Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

行事報告

< 2010年9月13日:日別アーカイブ >

「第8回生態水工学国際シンポジウムISE2010」(韓国・ソウル) 参加報告

01-0164-1.JPG
開会式でのIAHR/ARRN玉井会長挨拶
01-0164-3.JPG
JRRN事務局講演の様子
01-0164-2.JPG
ARRN展示ブース


 2010年9 月13 日(月)~16日(木)にかけて、韓国・ソウル市のCOEX国際会議場を会場に「第8回生態水工学国際シンポジウム ISE2010」が開催されています。
 JRRN事務局では、分科会「河川再生(River Restoration)」において「日本における河川再生の特徴と事例紹介」と題した発表をJRRN事務局・後藤が行いました。
 また展示コーナーでは、JRRNが事務局を務める「アジア河川・流域再生ネットワーク(ARRN)」としてネットワークや日中韓の河川再生事例を紹介しています。ARRNを構成するJRRN、KRRN(韓国)、CRRN(中国)事務局が交代で展示説明を担当し、ISE2010参加者の方々と河川再生に関わる技術交流を行っています。
 本行事の概要や日本の河川再生に向けて参考となる事例等をJRRN事務局で整理したのち、本ホームページにて後日ご紹介させて頂きます。

→ 「第8回生態水工学国際シンポジウム ISE2010」ホームページはこちら
詳しい記事はこちら(JRRN Newsletter vol.40)

1 


行事報告

このページでは、JRRNやARRNによる主催・共催行事の開催報告及び関連資料等を掲載しています。


運営方針・個人情報保護方針