Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

JRRNからのお知らせ

< 記事のページ >

JRRN後援「遠賀堀川の未来を拓くシンポジウム2013(2013年7月27日)」開催速報

シンポジウムオープニングで放映された遠賀堀川紹介動画(約2分)
「制作: 筑波大学白川(直)研究室 坂本貴啓・鴨志田穂高」

オープニング

主催者挨拶

基調講演

学生提案

伝統芸能披露

パネルディスカッション

閉会式

JRRN後援『遠賀堀川の未来を拓くシンポジウム2013』が、2013727日(土)に福岡県遠賀郡水巻町にて地元有志の力を結集して開催され、200名を超える参加者とともに、地域に愛される遠賀堀川の未来について語り合いました。

本行事は、産官学民の地域が一体となった遠賀堀川再生に向けた新たな取組みのキックオフであり、今後の様々な活動の展開に期待するとともに、JRRNも本活動への応援を通じ、各地域に相応しい河川再生の技術や仕組みづくりの発展に寄与してまいります。

 本シンポジウムの講演資料及び講演録などは、主催・共催団体の協力を得て、後日改めて本ページでご紹介させて頂きます。

○行事名:  遠賀堀川の未来を拓くシンポジウム2013
○開催日時: 平成25年7月27日(土) 13:00 – 17:00
○開催場所: 水巻町中央公民館(福岡県遠賀郡水巻町)
○プログラム
13:00 開会・挨拶
13:10 基調講演 『遠賀堀川の歴史と変遷』  元遠賀川河川事務所長・松木洋忠
13:50 活動報告 『遠賀堀川再生への取り組みと夢』  堀川再生の会・五平太 会長・中村恭子
14:10 学生提案 『フットパスによる遠賀堀川周辺の地域活性化』 北九州市立大学廣川研究室(坂本裕基)
14:25 学生提案『遠賀堀川の個性を活かした水辺空間』             筑波大学白川(直)研究室(坂本貴啓,田中聡大,鴨志田穂高,能登江梨香,中前千佳,小口春菜)
14:55 休憩
15:00 講演 『河川環境と流量』                     筑波大学准教授・白川直樹
15:25 講演 『河川環境と景観構築』                九州大学教授・島谷幸宏
15:55 休憩
16:00 パネルディスカッション 『遠賀堀川の未来を語る』
パネリスト          松木洋忠、中村恭子、白川直樹、島谷幸宏
コーディネーター             北九州市立大学教授・内田晃

○主催: 堀川再生の会・五平太
○共催: 水巻町,北九州市立大学都市政策研究所,筑波大学白川(直)研究室
○後 援: 国土交通省遠賀川河川事務所,福岡県北九州県土整備事務所 ,北九州市 ,中間市 ,北九州市八幡西区自治総連合会,古賀河川図書館, 遠賀川水辺館,NPO法人遠賀川流域住民の会,なかま川づきあい交流会,宮若川づくり交流会,九州産業考古学会,なかまの環境を良くする会,日本産業技術史学会九州支部,筑豊近代遺産研究会,嘉飯山郷土研究会, 北九州市の文化財を守る会,八幡郷土史会,折尾郷土史会,水巻町郷土史研究会,水巻町社会福祉協議会,若松郷土史研究会,おうちShop,葦平と河伯洞の会,紫川を愛する会,折尾高校同窓会北陵会,おりお東筑会,めだかの会,おりお未来21協議会,日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)

※本行事は、北九州市の遠賀川環境保全活動団体支援助成を受けて開催されました。

→シンポジウム講演録はこちら ※準備中

遠賀堀川の案内動画はこちら(約2分)

案内チラシはこちら(PDF1.3MB)

福岡県の開催報告紹介ページはこちら(福岡県ホームページへジャンプ)

    
     このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

コメント投稿(承認後公開)

トラックバック

トラックバックURL: http://jp.a-rr.net/jp/news/info/315.html/trackback


JRRNからのお知らせ

このページでは、JRRNやARRNによる主催・共催行事や出版の案内、その他事務局からのお知らせを掲載しています。

過去記事検索

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近のエントリー

最近のコメント

>> JRRNからのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針