Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

行事報告

< 記事のページ >

「河川技術が果たすイノベーションと社会貢献」国際シンポジウム(2015年11月28日)開催報告

 

来賓挨拶(塚原浩一: 国土交通省水管理・国土保全局河川計画課長)

講演の様子

パネルディスカッション

終了後の記念撮影

 2015年11月28日(土)、JRRNも共催する国際シンポジウム「河川技術が果たすイノベーションと社会貢献」が京都にて開催されました。ご講演いただいた先生方、ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。

 本シンポジウムの概要はJRRNニュースレター2016年1月号で改めてご報告させて頂きます。

 また本シンポジウムで得られた成果は、提言集及び講演録として以下の国際シンポジウムのホームページにて2016年2月頃を目標にご紹介させて頂きます。

 →国際シンポジウム ホームページ: http://river-innovation.net/

●主  催: 「河川技術が果たすイノベーションと社会貢献」実行委員会
●共同開催: 世界工学団体連盟 (WFEO)、日本工学会、日本河川・流域再生ネットワーク、日本建築学会、土木学会
●事 務 局: 日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)
●後  援: 日本学術会議、国交省など
●日  時: 2015年11月28日(土)9:00~18:00
●会  場: 国立京都国際会館、Room-H(京都府京都市)
●プログラム:三つのセッションで構成されています。
 セッションI  :河川・水域の防災・減災に関する基調と一般講演
 セッションII :河川環境・水利用(利水/親水)に関する講演
 セッションIII:社会貢献の視点からの災害と環境に関する河川整備・管理についてのパネルディスカッション

なお、本シンポジウムは、公益財団法人河川財団による河川整備基金の助成を受けて開催されました。

    
     このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

コメント投稿(承認後公開)

トラックバック

トラックバックURL: http://jp.a-rr.net/jp/activity/public/378/trackback



運営方針・個人情報保護方針