Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

会員からのお知らせ

< 記事のページ >

「第2回 カヌーでつなぐ「琵琶湖・淀川流域圏」~1450万人・水のえん~(10月19, 25, 26日)」ご案内

 JRRN会員である「カッパ研究会」鈴木様より、琵琶湖・淀川流域圏で開催される交流行事のご案内を頂きました。

~以下案内文~

【第2回 カヌーでつなぐ「琵琶湖・淀川流域圏」~1450万人・水のえん~】

 3日間をかけて笠置町から大阪市までカヌーで下ります。「水と人」が近づき、「生命の源」である水を見つめなおしたい。そんな想いを持って、カヌーで木津川・淀川を一緒に下りませんか。
 川面からゆっくりと街や山脈、青空を見ながら、日々の暮らし、地域のこと、水のことを考える時間です。
 ※ 1日だけの参加も大歓迎です。

1 主催: 琵琶湖・淀川流域圏連携交流会

2 後援(予定):国土交通省近畿地方整備局、大阪府、大阪市、京都府

3 日時と区間:
 一日だけ、3日間連続などを選ぶことができます。
(初 日)10月19日(日)10:00~16:00
    笠置町(カヌー広場)~京田辺市(近鉄大橋)
(2日目)10月25日(土)10:00~16:00
    京田辺市(近鉄大橋)~枚方市(淀川河川公園)
(3日目)10月26日(日) 9:30~16:00
    枚方市(淀川河川公園)~大阪市(毛馬桜之宮公園)

4 定員:30名(各日とも、先着順)

5 参加費:無料
  ただし、保険代 500円、カヌーの移送代3000円
      カヌーのレンタル代5000円(移送代含む)

6 申込み:氏名、団体、連絡先e-mailを連絡ください。
  琵琶湖・淀川流域圏連携交流会 jimukyoku@bynet.jp

7 その他
 ○ カヌーが初めての方、フジタカヌーが講習の必要と判断された方は安全のために、フジタカヌーのカヌー講座を受講いただく必要があります。
 ○ 参加申込をいただいた方には、集合場所等をご連絡します。
 ○ 昼食は、各自がご持参ください。
 ○ 不慮の事故等については、自己責任で対処することで申込を御願いします。
 ※ 当活動は、公益財団法人河川財団の河川整備基金の助成を受けております。

    
     このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

コメント投稿(承認後公開)

トラックバック

トラックバックURL: http://jp.a-rr.net/jp/news/member/1854.html/trackback


会員からのお知らせ

このページでは、JRRN会員からのお知らせや、海外関係機関からの案内等を紹介しています。
本ページで紹介したい情報をお持ちの方は、いつでも情報をお寄せ下さい。

過去記事検索

カレンダー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のエントリー

最近のコメント

月別アーカイブ

>> 会員からのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針