Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

会員からのお知らせ

< 記事のページ >

「第18回国際河川シンポジウム 発表論文募集(5/25要旨提出〆切)」ご案内

第18回国際河川シンポジウム プログラム概要(英語版)

 本年の国際河川シンポジウム(The International Riversymposium)がオーストラリア・ブリスベンにて9月中旬に開催されます。

 本年は、JRRNが所属するアジア河川・流域再生ネットワーク(ARRN)として「アジアの河川再生」と題した特別セッションを本シンポジウム内で開催致します。

 本シンポジウムの主催団体である国際河川財団(International Riverfoundation)のCEOであるNick氏より、JRRN皆様へ本シンポジウムの案内と発表論文募集案内(要旨投稿〆切:5/25)が届きました。

 皆様の素晴らしい取組みを海外に向けて英語で発表されては如何でしょうか?

 ●第18回国際河川シンポジウム(The International Riversymposium)ホームページ(英語版)はこちら

 ●第18回国際河川シンポジウム プログラム概要チラシはこちら(英語版・PDF 1.5MB)

 ●第18回国際河川シンポジウム 案内チラシはこちら(英語版・PDF 477KB)

 

(英語案内文はこちら)

Dear Japan River Restoration Network colleagues

The Riversymposium is the only annual international conference focussing solely on the restoration and sustainable management of rivers and their basins.

This year we have a strong theme on river restoration and we would like JRRN to participate in a special session on ‘River Restoration in Asia’.

We are also awarding the 2015 Thiess International Riverprize, Australian Riverprize and first New Zealand Riverprize. All finalists will be presenting their projects.

We currently have a Call for Abstracts open to 25 May.

I would appreciate you informing relevant members of your network of this opportunity.

Thank you in anticipation of your assistance.

Best regards,

Dr Nick Schofield
CHIEF EXECUTIVE OFFICER  |  INTERNATIONAL RIVERFOUNDATION

    
     このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

コメント投稿(承認後公開)

トラックバック

トラックバックURL: http://jp.a-rr.net/jp/news/member/2054.html/trackback


会員からのお知らせ

このページでは、JRRN会員からのお知らせや、海外関係機関からの案内等を紹介しています。
本ページで紹介したい情報をお持ちの方は、いつでも情報をお寄せ下さい。

過去記事検索

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のエントリー

最近のコメント

月別アーカイブ

>> 会員からのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針