Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

行事報告

< 記事のページ >

「第4回「小さな自然再生」現地研修会 in 兵庫県・武庫川(2016年10月28日)」開催報告

開会挨拶

午前の座学研修

午後の現地研修

午後のワークショップ

 2016年10月28日(金)、第4回「小さな自然再生」現地研修会を兵庫県・武庫川にて開催致しました。

 兵庫県県土整備部土木局武庫川総合治水室や「武庫川づくりと流域連携を進める会」をはじめとする地元関係者、実務者や研究者の方々、また「小さな自然再生」研究会メンバーなど50名が参加し、「魚類の生息・遡上環境の改善~ウナギ石組や落差工対策」をテーマに座学と現地視察、ワークショップから成る充実した一日を過ごすことができました。(平成28年度河川基金助成事業)

【日時】2016年10月28日(金)10:00~17:00

【主催】「小さな自然再生」研究会

【共催】兵庫県県土整備部土木局武庫川総合治水室、JRRN

【会場】兵庫県宝塚市 及び 西宮市(座学:宝塚市立西公民館/現地:武庫川)

【プログラム】 

(午前)会議室にて「小さな自然再生」に関する座学研修

- 研修会主旨説明・「水辺の小さな自然再生事例集」紹介
- 小さな自然再生のすすめ(三橋弘宗:兵庫県立大学 自然・環境科学研究所)
- 兵庫県の取組み紹介(兵庫県 県土整備部 土木局 武庫川総合治水室)
- ウナギの生態について(揖善継:和歌山県立自然博物館)
- 小さな自然再生の留意点(原田守啓:岐阜大学流域圏科学研究センター)

(午後1)武庫川現地研修

-落差工の簡易魚道、仁川合流点を巡り、小さな自然再生のアイデアを交換。

(午後2)ワークショップ「魚類の生息・遡上環境の改善~ウナギ石組や落差工対策」

- グループ・全体討議(現地状況を踏まえ、石組みによるウナギ等の生息場保全や落差工対策について協議)。

 本研修会にご協力頂きました関係者皆様、どうもありがとうございました。
 研修会の詳しい成果報告は、後日改めて本ホームページ等でご紹介致します。

※参考:「第4回現地研修会」参加者募集案内ページ
http://jp.a-rr.net/jp/news/info/720.html

    
     このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

コメント投稿(承認後公開)

トラックバック

トラックバックURL: http://jp.a-rr.net/jp/activity/public/458/trackback



運営方針・個人情報保護方針