Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

会員からのお知らせ

< 記事のページ >

「魅力ある水辺空間の再生に関するシンポジウム(2016年6月22日)」ご案内

魅力ある水辺空間の再生に関するシンポジウム 案内チラシ(PDF 777KB)

 国立研究開発法人土木研究所より「魅力ある水辺空間の再生に関するシンポジウム」のご案内を頂きました。

魅力ある水辺空間の再生を目指して!
~水辺空間デザインの今まで、そして、これから~

 各地で魅力あふれる水辺空間の形成が進み、人・まちと川とのつながりが深まりつつあります。良好な水辺空間の形成には、水面から河畔まで連続的に捉えるデザイン力に加えて、河岸や水際のデザインに影響する護岸ブロック等のコンクリート製品の質も重要になります。本シンポジウムでは、平成26 年に改定された「美しい山河を守る災害復旧基本方針」において景観への配慮がより一層充実したことも踏まえ、これからの魅力ある水辺空間の形成を進める上で必要な空間デザイン手法、護岸ブロックに求められる機能や活用のあり方について議論したいと思います。

  • 日時: 2016年6月22日(水) 13:00~17:00 (受付/12時~)
  • 会場: 星陵会館ホール (東京都千代田区永田町2-16-2)
  • 主催: 国立研究開発法人 土木研究所 水環境研究グループ 自然共生研究センター
  • 共催: 公益社団法人 全国土木コンクリートブロック協会
  • 後援: 国土交通省(予定)
  • 参加申込方法: 
    参加申込書に必要事項をご記入の上、メールをお願いします。
    メール環境が整っていない方はFAXにてお願いします。
      メール:info@cba.or.jp 、 FAX:03-5689-0492 (公益社団法人 全国コンクリートブロック協会)

参加申込書はこちら(PDF 777KB)

詳しくはホームページをご覧ください(土木研究所HPへジャンプ)

    
     このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

コメント投稿(承認後公開)

トラックバック

トラックバックURL: http://jp.a-rr.net/jp/news/member/2425.html/trackback


会員からのお知らせ

このページでは、JRRN会員からのお知らせや、海外関係機関からの案内等を紹介しています。
本ページで紹介したい情報をお持ちの方は、いつでも情報をお寄せ下さい。

過去記事検索

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近のエントリー

最近のコメント

月別アーカイブ

>> 会員からのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針