地研修会を、2021年11月14日(日)に東京都中野区の神田川支流・善福寺川にて開催致します。

 本研修会では、川との触れ合いの機会が少ない中野区の子ども達と川で学び遊ぶ時間を過ごしながら、都市河川で今後新たにできることについて考えます。

 なお、本行事は、新型コロナウイルス感染防止のため、参加人数を縮小し、感染防止対策を徹底した上で開催致します。このため、開催地周辺の親子を優先してご参加頂きますが、地元以外の方々の参加申込も受け付けます。(令和3年度河川基金助成事業)

第12回「小さな自然再生」現地研修会 東京都中野区・善福寺川

日時】令和3年11月14日(日)12:30~16:00

【主催】青少年育成鍋横地区委員会、「小さな自然再生」研究会、日本河川・流域再生ネットワーク

【後援】中野区

【会場】鍋横区民活動センター、神田川流域・善福寺川 朝日橋~光明橋間

【対象】青少年育成鍋横地区委員会「わくわく隊」メンバー(小学4年生以上)と保護者、小さな自然再生に関心のある方々

【定員】40名 (申込先着順)

【参加費】無料

【持ち物】アクアシューズ(滑らない靴)、防寒着、マスク
  ※主催者側で「救命胴衣」と「ヘルメット」を用意します

【その他】
・新型コロナウイルス感染防止のため、参加者はマスクの着用をお願いします。
・悪天候の場合には生き物観察会は行わず、鍋横区民活動センターにおいて座学のみとさせて頂きます。
・消毒液の設置等、主催者側でも感染拡大防止対策を行います。
・公益財団法人河川財団による河川基金の助成を受けて実施します。

【プログラム】 

<第1部:神田川について学ぶ>

(12:30)開会挨拶 (小宮山たかし:青少年育成鍋横地区委員会副委員長)

(12:35~13:25) 神田川について(座学研修)

・神田川の昔(関正行:千代田町会長 )
・神田川に暮らす生きものたち(白尾豪宏:公益財団法人リバーフロント研究所)、質疑応答

<第2部:善福寺川での自然観察会>

(13:30~14:10) 神田川沿いを歩きながら善福寺川へ移動(徒歩)

(14:10~15:30) 善福寺川での自然観察会

 ■現地指導:白尾豪宏(同上)、池田裕一(公益財団法人リバーフロント研究所)、岩瀬晴夫(株式会社北海道技術コンサルタント)

・善福寺川に入り、専門家を交えて参加者で水生生物を観察します。

(15:30~16:00)鍋横区民活動センターへ移動(徒歩)

(16:00)閉会

【参加申込方法】

 以下の案内チラシ裏面の必要項目をEmailでお申込み下さい。

申込〆切: 令和3年11月10日(水) 17:00まで(申込多数の場合は先着順とさせて頂きます)

水辺でできる「小さな自然再生」の更なる普及に向け、皆様のご参加をお待ちしております。

現地研修会案内チラシはこちら(PDF 906KB)

    
     このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

コメント投稿(承認後公開)

トラックバック

トラックバックURL: http://jp.a-rr.net/jp/news/info/1227.html/trackback


JRRNからのお知らせ

このページでは、JRRNやARRNによる主催・共催行事や出版の案内、その他事務局からのお知らせを掲載しています。

過去記事検索

カレンダー

2021年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近のエントリー

最近のコメント

月別アーカイブ

>> JRRNからのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針