Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

行事報告

< 記事のページ >

ARRN主催「アジアの河川再生技術共有に向けたラウンドテーブル会議」開催報告

01-0166-1.jpg
会議の様子
01-0166-2.jpg
終了後の記念撮影


 2010年9月14日(火)、アジア河川・流域再生ネットワーク(ARRN)主催『アジアの河川再生技術共有に向けたラウンドテーブル会議』が韓国・ソウル市のCOEX国際会議場にて開催されました。
 本行事は、「第8回生態水工学国際シンポジウム(ISE2010)」の特別セッションとして第7回ARRN国際フォーラムに引き続いて開催され、「ネットワーク通じ、河川再生の技術と技術指針を如何に向上させるか?」をテーマに、ECRR(ヨーロッパ河川再生センター)会長や日中韓の有識者をパネラーに招き公開形式での活発な討論を行いました。

○日時 : 平成22年9月14日(火) 16:00 – 17:30
○会場 : COEX会議場(韓国・ソウル市)
○主催 : アジア河川・流域再生ネットワーク (ARRN)、韓国河川再生ネットワーク(KRRN)
○共催 : 日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)、中国河川再生ネットワーク(CRRN)

○司会進行:
 ・玉井信行氏(ARRN会長、IAHR会長、東京大学名誉教授)
 ・BongHee Lee氏(韓国河川再生ネットワークKRRN事務局長)
○パネリスト:
 ・Bart Fokkens氏(ECRR:ヨーロッパ河川再生センター会長)
 ・Dongya Sun氏 (中国水利水電科学研究院、CRRN事務局長)
 ・白川直樹氏 (筑波大学、ARRN技術委員)
 ・Sukhwan Jang氏 (韓国Daejin 大学、ARRN技術委員)

 本会議の講演録は以下よりダウンロード可能です。

 →ARRNラウンドテーブル会議録(日本語仮訳版)ダウンロードはこちら (PDF 715KB)
 →ARRNラウンドテーブル会議録(英語版)ダウンロードはこちら (PDF 699KB)

    
     このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

コメント投稿(承認後公開)

トラックバック

トラックバックURL: http://jp.a-rr.net/jp/activity/public/97/trackback



運営方針・個人情報保護方針