Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

JRRNからのお知らせ

< JRRNからのお知らせ トップページ >

JRRN会員による連載寄稿記事の特設ページ開設のご案内

 毎月発行するJRRNニュースレターでは、JRRN会員による寄稿記事として、2009年6月から「水辺からのフォトメッセージ」を、また2012年5月からは「川系男子の『川と人』めぐり」を連載しています。

 この度、これら連載記事の特設ページをJRRNウェブサイト内に設置致しましたので、皆様にご紹介させて頂きます。

  連載「水辺からのフォトメッセージ」紹介ページ(ここをクリック)

連載「川系男子の『川と人』めぐり」紹介ページ(ここをクリック)


 本連載記事のアーカイブスを通じ、水辺の癒し、川に関わる方々の熱意や温もりなどを感じて頂ければ幸いです。合わせて、JRRN会員間の情報交換や交流の更なる活性化を願っております。

「“国際河川賞2013(International Riverprize)”応募要領」のご案内

「“国際河川賞2013”応募要領」ダウンロードはこちらをクリック(PDF4.6MB)

 

  • 冊子名:「“国際河川賞2013”応募要領」
  • 作成者: JRRN事務局
  • 発行年月日: 2013年1月25日

 毎年秋にオーストラリアで開催される国際河川シンポジウムにおいて授与される「国際河川賞(International Riverprize)」の一次応募〆切が2013年3月29日(金)に迫っております。

 JRRNでは、河川再生に関わる日本の優れた経験・知見の海外普及の後押しを目的として、英語公開情報に基づき「日本が誇る河川再生の経験を世界に伝えよう! “国際河川賞2013” 応募要領」を作成しました。

 本要領をご覧になり、国際河川賞への応募をご検討の際は、JRRN事務局までご連絡をお待ちしております。(info@a-rr.net)

 <応募要領目次>

1. はじめに~応募要領作成の目的
2. 国際河川賞 (International Riverprize) とは?
3. 過去の受賞河川の紹介
4. 応募から受賞までの流れ(必要な諸手続き含む)
5. 受賞した場合の義務や期待される役割
6. 参考資料(関連英語資料の入手先URL)

「“国際河川賞2013”応募要領」ダウンロードはこちら (PDF 4.6MB)

JRRNより年始のご挨拶

日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN) 事務局長 佐合純造

  2013年、新年おめでとうございます。皆様におかれては日頃よりJRRNのネットワークの活動にご協力いただき感謝申し上げます。

 私ごとですが、昨年はついに還暦を迎えました。歳とともに、1年が短く感じられて新年があっという間にやってくるようになりました。「光陰矢のごとし」を実感しています。

 まずは、昨年のJRRNの主な活動ですが、会員皆様のご協力、事務局員の努力により、台湾、韓国、フィリピン、マレーシアなどの関係団体の来日に合わせた国際交流、フィリピンやマレーシアのシンポジウム、フォーラムへの参加や現地での交流、国内でも「市民による河川環境の見かた・調べかた~英国『PRAGMO』に学ぶ~」を開催しました。刊行物ではARRN河川再生手引きやPRAGMO日本版の発行、主催した講演会等の講演録の発行など多くの出版物、ニュースメール、ニュースレターの定期的発信に加えて、JRRNの様々な活動、会員からの情報提供等をホームページで公開しました。

 また、特に皆様へ報告すべき事項として、昨年11月の中国北京でのARRN運営会議の場で、6年間行ってきたARRN事務局を中国CRRNへ移管したことです。事務局はCRRNへ移りましたが、HP運営などは分担協力しながら進める予定になっています。

 JRRNは河川、特に河川再生に関心を持った様々な方々が会員になって活動しています。

 ところで、BSのテレビで朝に「里山」という短い番組をやっており、出勤前になんとなく見ています。川がメインの番組ではないのですが、川も多く出てきます。自然豊かな川も出てきますが、先日はコンクリート張りの川が登場して、意外に地域の自然に馴染んだ川として取り上げられていました。ドラマでも川が重要な場面の背景に出てきますが、ドラマの筋より川の様子が気になることがあります。

 川の存在意義とは何でしょうか。現実に川のそばに住んでいる人にとっては生活との関わりが大切です。一方、たまに立ち寄る人にとっては普段得られない自然や景観が大切かもしれません。川というよりも人間のほうの問題かもしれません。

 河川再生はどのようなものか、どのように進めるのか、JRRNとしても大きな課題です。皆様、多様な考えを持っておられると思います。この変動する時代、ときには基本に返った議論も必要と思います。

 JRRN は現在、個人会員が約590名、団体会員が約48団体であり、順調に増加しています。JRRN 事務局としては情報提供や会員どうしが有意義な交流ができるようにさらに努力していきたいと考えています。JRRN は皆様の協力を得て、河川再生の発展に貢献できるように努力していきますので皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

 2013年元旦

2012.11.24 「第7回 ARRN運営会議」開催報告

第7回ARRN運営会議の様子

ARRN事務局移管セレモニー

会議終了後の記念撮影

 2012年11月24日(土)午前に、アジア河川・流域再生ネットワーク(ARRN)の「第7回運営会議」が中国・北京市にて開催されました。

 はじめに、玉井信行会長からの開会挨拶に引き続き、会議参加者の紹介、またこれまで1年間のARRN及びARRNを構成する日中韓三カ国のネットワーク活動が報告されました。

 続いて、本年の運営会議では、ARRN設立以降6年間の任期を務めたARRN会長(玉井信行東大名誉教授)及びARRN事務局(JRRN)から新体制に交代するため、新ARRN会長(Zhiping Liu中国水利水電科学研究院副院長)の選出、新ARRN会長からの新ARRN事務局長(Wenxue Chen中国水利水電科学研究院教授)の指名、更にJRRN(日本)からCRRN(中国)へのARRN事務局移管に関わる手続きが行われました。

 その後、ARRNの更なる発展に向けた組織体制のあり方やルールづくり、更に今後のネットワーク全体での活動計画について審議と意見交換を行い、ARRN設立から7年目となる新たな活動が始まりました。

  なお、これまでARRN会長を6年に及びお務め頂いた玉井会長には、引き続きARRN顧問としてARRN運営全般に助言頂くことが満場一致で決定しました。

 本運営会議及びARRN事務局移管の詳細は後日JRRNニュースレターで詳しくご紹介致します。

第7回運営会議「議事次第」はこちら(PDF 27KB)
第7回運営会議「参加者リスト」はこちら(PDF 35KB)

 <過去の運営会議はこちらから>

第6回運営会議開催報告はこちら(2011年11月・東京開催)
第5回運営会議開催報告はこちら(2010年9月・韓国・ソウル開催)
第4回運営会議開催報告はこちら(2009年9月・韓国・ソウル開催)
第3回運営会議開催報告はこちら(2008年11月・中国・北京開催)
第2回運営会議開催報告はこちら(2007年12月・東京開催)

「PRAGMO日本語版 河川及び氾濫原再生の順応的管理に向けたモニタリングの手引き」公開のご案内

PRAGMO日本語版のダウンロードはこちらをクリック(PDF11.3MB)

  •  冊子名:「PRAGMO日本語版 河川及び氾濫原再生の順応的管理に向けたモニタリングの手引き」
  • 原著者: 英国河川再生センター(RRC: The River Restoration Centre)
  • 発行: ARRN、JRRN
  • 監修: 白川直樹 筑波大学システム情報系 准教授(ARRN技術委員)
  • 翻訳: JRRN会員ボランティア(10名)及び JRRN事務局
  • 編集: 筑波大学白川(直)研究室『川と人』ゼミ、JRRN事務局
  • 発行年月日: 2012年11月21日

  英国河川再生センター(RRC)、JRRN会員、及び筑波大学白川(直)研究室のご協力を得て作成を進めてきました「PRAGMO日本語版」が遂に完成しましたので、電子版(PDF版)を公開させて頂きます。

 地域で取り組む河川再生の順応的管理に向けたモニタリング活動の更なる発展に向け、本成果を役立て頂ければ幸いです。

 PRAGMO日本語版のダウンロードはこちら (PDF1 1.3MB)

 なお、PRAGMO日本語版作成及び講演行事は、(財)河川環境管理財団の河川整備基金の助成を受けております。

※本冊子の入手方法
 PRAGMO日本語版冊子をご希望の方は、送付先の住所・氏名をJRRN事務局(担当:後藤)までご連絡ください。JRRN会員(個人・団体)限定サービスとさせて頂き、送料のみご負担(着払いで送付)頂いた上で、無料でご提供致します。なお、非会員の方は、JRRN会員登録(無料)の上、お申込下さい。
   Email: info@a-rr.net / 電話:03-6228-3862 / Fax:03-3523-0640

「市民による河川環境の見かた・調べかた~英国『PRAGMO』に学ぶ~」開催のご案内(2012年12月1日)

チラシのダウンロードはこちらをクリック(PDF372KB)

  JRRN主催講演会『市民による河川環境の見かた・調べかた~英国「PRAGMO」に学ぶ~』を2012年12月1日(土)午後に東京にて開催いたします。

 本講演会は、英国河川再生センター(RRC)発刊の市民向け河川環境調査手引き『PRAGMO』の日本語版完成を記念し、英国における河川再生の取組みをRRCのジェニー・マント博士にご教授頂くとともに、日本国内における活動事例紹介や総合討論を通じ、地域主体の河川環境の見かた・調べかたの理解を深めることを目的に開催致します。

 JRRN会員皆様はもちろんのこと、非会員の方々も含めまして、多数のご参加をお待ち申し上げております。

  ※本行事は、(財)河川環境管理財団の河川整備基金の助成を受けて開催致します。

行事名:  市民による河川環境の見かた・調べかた~英国「PRAGMO」に学ぶ~
開催日時: 平成24年12月1日(土) 13:30 – 17:00
開催場所: 発明会館ホール(東京都港区虎ノ門2-9-14)
参加費 : 無料
定  員: 200名(先着順)
言  語: 日英逐次通訳

プログラム
- 13:30~13:35      開会挨拶 佐合 純造(JRRN事務局長)
- 13:35~13:40      英国の河川環境調査手引き「PRAGMO」の紹介(JRRN事務局)
- 13:40~14:40      基調講演1:「PRAGMO」作成の背景と主な特徴、その活用について(ジェニー マント・英国河川再生センター 科学・技術マネージャー)
- 14:40~15:10      基調講演2:荒川における河川再生の取り組み(恵 小百合・荒川流域ネットワーク 代表)
- 15:10~15:25      休憩

- 15:25~16:55      総合討論:
   「市民による河川環境調査の更なる推進に向けて何が必要か」
座長: 白川 直樹(筑波大学 准教授 / ARRN技術委員)
パネラー: 
 ジェニー マント(英国河川再生センター 科学・技術マネージャー)、恵小百合(荒川流域ネットワーク代表)、山道省三(NPO法人全国水環境交流会代表)、藤井政人(国土交通省水管理・国土保全局河川環境課河川環境保全調整官)

- 16:55~17:00      閉会挨拶

 ※講演会後に懇親会を予定しております。あわせてご参加下さい。(会費:3,000円程度)

主  催: 日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)、アジア河川・流域再生ネットワーク(ARRN)、公益財団法人リバーフロント研究所
後 援: 英国河川再生センター(the River Restoration Centre)
特 典: 本行事へ参加された皆様にPRAGMO(日本語翻訳版)を謹呈させて頂きます。
申込み: 氏名、所属、連絡先(E-mail・電話番号)、JRRN会員/非会員、懇親会出欠
              をご記入の上、E-mail又はFAXにてお申し込み下さい。
     <申込先 E-mail:  j-event@rfc.or.jp  FAX: 03-3523-0640>

 →案内チラシ(含:申込み方法)はこちら(PDF372KB)

 →PRAGMO日本語版はこちら(2012年11月21日発行)

河川再生事例集「よみがえる川Vol.2(仮)」執筆者募集(11月上旬応募〆切)

「よみがえる川Vol.2(仮)」執筆者募集要項(PDF: 505KB)

  JRRN では、河川再生事例集「よみがえる川Vol.2(仮)」を、昨年3月発刊の続編として作成する運びとなり、この事例集作成にあたり原稿を執筆して頂ける方を募集致します。

 執筆に当たっては、河川再生の取り組みに関する質問に答えて頂く形で、皆様の生の体験・経験・取り組みの自慢・悩みなどを文章と写真でお寄せ頂き、執筆された皆様と相談しながら編集していく予定です。

 下記募集要項をご確認の上、皆様からのご応募をお待ちしております。

(11月上旬応募〆切)

  →「よみがえる川Vol.2(仮)」執筆者募集要項(PDF: 505KB)

  →「よみがえる川vol.1」(2011年3月発刊)はこちら

JRRN事務局

「アジアに適応した河川環境再生の手引きver.2 」に関する無記名アンケートのお願い(10月12日〆切)

アンケート回答ページはこちらから

 JRRNが事務局を務める「アジア河川・流域再生ネットワーク(ARRN)」では、広く一般の方々の身近な川への関心を高め、新たな河川再生に向けた取組みに関わるきっかけを与え、現在取組む再生活動を後押しすることを目的に、「アジアに適応した河川環境再生の手引きver.2」を日本・中国・韓国の共同のもと2012年2月に作成しました。

手引きの閲覧はこちらから(PDF30MB)

 本手引きは、川や水辺を健全な姿に蘇らせ、次世代に豊かな河川環境を引き継ぎたいと願うすべての国の方々を対象としており、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)でも日本語版を作成し、国内での普及・啓発に努めています。

 本手引きをより良いものとするため、この度、皆様にアンケートを実施させて頂きますので、ご協力をお願い申し上げます。

◎アンケート実施期間: 平成24年10月2日(火)~10月12日(金)

◎アンケート回答方法: アンケートページにアクセスし、ご回答をお願いします。

  →アンケート回答ページはこちらから

◎所要時間:15分程度

※アンケートは無記名としております。

  アンケートの結果は、JRRNニュースメールやウェブサイトを通じ後日皆様にご案内させて頂きますとともに、今後の本手引きの更新活動へ反映させて頂きます。ただし、個人の特定に関わる情報についてはJRRNの「運営方針・個人情報保護方針」に従い、公開はいたしません。

 上記をご了承いただき、会員皆様のご協力をお願い申し上げます。

 JRRN事務局

PRAGMO(英国河川再生モニタリング手引き)の翻訳ボランティア募集(7月10日応募〆切)

翻訳ボランティア募集要項(PDF: 481KB)

 JRRN では、昨年11 月にイギリスにて発行された河川再生モニタリング手引き「PRAGMO」の日本語版を翻訳作成・普及することとなり、JRRN 事務局スタッフとともにPRAGMO を翻訳(英文和訳)してくださるボランティアを募集致します。

 日本語版編集作業に際しては、PRAGMO 発行元である「英国河川再生センター(RRC)」の全面協力を得るとともに、日本語版冊子の発行及び普及は(財)河川環境管理財団の河川整備基金の助成を受けて実施致します。

 下記募集要項をご確認の上、皆様からの参加をお待ちしております。
  (2012年7月10日応募〆切

  → 【募集要項】翻訳ボランティア募集要項(PDF: 481KB)

 JRRN事務局

JRRNウェブサイトをリニューアルしました

 2012年4月16日(月)にJRRNウェブサイトをリニューアルしました。

  本日より約1週間程度は、リニューアルに伴う暫定運用公開とさせて頂くため、一部記事・機能の非表示や誤作動等の不具合が発生しますが、随時JRRN事務局の方で改善してまいります。

 河川再生に関わる情報共有と交流の更なる活性化に向け、本ウェブサイトをご活用頂ければ幸いです。

 JRRN事務局

 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ...  


JRRNからのお知らせ

このページでは、JRRNやARRNによる主催・共催行事や出版の案内、その他事務局からのお知らせを掲載しています。

過去記事検索

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

最近のコメント

>> JRRNからのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針