Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

行事報告

< 記事のページ >

「第8回「小さな自然再生」現地研修会 in 秋田県大仙市・斉内川(2018年2月27日)」開催報告

開会挨拶(JRRN代表理事・土屋信行)

午前の座学講義(兵庫県立大学・三橋弘宗先生)

午後のワークショップの班別討議

 午後のワークショップの班別発表

午後のワークショップの講師総括

閉会挨拶(秋田県建設部河川砂防課・児玉光広)

 2018年2月27日(火)、第8回「小さな自然再生」現地研修会を秋田県大仙市にて開催致しました。
 地元を中心に自治体職員や実務者、研究者、市民団体など100名を越す方々にご参加頂き、「道の駅と直結した水辺の小さな自然再生と地域の賑わい創出」をテーマに午前の座学と午後のワークショップの充実した一日を過ごしました。(平成29年度河川基金助成事業)

【日時】2018年2月27日(火)9:30~17:00

【主催】「小さな自然再生」研究会

【共催】秋田県建設部河川砂防課、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)

【会場】大曲地域職業訓練センター・2階 講義会議室(秋田県大仙市大曲田町3-1)

【対象】小さな自然再生に関心のある方々

【参加者】 102名

【参加費】 無料

【プログラム】 

(9:30-12:00)「小さな自然再生」に関する座学研修

 - 開会挨拶(土屋信行:日本河川・流域再生ネットワーク代表理事)
 - 研修会主旨説明(和田彰:日本河川・流域再生ネットワーク)
 - 小さな自然再生のすすめ「河川生態系のしくみ」
  (三橋弘宗:兵庫県立大学自然・環境科学研究所)
 - 事例紹介「小さな自然再生と多自然川づくり」
  (岩瀬晴夫:㈱北海道技術コンサルタント)
 - 事例紹介「できることからはじめよう水辺の小さな自然再生」
  (瀧健太郎:滋賀県立大学環境科学部)

(12:00-13:00)各自昼食

(13:00-14:00)地元の取組みと現地の状況説明

 - 地元の取組み紹介&現地の状況説明「河川工事における現状と多自然川づくりへの取り組み」
    (児玉光広:秋田県建設部河川砂防課)
 - 地元の取組み紹介「地域における中学生による自然再生活動」
  (青谷晃吉:大仙市教育委員会教育アドバイザー)

(14:00-17:00)ワークショップ「道の駅と直結した水辺の小さな自然再生と地域の賑わい創出」

  ■ファシリテーター:三橋弘宗:兵庫県立大学 自然・環境科学研究所

  - グループ討議:「小さな自然再生」研究会メンバーや座学講師と参加者でアイデア出し討議
  - 全体討議: 小さな自然再生を活用し現地でできることについて討議

(17:00)閉会

 -閉会挨拶(児玉光広:秋田県建設部河川砂防課)

本研修会を共催頂いた秋田県建設部河川砂防課の関係者各位、また当日ご参加頂きました皆様、どうもありがとうございました。

※研修会の概要報告は、3月上旬発行のJRRNニュースレター 2018年3月号にてご紹介します。

 JRRNニュースレターのバックナンバーはこちらから

※研修会の詳しい成果報告は、3月中に開催報告書として本ホームページでご紹介致します。

 JRRN主催・共催行事報告書のバックナンバーはこちらから

※参考:「第8回現地研修会」参加者募集案内ページ

http://jp.a-rr.net/jp/news/info/867.html

    
     このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

コメント投稿(承認後公開)

トラックバック

トラックバックURL: http://jp.a-rr.net/jp/activity/public/537/trackback



運営方針・個人情報保護方針