Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

会員からのお知らせ

< 記事のページ >

公開シンポジウム「森川里海をつなぐ「砂の道」~総合的な流域管理に向けて~」(2023年9月22日)」ご案内

「森川里海をつなぐ「砂の道」~総合的な流域管理に向けて~」 案内チラシ(PDF 1.7MB)

 応用生態工学会(JRRN団体会員)より、9月22日に開催する公開シンポジウム「森川里海をつなぐ「砂の道」~総合的な流域管理に向けて~」ご案内です。

【 森川里海をつなぐ「砂の道」~総合的な流域管理に向けて~ 】

1.概要

 タイトル:「森川里海をつなぐ「砂の道」~総合的な流域管理に向けて~」

 日時:9月22日(金)13時~17時30分

 会場:京都大学宇治キャンパス きはだホール

 オンライン:Zoom ウェビナー

 参加費:無料

※このシンポジウムでは日英同時通訳が行われます。

 

2.参加登録(申込方法)

 会場参加の方  https://forms.office.com/r/AYyc6n80K6

 オンライン参加の方   https://zoom.us/webinar/register/WN_eQXAvWNETFiE0c6Z1v33ug

 

3.講演者

 - マット・コンドルフ 教授(カリフォルニア大学バークレー校(アメリカ))

 - エレン・ウォール 教授(コロラド州立大学(アメリカ))

 - マリエル・エバース教授(ボン大学(ドイツ) 教授)

 - 竹門 康弘 客員研究員(大阪公立大学)

 - 中野 大助 上席研究員(一般財団法人電力中央研究所)

 - 瀧 健太郎 教授(滋賀県立大学/ University of Shiga Prefecture (Japan))

 ※詳細は応用生態工学会第26回京都大会ウェブページでご確認ください。

https://confit.atlas.jp/guide/event/eces2023/static/public_symposium?eventCode=eces2023&pageCode=public_symposium

※リーフレットは以下でご覧いただけます。

https://store-confit.atlas.jp/eces/eces2023/static/20230821095145054_ja.pdf

 

4.主催・共催

 - 応用生態工学会第26回京都大会実行委員会

 - 応用生態工学会国際交流委員会

 - 京都大学防災研究所水資源環境研究センター

 

    
     このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

コメント投稿(承認後公開)

トラックバック

トラックバックURL: http://jp.a-rr.net/jp/news/member/4241.html/trackback


会員からのお知らせ

このページでは、JRRN会員からのお知らせや、海外関係機関からの案内等を紹介しています。
本ページで紹介したい情報をお持ちの方は、いつでも情報をお寄せ下さい。

過去記事検索

カレンダー

2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のエントリー

最近のコメント

月別アーカイブ

>> 会員からのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針