Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

JRRNからのお知らせ

< カテゴリー: JRRN行事開催案内 >

『第22回「小さな自然再生」現地研修会 in滋賀県東近江市・愛知川流域農業排水路(2023年11月12日)』ご案内

第22回「小さな自然再生」現地研修会 案内チラシ(PDF 1.2MB)

 第22回「小さな自然再生」現地研修会を、2023年11月12日(日)に滋賀県東近江市を流れる愛知川に流入する小さな水路にて開催致します。

 本研修会では、どこにでもある小さな水路をエコアップし、さらには地域の子どもたちの水辺の環境教育の場にできないものか、企業が担える小さな自然再生でできることを考え実践します。(令和5年度河川基金助成事業)

第22回「小さな自然再生」現地研修会 滋賀県東近江市・愛知川流域農業排水路

【日時】令和5年11月12日(日) 9:30~16:00

【主催】株式会社IHI、「小さな自然再生」研究会、日本河川・流域再生ネットワーク、滋賀県立大学環境科学部・瀧研究室

【後援・協力】滋賀県(予定)、東近江市(予定)、特定非営利活動法人里山保全活動団体 遊林会、愛知川沿岸土地改良区(予定)、 公益財団法人リバーフロント研究所

【会場】滋賀県東近江市建部北町 <座学:河辺いきものの森ネイチャーセンター/現地:水路>

【対象】小さな自然再生に関心のある方々

【定員】40名程度 (申込先着順)

【参加費】無料

【持ち物】胴長靴(ウェーダー)、作業用手袋、昼食、飲み物、雨具

【その他】

・少雨決行ですが、悪天候の場合は室内プログラムに変更して開催します。
・公益財団法人河川財団による河川基金の助成を受けて実施します。
・主催者側で行事保険に加入いたします。

【プログラム】

(9:30~11:00小さな自然再生の座学研修 @ネイチャーセンター

-       開会挨拶

-       IHIによる小さな自然再生の挑戦(吉田公亮:株式会社IHI 技術開発本部 技術企画部)

-       川ガキ育成に向けた取組(熊木香:特定非営利活動法人 里山保全活動団体 遊林会)

-       愛知川における小さな自然再生の取組(村山邦博:愛知川漁業協同組合)

-       森里川湖をつなぐ愛知川について(丸橋裕一:東近江市 環境部 森と水政策課)

(11:00~12:00食 及び 現地移動

(12:00~14:30) 小さな自然再生の実践 @愛知川に流入する水路

-  愛知川合流点から河辺いきものの森までを遡上しながら、小さな自然再生について議論し見試しします

 ■現地講師:瀧健太郎(滋賀県立大学環境科学部)、岩瀬晴夫(株式会社北海道技術コンサルタント)、白尾豪宏(公益財団法人リバーフロント研究所)

(14:30~16:00小さな水路でできることを考える座学研修 @ネイチャーセンター

(16:00)閉会 

 

【参加申込方法】  ※参加申込受付を終了しました(2023.11.6)

以下の案内チラシ裏面の必要事項を添えて申込先までお申し込みください。

→ 現地研修会案内チラシはこちら(PDF 1.2MB)

申込〆切: 令和5年11月6日(月) 17:00まで
(申込多数の場合は先着順とさせて頂きます)

【お問合せ】

 日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)事務局 担当:和田・白尾 (info@a-rr.net)

 

水辺でできる「小さな自然再生」の更なる普及に向け、皆様のご参加をお待ちしております。

『第20回「小さな自然再生」現地研修会 in 新潟県魚沼市・只見川水系北ノ又川(2023年11月3日)』ご案内

第20回「小さな自然再生」現地研修会 案内チラシ(PDF 1.3MB)

 第20回「小さな自然再生」現地研修会を、2023年11月3日(金・祝)に新潟県魚沼市を流れる阿賀野川流域只見川水系北ノ又川にて開催致します。

 本研修会では、ここ数年の大雨で埋まりつつある大イワナの大切な生息場である淵(宮の淵)を、バーブ工法により復活を試みます。(令和5年度河川基金助成事業)

第20回「小さな自然再生」現地研修会 新潟県魚沼市・只見川水系北ノ又川

【日時】令和5年11月3日(金・祝) 9:00~16:00

【主催】奥只見の魚を育てる会、「小さな自然再生」研究会、日本河川・流域再生ネットワーク

【協力】新潟県魚沼地域振興局、魚沼市、魚沼漁協銀山分会、徳島大学大学院社会産業理工学研究部 河口研究室、公益財団法人リバーフロント研究所

【会場】新潟県魚沼市<座学:銀山平温泉「白銀の湯」/現地:只見川水系北ノ又川>

【対象】小さな自然再生に関心のある方々

【定員】30名程度 (申込先着順)

【参加費】無料

【持ち物】胴長靴(ウェーダー)、カッパの上着、タオル、帽子、作業用手袋、昼食、飲み物

     ※ライフジャケットの貸出希望の方は裏面の申込時にお伝えください。

【その他】

・研修会場へは車でお越しください。
・少雨決行ですが、悪天候の場合は室内プログラムに変更して開催します。
・全参加者にライフジャケットを着用頂きます。(貸出希望の方は申込時に申請)
・公益財団法人河川財団による河川基金の助成を受けて実施します。
・主催者側で行事保険に加入いたします。

【プログラム】

(9:00~10:20イワナの淵づくりに関わる座学研修 @銀山平温泉「白銀の湯」

-       開会挨拶
-       奥只見の魚を育てる会の取組 (中島 典則:奥只見の魚を育てる会)
-       イワナの生態を知る(河口 洋一:徳島大学大学院社会産業理工学研究部)
-       渓流の瀬淵構造を知る(権田 豊:新潟大学農学部農学科)
-       バーブ工による淵づくりの挑戦(岩瀬 晴夫:株式会社北海道技術コンサルタント)

(10:20~12:00食 及び 移

(11:30~16:30大イワナの淵づくりの実践 @北ノ又川

-       イワナの淵を復活させるためのバーブ工・3基を制作・設置します。

   ■現地技術指導:岩瀬 晴夫(同上)、河口 洋一(同上)、権田 豊(同上)

(16:30)閉会 ※現地解散

 【参加申込方法】

以下の案内チラシ裏面の必要事項を添えて申込先までお申し込みください。

現地研修会案内チラシはこちら(PDF 1.3MB)

申込〆切: 令和5年10月27日(金) 17:00まで

(申込多数の場合は先着順とさせて頂きます)

【お問合せ】

 日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)事務局 担当:和田・白尾 (info@a-rr.net)

 水辺でできる「小さな自然再生」の更なる普及に向け、皆様のご参加をお待ちしております。

『第19回「小さな自然再生」現地研修会 in 滋賀県長浜市・米川(2023年10月15日)』ご案内

第19回「小さな自然再生」現地研修会 案内チラシ(PDF 1.2MB)

 第19回「小さな自然再生」現地研修会を、2023年10月15日(日)に滋賀県長浜市・米川にて開催致します。

 本研修会では、米川とまちなかを実際に歩き、自然環境、まちづくり、流域治水などの観点から「ウォーカブルな米川」の未来像とその具体の方法について参加者とともに考えます。(令和5年度河川基金助成事業)

第19回「小さな自然再生」現地研修会 滋賀県長浜市・米川

【日時】令和5年10月15日(日) 10:00~17:00

【主催】米川よろず会議、「小さな自然再生」研究会、日本河川・流域再生ネットワーク

【協力】滋賀県立大学環境科学部・瀧研究室、公益財団法人リバーフロント研究所

【会場】滋賀県長浜市<座学:北国街道 安藤家/現地:長浜市街地 及び 米川>

【対象】高校生以上の小さな自然再生に関心のある方々

【定員】30名程度 (申込先着順)

【参加費】無料

【持ち物】胴長靴(ウェーダー)、昼食(弁当を事前注文可能 ※チラシ裏面参照)、雨具

     ※胴長の貸出希望の方は申込時にお伝えください。

【その他】

・座学会場はJR長浜駅から徒歩3分です。

・お車でお越しの方は近隣の有料駐車場をご利用下さい。

・少雨決行ですが、悪天候の場合は室内プログラムに変更して開催します。

・公益財団法人河川財団による河川基金の助成を受けて実施します。

・主催者側で行事保険に加入いたします。

【プログラム】   

(10:00~12:30)概要説明、米川&まちウォーク(現地視察)

  ■現地案内・進行:竹村光雄(長浜まちづくり会社)

-      参加者とともに前半は「みち」、後半は「かわ」をフィールドワークしながら「かわ」と「まち」を学びます。

  ※胴長or濡れても良い服装に着替えて移動

(12:30 ~ 13:30)昼

(13:30~17:00) 米川を活かしたまちづくりアイディア会議

  ■ゲスト:岩ヶ谷充(ONE RIVER[愛知県岡崎市])

  -      米川よろず会議のアイディア紹介

  -      議論「米川&長浜 これからのまちづくり」

    (事例紹介:愛知県岡崎市乙川のかわまちづくり)

(17:00)終了・閉会

 

【参加申込方法】

以下の案内チラシ裏面の申し込み先までお申し込みください。

→ 現地研修会案内チラシはこちら(PDF 1.2MB)

申込〆切: 令和5年10月10日(火) 17:00まで

(申込多数の場合は先着順とさせて頂きます)

 

【お問合せ】

 日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)事務局 担当:阿部・和田 (info@a-rr.net)

 

 水辺でできる「小さな自然再生」の更なる普及に向け、皆様のご参加をお待ちしております。

『第21回「小さな自然再生」現地研修会 in 兵庫県豊岡市・出石川(2023年10月20日)』ご案内

第21回「小さな自然再生」現地研修会 案内チラシ(PDF 1.1MB)

 第21回「小さな自然再生」現地研修会を、2023年10月20日(金)に兵庫県豊岡市・円山川流域出石川にて開催致します。

 本研修会では、地域資源のひとつである出石川を、まちづくりや地域活性にどう活かしていけるのか、小さな自然再生でできることを考え実践しながら参加者で愉しく学び合います。(令和5年度河川基金助成事業)

第21回「小さな自然再生」現地研修会 兵庫県豊岡市・円山川流域出石川

 【日時】令和5年10月20日(金) 10:00~16:00

【主催】但東 野あそびくらぶ いつなっと、 コミュニティたかはし たかねっと、「小さな自然再生」研究会、日本河川・流域再生ネットワーク

【協力】滋賀県立大学環境科学部・瀧研究室

【会場】兵庫県豊岡市但東町<座学:高橋地区コミュニティセンター/現地:出石川>

【対象】小さな自然再生に関心のある方々

【定員】40名程度 (申込先着順)

【参加費】無料

【持ち物】川の中で滑らない靴(アクアシューズ、鮎たび等)、作業用手袋、雨具、昼食

【その他】

・研修会場へはお車でお越しください。
・悪天候の場合は、室内プログラムに変更して開催します。
・公益財団法人河川財団による河川基金の助成を受けて実施します。
・主催者側で行事保険に加入いたします。
・主催者側でライフジャケットを用意します。

【プログラム】   

(10:00~11:00小さな自然再生についての座学研修 @高橋地区コミュニティセンター

-開会挨拶

-小さな自然再生のすすめ ~出石川でできることはたくさんある~
 (三橋 弘宗:兵庫県立 人と自然の博物館)

(11:00~11:30出石川の移動 及び 現地活動準備

(11:30~15:30出石川での小さな自然再生の実践 @出石川   ※途中で昼食時間を設けます

  ■現地技術指導:三橋 弘宗(同上)、「小さな自然再生」研究会

水生昆虫の見分け方講座

石組みやバーブ工による手づくりでの魚の棲み家づくり 他

(15:30~16:00片付け 及び 座学研修会場への移動

(16:00)閉会 @高橋地区コミュニティセンター

 

【参加申込方法】 ※居住地により申込方法が異なります

※豊岡市内にお住まいの方・・・

以下の「但東 野あそびくらぶ いつなっと」facebookページ内の案内チラシを通じてお申込み下さい。

  →「但東 野あそびくらぶ いつなっと」案内チラシ(PDF 7MB)

※豊岡市外にお住まいの方・・・

以下のチラシ裏面の申し込み先までお申し込みください。

現地研修会案内チラシはこちら(PDF 1.1MB)

申込〆切: 令和5年10月16日(月) 17:00まで

(申込多数の場合は先着順とさせて頂きます)

 【お問合せ】

 日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)事務局 担当:和田・白尾 (info@a-rr.net)

 水辺でできる「小さな自然再生」の更なる普及に向け、皆様のご参加をお待ちしております。

『第18回「小さな自然再生」現地研修会 in 岡山県和気町・日笠川(2023年9月24日)』ご案内

第18回「小さな自然再生」現地研修会 案内チラシ(PDF 1.3MB)

 ※本行事は、定員に達したため、参加申込受付を終了しました。

第18回「小さな自然再生」現地研修会を、2023年9月24日(日)に岡山県和気町・吉井川流域日笠川にて開催致します。

 本研修会では、日笠川を囲みながら、「小さな自然再生」の手法や地元の川との関りの歴史を専門家や先達から学び、子どもも大人も行政も、川に関わる全ての人が実践できることを模索します。(令和5年度河川基金助成事業)

第18回「小さな自然再生」現地研修会 岡山県和気町・吉井川流域日笠川

【日時】令和5年9月24日(日) 9:00~16:00

【主催】わけっこパーク、「小さな自然再生」研究会、日本河川・流域再生ネットワーク

【後援】和気町、和気町教育委員会

【協力】滋賀県立大学環境科学部・瀧研究室、公益財団法人リバーフロント研究所

【会場】岡山県和気町 <座学:日笠地区公民館/現地:日笠川(座学会場前)>

【対象】小さな自然再生に関心のある方々

【定員】30名程度 (申込先着順)

【参加費】無料

【持ち物】川の中で滑らない靴(アクアシューズ、鮎たび等)、作業用手袋、昼食

【その他】

・研修会場へはお車でお越しください。
・悪天候の場合は、室内プログラムに変更して開催します。
・公益財団法人河川財団による河川基金の助成を受けて実施します。
・主催者側で行事保険に加入いたします。

【プログラム】   

(9:00~10:00小さな自然再生のウォーミングアップ座学研修 @日笠地区公民館

-      開会挨拶
-      日笠川の自然環境(白尾豪宏:公益財団法人リバーフロント研究所)
-      小さな自然再生でできること(瀧健太郎・三橋弘宗・和田彰:「小さな自然再生」研究会)

(10:00-13:00) 小さな自然再生の実践 @座学会場前の日笠川

-      日笠川で持続的に取組むことができる小さな自然再生のノウハウを楽しみながら見試し & 日笠川の生きもの観察

 ■現地指導講師:瀧健太郎(滋賀県立大学環境科学部)、三橋弘宗(兵庫県立人と自然の博物館)

(13:00~14:00

(14:00~16:00日笠川の未来を考える座学研修 @日笠地区公民館

-      地元の先達より日笠川の昔のお話を伺いながら、日笠川の未来について参加者とともに語り合います。

(16:00)閉会 

 

【参加申込方法】 ※居住地により申込方法が異なります

 ※和気町内にお住まいの方・・・

以下の「わけっこパーク」案内チラシに記載の方法でお申込みください。

  → 「わけっこパーク」案内チラシ(PDF 1.1MB)

※和気町外にお住まいの方・・・

以下のチラシ裏面の申し込み先までお申し込みください。

  → 現地研修会案内チラシはこちら(PDF 1.3MB)

 

申込〆切: 令和5年9月19日(火) 17:00 まで

(申込多数の場合は先着順とさせて頂きます)

【お問合せ】

 日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)事務局 担当:和田・白尾 (info@a-rr.net)

 水辺でできる「小さな自然再生」の更なる普及に向け、皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

今年も「小さな自然再生」現地研修会の開催地を募集します!(5月12日応募〆切)

「小さな自然再生」現地研修会の開催地募集チラシ (全4ページ/PDF 1.1MB)

 

 ※今年度の募集は5/12(金)に締め切りました。

5月中を目標に、今年度の開催地を決定させて頂く予定です。 

 

 様々な主体と協働しながら、多種多様な生きものが生育・生息できる環境づくりに取組む仲間を増やし育成することを目的に、今年度も「小さな自然再生」現地研修会(3回程度)を開催します。

 現地の川づくり・流域づくりの担い手の方々、研修会の一般参加者、そして「小さな自然再生」研究会の専門家とともに、身近な水辺でできる小さな自然再生の見試しを通じて、技術やノウハウ、工夫等々を一緒に学ばせて頂くフィールドはありませんか?

 下記募集要項をご確認の上、ご興味のある方はご応募、ご相談をお待ちしております。

「小さな自然再生」現地研修会の開催地を募集します! (5/12応募締切)

【応募条件】 

 水辺の小さな自然再生に関わる取組みを既に実践している、またはこれから取組もうと考えている現場を有する川づくりの担い手の方々。(市民団体、河川管理者、研究者、実務者 etc.)

※ご応募頂いた後、事務局より詳細な面談・調整をさせて頂き、開催地を最終決定します。


【”応募者(地元主催者)”と”JRRN”の主な役割分担】

◇応募者:地元調整(管理者等との調整、会場手配、資材調達、地元広報 等)と運営補助

◇JRRN:専門家推挙・派遣(旅費等の費用負担含む)、会場費や資材等の費用負担、地元外広報、研修会運営・進行、研修会成果とりまとめ・普及 等

 ※研修プログラムは、応募者のご要望を踏まえJRRNや研究会専門家と一緒に考えます。

 

【応募期間 及び 今後のスケジュール】

◇応募期間: 2023年4月14日(金)~5月12日(金)

◇今後のスケジュール:

・~5/12(金): 開催を希望する現場の公募 ※応募者との詳細調整は5/14以降に実施
・~5月末:  各応募者との面談(オンライン形式) ⇒ 開催地を決定(3箇所程度)
・6月~:    企画調整 及び 開催に向けた準備開始
・9月~12月頃: 「小さな自然再生」現地研修会の開催

 

【応募申込み・お問い合わせ】 

氏名、所属、連絡先(住所・電話・e-mail)とともに下記申込先までEメールにてご応募下さい。

(応募申込み先) E-mail: info@a-rr.net

日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)事務局  担当: 和田彰・白尾豪宏

Tel: 03-6228-3861

 

皆様からのご応募をお待ちしております。

 

募集チラシはこちらから (PDF 1.1MB)

※本活動は、公益財団法人河川財団による河川基金の助成を受けて実施します。

『第17回「小さな自然再生」現地研修会 in 霞ヶ浦(2023年1月14日)』ご案内

第17回「小さな自然再生」現地研修会 案内チラシ(PDF 733KB)

 第17回「小さな自然再生」現地研修会を、2023年1月14日(土)に茨城県の霞ケ浦にて開催致します。

 本研修会では、湖の水質改善や湖岸植生帯の保全を目的とした植生浄化施設の生物多様性を更に高め、地域との連携による新たな価値を創造することを目的に、浄化施設導水路と湖の連続性を回復する手づくりの魚道を製作・設置し、この魚道の役割や生物モニタリング方法について、座学と実践を通じて参加者とともに学び合います。(令和4年度河川基金助成事業)

 なお、本行事は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参加人数を制限し、感染防止対策を行った上で開催致します。

 第17回「小さな自然再生」現地研修会 茨城県・霞ケ浦

【日時】令和5年1月14日(土) 9:30~16:00

【主催】特定非営利活動法人水辺基盤協会、「小さな自然再生」研究会、日本河川・流域再生ネットワーク

【協力】国土交通省関東地方整備局霞ヶ浦河川事務所、公益財団法人リバーフロント研究所

【会場】茨城県土浦市 他 <座学:霞ヶ浦河川事務所 土浦出張所/現地:清明川植生浄化施設>

【対象】小さな自然再生に関心のある方々

【定員】30名 (申込先着順)

【参加費】無料

【持ち物】長靴(お持ちの方は胴長)、作業用手袋、防寒着、昼食

【その他】

・新型コロナウイルス感染防止のため、参加者はマスクの着用をお願いします。
・参加者移動のためのバス等は手配しませんので、研修会場へはお車でお越しください。
・消毒液の設置等、主催者側でも感染拡大防止対策を行います。
・悪天候の場合は、翌日1/15(日)に延期して開催します。
・公益財団法人河川財団による河川基金の助成を受けて実施します。
・主催者側で行事保険に加入いたします。

【プログラム】   

(9:30~11:30)小さな自然再生の座学研修

-      開会挨拶

-      清明川植生浄化施設における地域連携と新たな価値の創造
   (小野正人:国土交通省霞ヶ浦河川事務所)

-      清明川植生浄化施設の維持管理活動と環境教育の取組み
   (吉田幸二:NPO法人水辺基盤協会)

-      魚の道の役割と維持管理について
   (岩瀬晴夫:株式会社北海道技術コンサルタント)

-      魚の道の生物モニタリングについて
   (白尾豪宏:公益財団法人リバーフロント研究所)

(11:30~13:00)昼食 及び 清明川植生浄化施設への移動

(13:00-16:00) 魚の道づくりを通じた小さな自然再生の実践 @清明川植生浄化施設

-      魚の道づくり 及び 浄化施設周辺の生物観察

    ■現地技術指導:岩瀬晴夫(同上)、白尾豪宏(同上)

(16:00)閉会 

 【参加申込方法】

以下のチラシ裏面の申し込み先までお申し込みください。

現地研修会案内チラシはこちら(PDF 733KB)

申込〆切: 令和5年1月10日(火) 17:00まで

(申込多数の場合は先着順とさせて頂きます)

【お問合せ】

 日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)事務局 担当:和田・白尾 (info@a-rr.net)

 

水辺でできる「小さな自然再生」の更なる普及に向け、皆様のご参加をお待ちしております。

 

『第16回「小さな自然再生」現地研修会 in 京都府宮津市・大手川(2022年12月11日)』ご案内

第16回「小さな自然再生」現地研修会 案内チラシ(PDF 791KB)

 第16回「小さな自然再生」現地研修会を、2022年12月11日(日)に京都府宮津市の大手川にて開催致します。

 本研修会では、かつて大手川にも生息していた”フナ”をターゲットに、親水公園の生物多様性を高め、また地域の人々の交流拠点として賑わいを復活させるために「小さな自然再生」でできることは何か、座学と実践を通じて参加者とともに学び合います。また、地元で活動に取組む京都府立宮津天橋高等学校フィールド探究部(フィー探)と共に、フィー探から地元地域へ、生き物が好きな人たちへと、川と地域をつなげていくためのアイデアも交換します。(令和4年度河川基金助成事業)

 なお、本行事は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参加人数を制限し、感染防止対策を行った上で開催致します。

 第16回「小さな自然再生」現地研修会 京都府宮津市・大手川

【日時】令和4年12月11日(日) 9:00~16:00

【主催】宮津天橋高等学校フィールド探究部、「小さな自然再生」研究会、日本河川・流域再生ネットワーク

【協力】京都府丹後土木事務所、宮津市教育委員会、公益財団法人リバーフロント研究所

【会場】京都府宮津市 <座学:京都府立宮津天橋高等学校 宮津学舎/現地:大手川・福田地区>

【対象】小さな自然再生に関心のある方々

【定員】50名 (申込先着順)

【参加費】無料

【持ち物】長靴(お持ちの方は胴長)、作業用手袋、防寒着、昼食

【その他】

・新型コロナウイルス感染防止のため、参加者はマスクの着用をお願いします。
・参加者移動のためのバス等は手配しませんので、研修会場へはお車でお越しください。
・消毒液の設置等、主催者側でも感染拡大防止対策を行います。
・悪天候の場合は、午後は室内プログラムを用意しています。
・公益財団法人河川財団による河川基金の助成を受けて実施します。

【プログラム】   ※司会進行: 宮津天橋高等学校フィールド探究部

(9:00-12:30) 小さな自然再生でできることを考える座学研修

-       開会挨拶・趣旨説明

-       水と土砂がつくる川の地形~水の力を活かすバーブ工
  (原田守啓:岐阜大学流域圏科学研究センター)

-       モウソウチクを用いた竹蛇籠魚道の開発と水域連続性の再生
  (山下慎吾:魚山研)

-       フナ類の生息環境について
  (白尾豪宏:公益財団法人リバーフロント研究所)

-       竹蛇籠製作実習
  (山下慎吾:同上)

-       大手川の未来をテーマに意見交換

(12:30~13:30)昼食 及び 福田地区への移動

(13:30~16:00)福田地区親水空間でできる小さな自然再生の実践 及び フィールド探究部の生物調査紹介

 ■現地技術指導:
  原田守啓(同上)、山下慎吾(同上)、岩瀬晴夫(株式会社北海道技術コンサルタント)

(16:00)閉会 ※大手川・福田地区現地解散

 

【参加申込方法】

※宮津市内にお住まいの方・・・宮津天橋高校(チラシ裏面参照)を通じてお申込みください。

※宮津市外にお住まいの方・・・以下のチラシ裏面の申し込み先までお申し込みください。

 ⇒現地研修会案内チラシはこちら(PDF 791KB)

申込〆切: 令和4年12月5日(月) 17:00まで

(申込多数の場合は先着順とさせて頂きます)

【お問合せ】

 日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)事務局 担当:和田・白尾 (info@a-rr.net)

 

 水辺でできる「小さな自然再生」の更なる普及に向け、皆様のご参加をお待ちしております。

『第15回「小さな自然再生」現地研修会 in 徳島県神山町・鮎喰川(2022年9月10-11日)』ご案内

第15回「小さな自然再生」現地研修会 案内チラシ(PDF 938KB)

 ※本行事は定員に達したため、申し込みを締め切りました。(2022.9.3)

 第15回「小さな自然再生」現地研修会を、2022年9月10日(土)~11日(日)の二日間で、徳島県神山町の鮎喰川にて開催致します。

 本研修会では、神山町で受け継がれてきた川遊びの体験を通じて川の文化に触れ合うとともに、地域と鮎喰川のつながりを更に深めていくために「小さな自然再生」でできることは何か、座学と実践を通じて参加者とともに学び合います。(令和4年度河川基金助成事業)

 なお、本行事は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参加人数を制限し、感染防止対策を徹底した上で開催致します。お申込みに際しては、神山町内にお住まいの方は以下の(一社)神山つなぐ公社のホームページを通じて、神山町外にお住まいの方は本ページを通じてよろしくお願い致します。

※一般社団法人神山つなぐ公社HP(神山町内在住の方向けの案内ページ):

 『行こう、鮎喰川!』 川名人と遊び・学び・実践する2日間

第15回「小さな自然再生」現地研修会 徳島県神山町・鮎喰川

日時】令和4年9月10日(土)13:00~19:30、 11日(日)9:00~15:00

【主催】一般社団法人神山つなぐ公社「小さな自然再生」研究会、日本河川・流域再生ネットワーク

【協力】神山町、滋賀県立大学環境科学部・瀧研究室、公益財団法人リバーフロント研究所

【会場】徳島県神山町 <座学:神山町農村環境改善センター/現地:鮎喰川>

【対象】小さな自然再生に関心のある方々

【定員】35名 (申込先着順)

【参加費】無料  ※食事代、宿泊費は各自負担でお願いします。

【持ち物】川の中で滑らない靴(鮎たび等)、作業用手袋、昼食

【その他】

・新型コロナウイルス感染防止のため、参加者はマスクの着用をお願いします。
・参加者移動のためのバス等は手配しませんので、研修会場へはお車でお越しください。
・悪天候の場合には、座学を中心に開催いたします。
・公益財団法人河川財団による河川基金の助成を受けて実施します。

【プログラム】 

9月10日(土)

(12:50) 神山四季の里創造の森 駐車場 集合

(13:00-15:30) <現地研修>神山の先達と川遊びを体験する @鮎喰川・神領地区

(15:30~17:00) 自由時間(休憩) ※移動、着替え、休憩等

(17:00~19:30) <座学研修> 「流域治水」と「小さな自然再生」

・開会挨拶: 
・講演: 流域治水と小さな自然再生(瀧健太郎:滋賀県立大学環境科学部)
・意見交換:小さな自然再生の具体事例を学びながら神山町でできることを考える
     (話題提供:「小さな自然再生」研究会)

9月11日(日)

(9:00~15:00) <現地研修>小さな自然再生の実践 @鮎喰川・広野地区/下分地区/神領地区

鮎喰川の3箇所で、川を耕し、川底を磨き、石を積み、外来種を駆除して、多様な流れと魚の棲み処をつくる

(15:00)閉会 ※神山温泉周辺で現地解散

 

【参加申込方法】

 以下の案内チラシ裏面の必要項目をEmailでお申込み下さい。申し込みを頂いた後、宿泊等の調整のため事務局よりご連絡をさし上げます。

申込〆切: 令和4年9月5日(月) 17:00まで

(申込多数の場合は先着順とさせて頂きます)

 

水辺でできる「小さな自然再生」の更なる普及に向け、皆様のご参加をお待ちしております。

現地研修会案内チラシはこちら(PDF 938KB)

今年も「小さな自然再生」現地研修会の開催地を募集します!(6月10日応募〆切)

「小さな自然再生」現地研修会の開催地募集チラシ (全4ページ/PDF 897KB)

 様々な主体と協働しながら、多種多様な生きものが生育・生息できる環境づくりに取組む仲間を増やし育成することを目的に、今年度も「小さな自然再生」現地研修会(3回程度)を開催します。

 現地の川づくり・流域づくりの担い手の方々、研修会の一般参加者、そして「小さな自然再生」研究会の専門家とともに、身近な水辺でできる小さな自然再生の見試しを通じて、技術やノウハウ、工夫等々を一緒に学ばせて頂くフィールドはありませんか?

 下記募集要項をご確認の上、ご興味のある方はご応募、ご相談をお待ちしております。

「小さな自然再生」現地研修会の開催地を募集します! (6/10応募締切)

【応募条件】 

水辺の小さな自然再生に関わる取組みを既に実践している、またはこれから取組もうと考えている現場をお持ちの川づくりの担い手の方々(市民団体、河川管理者、研究者、実務者 etc.)

※ご応募頂いた後、JRRN事務局より詳細のご相談をさせて頂き、開催について調整させて頂きます。

【”応募者”と”JRRN”の主な役割分担】

◇応募者:現場作業に向けた地元調整(管理者等との事前調整、資材調達、地元広報 等)

◇JRRN:専門家調整(旅費・謝金等の費用負担含む)、座学会場手配(会場費含む)、地元外広報、研修会進行、研修会成果とりまとめ 等

 ※研修プログラムは応募者のご要望を踏まえJRRNや研究会専門家と一緒に考えます。

【応募期間 及び 今後のスケジュール】

◇応募期間: 2022年5月23日(月)~6月10日(金)

◇今後のスケジュール: ※新型コロナウイルス感染拡大状況により変更の場合があります

・~6/10(金): 開催を希望する現場の公募
・~6月末:    各開催候補地との調整 → 開催地を決定(3箇所程度)
・7月~:      企画調整 及び 開催に向けた準備開始
・10月~11月頃:  「小さな自然再生」現地研修会の開催(3回程度)

【応募申込み・お問い合わせ】 

氏名、所属、連絡先(住所・電話・e-mail)とともに下記申込先までEメールにてご応募下さい。

(応募申込み先) E-mail: info@a-rr.net

日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)事務局  担当: 和田彰・白尾豪宏

Tel: 03-6228-3861

 

皆様からのご応募をお待ちしております。

募集チラシはこちらから (PDF 897KB)

※本活動は、公益財団法人河川財団による河川基金の助成を受けて実施します。

1 2 3 4 5 6 7  


JRRNからのお知らせ

このページでは、JRRNやARRNによる主催・共催行事や出版の案内、その他事務局からのお知らせを掲載しています。

過去記事検索

カレンダー

2024年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

最近のコメント

月別アーカイブ

>> JRRNからのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針