Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

行事報告

< 記事のページ >

『第11回「小さな自然再生」現地研修会 in 京都・美山川(2020年11月28日)』開催報告

開会挨拶(NPO法人芦生自然学校・井栗秀直理事長)

午前の座学講義の様子

午前の座学講義(兵庫県立大学・三橋弘宗先生)

午前の座学講義(株式会社建設技術研究所・竹内えり子講師)

午前の座学話題提供(滋賀県立大学・環境科学部流域政策・計画学研究室)

午前の座学話題提供(サクラマスレストレーション・安田代表)

午後の現場演習の様子

午後の現場演習の様子

午後の現場演習の様子

午後の現場演習での落ち葉流し

午後の現場演習終了後の記念撮影

午後の現場演習の総括

 2020年11月28日(土)、第11回「小さな自然再生」現地研修会を京都府南丹市美山町にて開催致しました。

 魚類や餌となる水生昆虫を増やしていくことを目指し、地元NPOメンバーや実務者、近畿圏の川づくりの専門家など計32名が参加し、「森と川のつながりを考える」をテーマに、午前の座学及び小魚や水生昆虫の餌場となる石積みによる「落ち葉だまりづくり」を参加者で実演する充実した研修会となりました。(令和2年度河川基金助成事業)

【日時】令和2年11月28日(土)10:00~16:00

【主催】NPO法人芦生自然学校、「小さな自然再生」研究会、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)

【協力】美山漁業協同組合

【会場】京都丹波高原国定公園ビジターセンター 及び 美山川現地

【対象】小さな自然再生に関心のある方々

【参加者】32名

【参加費】無料

【プログラム】 

(10:00-12:00) 森と川のつながりを学ぶ座学研修

  • 開会挨拶(井栗秀直:NPO法人芦生自然学校 理事長)
  • 河川生態系における森林の役割(三橋弘宗:兵庫県立大学自然・環境科学研究所/兵庫県立人と自然の博物館)
  • バーブ工のiRICシミュレーション試算結果紹介(滋賀県立大学環境科学部 流域政策・計画学研究室)
  • 壊れにくい石積みを造るには(竹内えり子:株式会社建設技術研究所 東京本社環境部)
  • サクラマスを指標種とした河川環境改善(安田龍司:サクラマスレストレーション)

(12:00~13:30)昼食・現地移動

(13:30~16:00)現地実習(石積みによる落ち葉だまりづくり)

  • 技術指導:技術指導:三橋弘宗(同上)、竹内えり子(同上)、瀧健太郎(滋賀県立大学)、岩瀬晴夫(株式会社北海道技術コンサルタント)

(16:00)閉会

 本研修会の共催及び協力団体関係者各位、座学及び現地実習でご指導頂きました三橋先生、竹内様、瀧先生、岩瀬晴夫様、また当日ご参加頂きました皆様、どうもありがとうございました。

※研修会の概要報告は、12月上旬発行のJRRNニュースレター 2020年12月号にてご紹介します。

 →JRRNニュースレター2020年12月号はこちらから ※未作成

※研修会の詳しい成果報告は、年内を目標に、開催報告書として本ホームページでご紹介致します。

 →JRRN主催・共催行事報告書のバックナンバーはこちらから

※参考:「第11回現地研修会」参加者募集案内ページ

    
     このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

コメント投稿(承認後公開)

トラックバック

トラックバックURL: http://jp.a-rr.net/jp/activity/public/716/trackback


行事報告

このページでは、JRRNやARRNによる主催・共催行事の開催報告及び関連資料等を掲載しています。


運営方針・個人情報保護方針