Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

会員からのお知らせ

< 記事のページ >

「第6回淡水魚保全シンポジウム淀川大会~地域で守り、みんなで育む淡水魚~(9月25日)」ご案内

第6回淡水魚保全シンポジウム淀川大会案内チラシ(PDF 305KB)

  「淡水魚保全研究会」及び「淀川水系イタセンパラ保全市民ネットワーク」が主催する「第6回淡水魚保全シンポジウム淀川大会~地域で守り、みんなで育む淡水魚~」のご案内を頂きました。

 ■行事名: 第6回淡水魚保全シンポジウム淀川大会~地域で守り、みんなで育む淡水魚~

■日時: 2013年9月25日(水) 10:00~20:00

■開催場所: OITホール(常翔学園大阪工業大学:大阪市旭区大宮5-16-1)

■主催: 淀川水系イタセンパラ保全市民ネットワーク(イタセンネット)、淡水魚保全研究会

■協力: 河川財団、大阪自然環境保全協会、常翔学園大阪工業大学、大阪生物多様性保全ネットワーク、淀川イタセンパラ検討会

■後援(予定): 京都府、大阪市、大阪市旭区、守口市、大阪府教育委員会、大阪市教育委員会、守口市教 育委員会、生き物文化誌学会、応用生態工学会、日本魚類学会、ヒトと動物の関係学会

■内容: シンポジウム(基調講演、話題提供、パネルディスカッション)、ポスター発表(40件)、淀川城北ワンド群視察他。シンポジウムでは、タナゴ類をはじめとした淡水魚の保全に向け行政、研究者、市民が各々の果たすべき役割と協働について考えます。

■参加申込み: 往復はがきにて8月15日までに事前申込が必要(定員300名)

■ポスター発表の申込み: 8月15まで。要旨集は8月24日まで。

■申込先:以下の案内チラシをご覧ください

「第6回淡水魚保全シンポジウム淀川大会」案内チラシはこちら (PDF 305KB)

    
     このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

コメント投稿(承認後公開)

トラックバック

トラックバックURL: http://jp.a-rr.net/jp/news/member/1329.html/trackback


会員からのお知らせ

このページでは、JRRN会員からのお知らせや、海外関係機関からの案内等を紹介しています。
本ページで紹介したい情報をお持ちの方は、いつでも情報をお寄せ下さい。

過去記事検索

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近のエントリー

最近のコメント

月別アーカイブ

>> 会員からのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針