Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

行事報告

< 記事のページ >

2020.2.1 台北大学都市計画研究所・廖桂賢副教授との都市河川再生に関わる技術交流

旧中川にて

江戸川区役所前の水位表示板

一之江境川親水公園にて

和泉川・二ツ橋の水辺にて

2020年2月1日(土)、国立台北大学都市計画研究所・廖桂賢副教授が来日され、都市河川再生に関わる技術交流を行いました。

廖副教授は、治水と環境が共生するまちづくりを専門とし、都市河川再生の研究に携わりながら台湾河川ネットワークの窓口も担っています。2019年7月に香港大学で開催された「水の持続性に関する国際シンポジウム」においてJRRNと交流したご縁で、今回の技術交流となりました。

午前中は東京都江戸川区や江東区の親水河川、またゼロメートル地帯を高潮水害から守るための治水施設を視察し、午後からは横浜の和泉川を訪問し、ふるさとの川モデル事業から30年が経過した和泉川の現在の様子を案内し、合わせて和泉川をフィールドに環境保全に取り組む市民団体との交流を行いました。

台湾との河川再生の技術交流に今後も努めてまいります。

    
     このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

コメント投稿(承認後公開)

トラックバック

トラックバックURL: http://jp.a-rr.net/jp/activity/public/674/trackback



運営方針・個人情報保護方針