Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

行事報告

< 記事のページ >

「水の持続性に関する国際シンポジウム」(香港)参加報告

日本からの講演(JRRN土屋代表理事)

パネルディスカッションの様子

現地視察での記念撮影

 2019年7月11日(木)~13日(土)、香港大学・社会科学院において、一般市民や専門家を対象とした「水の持続性に関する国際シンポジウム」が開催され、講演及び意見交換を通じて日本の経験を紹介して参りました。

 このシンポジウムは、香港の公益財団Jockey Clubをスポンサーとした3年間のJC-WISEプロジェクト(水分野の持続性と住民参加戦略)の総括行事として開催され、本プロジェクトの最終年度に当たる本年は、JRRNが事務局を担うアジア河川・流域再生ネットワーク(ARRN)会員のJRRN、KRRN(韓国)、マレーシアの関係者も招待され、河川再生や住民参加に関わる各国の知見を共有する機会となりました。

◆JC-WISEプロジェクトホームページ(言語:英語): http://www.jcwise.hk/

◆シンポジウムホームページ: http://www.jcwise.hk/symposium/2019/#

 日本(JRRN)からは、「都市河川再生」及び「水の持続性に向けた教育」の二つのセッションで日本の経験を発表させて頂き、パネルディスカッションや香港の河川再生現場視察を通じて各国の河川再生の担い手と交流を行いました。

 本行事の概要はJRRNニュースレター2019年8月号にて詳しくご紹介させて頂きます。

JRRNニュースレター vol.146(2019年8月号)

    
     このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

コメント投稿(承認後公開)

トラックバック

トラックバックURL: http://jp.a-rr.net/jp/activity/public/635/trackback



運営方針・個人情報保護方針