Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

会員からのお知らせ

< 2015年9月28日:日別アーカイブ >

「第3回 カヌーでつなぐ「琵琶湖・淀川流域圏」~1450万人・水のえん~(2015年11月21-23日)」ご案内

第3回 カヌーでつなぐ「琵琶湖・淀川流域圏」 案内チラシ(PDF 341KB)

 JRRN団体会員である「カッパ研究会」鈴木様より、11月の三連休に開催される「第3回 カヌーでつなぐ『琵琶湖・淀川流域圏』~1450万人・水のえん~」のご案内を頂きました。

(以下案内文)

「第3回 カヌーでつなぐ「琵琶湖・淀川流域圏」~1450万人・水のえん~

1 主催: 琵琶湖・淀川流域圏連携交流会

2 後援:国土交通省近畿地方整備局、大阪府、大阪市、京都府(申請中)、一般社団法人近畿建設協会

3 日時と区間:

 一日だけの参加、3日間連続などを選ぶことができます。
(初 日)11月21日(土)  10:00~16:00
    笠置町(カヌー広場)~京田辺市(近鉄大橋)
(2日目)11月22日(日)  10:00~16:00
    京田辺市(近鉄大橋)~寝屋川市(点野)
(3日目)11月23日(月・祭) 9:30~16:00
    寝屋川市(点野)~毛馬閘門~大阪市(大阪ふれあいの水辺)

4 定員:30名(各日とも、先着順)

5 参加費:8000円/日(保険料、カヌーの移送代含む)
      カヌーをレンタルされる方は、2000円/日(別途)

6 申込み:氏名、団体、連絡先e-mailを連絡ください。
  琵琶湖・淀川流域圏連携交流会 jimukyoku@bynet.jp

7 その他
 ○ 昼食は、各自がご持参ください。
 ○ 雨天決行。ただし、注意報、警報等で中止の場合はご連絡いたします。
 ○ カヌーが初めての方、フジタカヌーが講習の必要と判断された方は安全のために、フジタカヌーのカヌー講座を受講いただく必要があります。
 ○ 参加申込をいただいた方には、集合場所等をご連絡します。
 ○ 不慮の事故等については、自己責任で対処することで申込を御願いします。
   事故等につきましては、主催者として保険を掛けさせております。その範囲内での保障とさせていただきます。

 ※ 本事業への寄付も募集しております。 (一口5000円、二口10000円)
   ご支援いただけれる方は事務局までご連絡ください。   jimukyoku@bynet.jp

案内チラシはこちらから(PDF 341KB)

「ミツカン水の文化センター第21回里川文化塾『和泉川で学ぶ 多自然川づくり実践のポイントと継承の課題』(2015年10月17日)」ご案内

第21回里川文化塾案内ページ

 ミツカン水の文化センター第21回里川文化塾『和泉川で学ぶ 多自然川づくり実践のポイントと継承の課題』のプログラム・リーダーをお務めの前川太一郎様(JRRN会員)より御提供頂いたイベント情報です。

(以下、案内文)

*********************************************************

  ミツカン水の文化センター 第21回里川文化塾

「和泉川で学ぶ 多自然川づくり実践のポイントと継承の課題」

       10月17日(土)開催決定!

*********************************************************

ミツカン水の文化センターでは、「使いながら守る水循環」を学ぶ「里川文化塾」を開いております。

21回目となる今回は、「多自然川づくり」の思想をいち早く実践した先進事例「和泉川」を舞台に、「実践のポイント」および「年月を経たあとの継承の課題」について学びます。

2006年(平成18)に国土交通省が定めた「多自然川づくり基本指針」では、多自然川づくりの考え方は、すべての川づくりの基本であるとされています。その思想を約30年も前に実践した事例として広く知られるのが、神奈川県横浜市の西部を流れる「和泉川」です。

今回は、和泉川の当時の川づくりにかかわった講師2名をお招きし、多自然川づくりを実践するうえで重視したポイントや、川に対するイメージを具現化するにあたって行なったプロセスなどをお聞きします。

さらに、最初の改修から30年が経った今、当時の川づくりがどのように継承され、どんなことが課題となっているのかについてもうかがいます。

講師2名のお話をお聞きしたあと、実際に現地をご案内いただきます。

和泉川を見て歩くことで、いかにして成功例となったのか、そして一度つくり上げた河川環境を維持・継承するためにどのような課題があるのかを把握し、多自然川づくりについて多くのことを学びたいと思います。

(続きを読む…)

1 


会員からのお知らせ

このページでは、JRRN会員からのお知らせや、海外関係機関からの案内等を紹介しています。
本ページで紹介したい情報をお持ちの方は、いつでも情報をお寄せ下さい。

過去記事検索

カレンダー

2015年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近のコメント

>> 会員からのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針