Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

会員からのお知らせ

< 記事のページ >

「SWSP市民フォーラム2018 「サケは、めぐる。」(2018年1月27日)」ご案内

「SWSP市民フォーラム2018 「サケは、めぐる。」」 案内ページ

 応用生態工学札幌より、1/27(土)に札幌にて開催される札幌ワイルドサーモンプロジェクト市民フォーラム2018のご案内を頂きました。

 SWSP市民フォーラム2018 「サケは、めぐる。」

大都市・札幌を流れる豊平川を舞台に2014年、画期的な自然復元計画がスタートしました。
その名も「札幌ワイルドサーモンプロジェクト」。
市民の盛んな放流活動で1980年代に自然遡上が復活したサケ個体群を、今後は、人に頼らず自力で世代交代する「野生サケ」に戻すことが目標です。
放流に代えて、私たち市民はどんなふうにサケたちを支援できるのか──?

基調講演者にカート・ファウシュ氏(米国コロラド大学名誉教授)をお迎えし、また当プロジェクトの多様な取り組みを紹介しながら、人とサケの新しい関係を語り合います。
恒例の小学生のポスター発表に加え、高校生・大学生によるポスター発表もあります。

  • 日時:  2018年1月27日(土)14:00-17:00
  • 会場: 札幌エルプラザ・3Fホール(札幌市北区北8西3…札幌駅北口)
  • 入場料: 無料
  • 参加申し込み: 不要
  • プログラム:

・活動報告/基調講演/みんなでサケさがぞ!フォトコンテスト/ポスター発表(小・高・大学生)

・基調講演 カート・ファウシュ氏(米国コロラド大学名誉教授)
「川が、野生魚や人類に不可欠な理由:いち科学者の視点から」

  • 主催:  札幌ワイルドサーモンプロジェクト
  • 共催: 札幌市豊平川さけ科学館、フットパス・ネットワーク北海道
  • 後援: 札幌市、北海道、北海道開発局札幌開発建設部、応用生態工学会札幌、国立研究開発法人水産研究・教育機構北海道区水産研究所、国立研究開発法人土木研究所寒地土木研究所

 ※「札幌ワイルドサーモンプロジェクト、ホームページ
https://www.sapporo-wild-salmon-project.com/

※「札幌ワイルドサーモンプロジェクト 市民フォーラム2018」案内ページ
https://www.sapporo-wild-salmon-project.com/2017/11/02/20171218/

(ちらしPDF版もダウンロードできます。)

 

    
     このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

コメント投稿(承認後公開)

トラックバック

トラックバックURL: http://jp.a-rr.net/jp/news/member/2987.html/trackback


会員からのお知らせ

このページでは、JRRN会員からのお知らせや、海外関係機関からの案内等を紹介しています。
本ページで紹介したい情報をお持ちの方は、いつでも情報をお寄せ下さい。

過去記事検索

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のエントリー

最近のコメント

>> 会員からのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針