Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

会員からのお知らせ

< 記事のページ >

「大河川における多自然川づくりセミナー 第9回『どうすれば良い?大河川における多自然川づくり』(2023年5月17日)」ご案内

第9回大河川における多自然川づくりセミナー案内チラシ(PDF 667KB)

 リバフロサポートセンターより、2023年5月17日(水)に開催する第9回大河川における多自然川づくりセミナーのご案内です。

(以下、案内文)

第9回大河川QAウェブセミナー(5月17日〔水〕開催)
「河川環境行政
の動向」 と「多自然川づくりにおけるグリーンインフラ活用のポイント」

 リバフロサポートセンターからのご案内です。

 大河川における多自然川づくりのノウハウを共有していくため、連続セミナー「どうすれば良い?大河川における多自然川づくり」をZOOMウェビナー形式で開催します。

 今回のセミナーでは、最新の「河川環境行政の動向」 と「令和4年度大河川QA集」の改訂のポイントについて、国土交通省 水管理・国土保全局河川環境課の阿河一穂課長補佐にご講演頂きます。

 また、新しく追加となった「Q2-2 多自然川づくりにおいてグリーンインフラ活用のポイントについて教えてください。」の概要について、(公財)リバーフロント研究所の中村圭吾主席研究員よりご講演頂きます。

 ご希望の方は、以下のチラシ記載のURL https://forms.gle/BTGGzbKxx4LCS6WDA よりお申し込みください。

 ※案内チラシ(PDF 667KB)

—————————————————————————

【日時】令和5年5月17日(水) 16:00~17:00(15:30 受付開始)

【形式】ZOOMウェビナー

※応募締切:5月12日(金)

 先着:500名

【プログラム】

 16:00~ 「河川環境行政の動向とR4年度改訂のポイント」
    講演者:国土交通省 水管理・国土保全局 河川環境課 課長補佐 阿河 一穂

 16:20~ 「Q2-2 多自然川づくりにおいてグリーンインフラ活用のポイントについて教えてください。
       ~多様な主体・資金調達によるグリーンインフラの取組みと評価~」
    講演者:(公財)リバーフロント研究所 主席研究員 中村 圭吾

 16:40~  意見交換

—————————————————————————-

 過去のウェブセミナーの開催概要、講演動画は下記のURL(リバフロHP)にアップされていますので、参考にご確認下さい。

https://www.rfc.or.jp/daikasen.html

 多くの方々にご覧頂けるとありがたいです。

よろしくお願いします。

==========================================

【リバフロサポートセンター 事務局】

公益財団法人 リバーフロント研究所 中村・渡邉

E-mail:daikasen2021@rfc.or.jp

多自然関連HP:http://www.rfc.or.jp/theme04-2.html

リバフロ公式twitter:https://twitter.com/RFC_JAPAN

==========================================

    
     このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

コメント投稿(承認後公開)

トラックバック

トラックバックURL: http://jp.a-rr.net/jp/news/member/4178.html/trackback


会員からのお知らせ

このページでは、JRRN会員からのお知らせや、海外関係機関からの案内等を紹介しています。
本ページで紹介したい情報をお持ちの方は、いつでも情報をお寄せ下さい。

過去記事検索

カレンダー

2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のエントリー

最近のコメント

月別アーカイブ

>> 会員からのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針