Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

行事報告

< 記事のページ >

『第16回「小さな自然再生」現地研修会 in京都府宮津市・大手川(2022年12月11日)』開催報告

 会場受付

フィールド探究部による開会挨拶

原田講師の講演

山下講師の講演

白尾講師の講演

竹蛇籠1/10スケール製作実習の様子

竹蛇籠1/10スケール製作実習の様子

午後の意見交換会(原田講師による大手川の紹介)

午後の意見交換会(フィールド探究部による進行)

午後の意見交換会(参加者との意見交換)

フィールド探究部による大手川の生き物展示

  2022年12月11日(日)に、第16回「小さな自然再生」現地研修会を京都府宮津市の大手川にて開催致しました。

 午後に予定されていた大手川での参加者によるフィールド活動は残念ながら悪天候により中止となりましたが、室内での意見交換会を通じて、活動の主役となる宮津天橋高校フィールド探究部が地域と協働で小さな自然再生を取組んでいくための課題やノウハウを参加者で共有しました。(令和4年度河川基金助成事業)

【日時】令和4年12月11日(日) 9:00~16:00

【主催】宮津天橋高等学校フィールド探究部、「小さな自然再生」研究会、日本河川・流域再生ネットワーク

【協力】京都府丹後土木事務所、宮津市教育委員会、公益財団法人リバーフロント研究所

【会場】京都府宮津市 <座学:京都府立宮津天橋高等学校 宮津学舎/現地:大手川・福田地区>

【対象】小さな自然再生に関心のある方々

【参加者】53名

【参加費】無料

【プログラム】

(9:00-12:30) 小さな自然再生でできることを考える座学研修

- 開会挨拶・趣旨説明

- 水と土砂がつくる川の地形~水の力を活かすバーブ工
   (原田守啓:岐阜大学流域圏科学研究センター)

- モウソウチクを用いた竹蛇籠魚道の開発と水域連続性の再生
   (山下慎吾:魚山研)

- フナ類の生息環境について
   (白尾豪宏:公益財団法人リバーフロント研究所)

- 竹蛇籠製作実習(山下慎吾:同上)

(12:30~13:30)  昼食

(13:30~16:00)  大手川の未来をテーマに意見交換

(16:00)  閉会

 ※研修会の概要報告は、2月上旬発行のJRRNニュースレター 2023年2月号にてご紹介します。

 →JRRNニュースレター2023年2月号はこちらから  ※未作成

 →JRRN主催・共催行事報告書のバックナンバーはこちらから

 ※参考:「第16回現地研修会」参加者募集案内ページ

    
     このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

コメント投稿(承認後公開)

トラックバック

トラックバックURL: http://jp.a-rr.net/jp/activity/public/839/trackback


行事報告

このページでは、JRRNやARRNによる主催・共催行事の開催報告及び関連資料等を掲載しています。


運営方針・個人情報保護方針