Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

JRRNからのお知らせ

< 記事のページ >

「第10回ARRN水辺・流域再生に関わる国際フォーラム」開催のご案内 (2013.9.10中国・成都)

第10回ARRN国際フォーラム案内チラシ 英語版(PDF 78KB)

  本年で10回目となるARRN主催行事『水辺・流域再生にかかわる国際フォーラム』を、2013年9月10(火)に中国成都市にて開催致します。

 本フォーラムは、参加国それぞれの水辺・流域再生に関する最新情報や課題等の発表を通じ、技術の共有・向上を図ることを目的に実施しているもので、今回は「中小河川における包括的管理」をテーマとして、中国・韓国・日本から情報提供が行われます。

 講演資料を含む本行事の成果は、本ホームページを通じても後日皆様にご紹介させて頂きます。

 第10回ARRN水辺・流域再生に関わる国際フォーラム

(1) 日時: 2013年9月10日(火) 13:30~17:00
(2) 場所: インターコンチネンタル センチュリー シティ 成都(中国成都市)
(3) 主催: アジア河川・流域再生ネットワーク、中国河川・流域再生ネットワーク
(4) 後援: JRRN, KRRN 他
(5) テーマ:中小河川における包括的管理(Comprehensive Treatment of Small & medium-sized rivers)
(6) プログラム:
-13:30-13:50 開会挨拶等
-13:50-14:30 中国による講演 (CRRN: 同済大學 李建華教授)
  演題:魚類の生息地研究からの河川再生へのインスピレーション
-14:30-15:10 日本による講演 (JRRN: 土屋信行代表)
  演題:日本における失われた河川の再生
-15:40-16:20 韓国による講演 (KRRN: KICT YongUk Ryu、Daejin大学  SukHwan Jang教授)
  演題:運河再生の応答予測と適用性分析
-16:20-17:00 中国による講演 (CRRN: IWHR  Xiaosong Wang教授)
  演題:中小河川の再生事例調査とレビュー
-17:00-17:10 閉会

第10回国際フォーラムの案内チラシはこちら 英語版(PDF78KB)

<過去の国際フォーラムはこちらから>

第9回国際フォーラム(2012年)の結果報告はこちら(中国・北京市にて開催)
第8回国際フォーラム(2011年)の結果報告はこちら(日本・東京にて開催)
第7回国際フォーラム(2010年)の結果報告はこちら(韓国・ソウル市にて開催)
第6回国際フォーラム(2009年)の結果報告はこちら(韓国・ソウル市にて開催)
第5回国際フォーラム(2008年)の結果報告はこちら(中国・北京市にて開催)
第4回国際フォーラム(2007年)の結果報告はこちら(日本・東京にて開催)
第3回国際フォーラム(2006年)の結果報告はこちら(日本・東京にて開催)

    
     このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

コメント投稿(承認後公開)

トラックバック

トラックバックURL: http://jp.a-rr.net/jp/news/info/333.html/trackback


JRRNからのお知らせ

このページでは、JRRNやARRNによる主催・共催行事や出版の案内、その他事務局からのお知らせを掲載しています。

過去記事検索

カレンダー

2019年1月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近のエントリー

最近のコメント

>> JRRNからのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針