Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

行事報告

< 行事報告 トップページ >

ARRN主催「第6回水辺・流域再生にかかわる国際フォーラム」開催報告

01-0120-1.jpg
KICT副院長による開会挨拶
01-0120-2.jpg
国際フォーラム終了後の記念撮影


 2009年9月29日(火)、アジア河川・流域再生ネットワーク(ARRN)主催『第6回水辺・流域再生にかかわる国際フォーラム』が韓国・ソウル市のKOFST国際会議場にて開催されました。 本年の国際フォーラムは、韓国建設技術研究院(KICT)主催の「第5回KICT河川環境国際ワークショップ」と併催で行われ、韓国国内の関係者にARRNのPRと河川環境分野の情報交換を行うことができました。

○日時 : 平成21年9月29日(火) 15:00 – 18:00
○会場 : KOFST International Convention Center(韓国・ソウル市)
○主催 : アジア河川・流域再生ネットワーク (ARRN)、韓国建設技術研究院(KICT)、韓国河川協会(KRA)
○共催 : 韓国河川再生ネットワーク(KRRN)、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)、中国河川再生ネットワーク(CRRN)

各講演の発表資料は以下からダウンロード可能です。

   ※各講演タイトルをクリックすると講演資料を閲覧いただけます。

<プログラム>

15:00-15:30  
・開会挨拶  Samhee Lee (韓国建設技術研究院 副院長)  
・歓迎挨拶  玉井 信行 (ARRN会長)  
・歓迎挨拶  Kook IL Kim (韓国河川協会 会長)

15:30-18:00
 ■講演1:白川直樹(筑波大学講師)
      「川に流れを取り戻す ~日本における過去・現在・未来」
 ■講演2:Dongya Sun (CRRN事務局長、中国水利水電科学研究院)
      「中国における河川再生の最新の取り組み」
 ■講演3:Marco Baumann (Canton Thurgau、スイス)
      「河川工学と管理 ~スイスにおける事例から」
 ■講演4:Hong Koo Yeo (韓国建設技術研究院)
      「韓国4大河川再生事業の基本計画づくりについて」

 なお、本フォーラムの開催報告は、「JRRNニュースレターvol.28(2009年10月号)」で詳しくご紹介させて頂きます。

詳しい記事はこちら(JRRN Newsletter vol.28)
本行事のチラシはこちら(PDF 189KB)
第5回国際フォーラム(2008年)の結果報告はこちら(中国・北京市にて開催)
第4回国際フォーラム(2007年)の結果報告はこちら(日本・東京にて開催)

「第17回リバーフロント整備センター研究所報告会」発表報告

01-0119.jpg
報告会での発表の様子(JRRN事務局 沼田彩友美)


 2009年9 月11 日(金)、JRRNを運営する(財)リバーフロント整備センターの研究所報告会が開催され、「河川再生に関わる技術・情報の蓄積と国際ネットワーク構築の取り組み」と題して、ARRNやJRRNのこれまでの活動と今後の展望に関しJRRN事務局沼田より発表させて頂きました。  研究発表論文及び当日のプレゼンテーション資料を以下に掲載致します。

「河川再生に関わる技術・情報の蓄積と国際ネットワーク構築の取り組み」論文はこちら(PDF 3.5MB)
「河川再生に関わる技術・情報の蓄積と国際ネットワーク構築の取り組み」発表資料はこちら(PDF 2.3MB)
「第17回リバーフロント整備センター研究所報告会」全体プログラムはこちら

「世界都市水フォーラムWCWF2009」(韓国・仁川) 参加報告

01-0116-1.jpg
開会式での実行委員長挨拶
01-0116-2.jpg
JRRN事務局の講演の様子


 2009年8 月18 日(火)~21日(金)にかけて、韓国・仁川市の松島国際会議場を会場に「世界都市水フォーラムWCWF2009」が開催され、約5000人の都市における水問題に関わる専門家が一同に会し最新の技術や経験の交換が行われました。
 JRRN事務局では、分科会「都市河川再生(Restoration of Urban Stream Amenity)」において「アジアの都市河川再生の動向と国際ネットワーク構築の取組み」と題した発表をJRRN事務局沼田(財団法人リバーフロント整備センター企画グループ)から行いました。
 フォーラム開催期間中は、河川環境に関連する分科会として、都市河川再生以外にも水域生態再生や舟運による地域活性などのテーマが開催され、韓国や他国の様々な事例が紹介されていました。
 各セッションの概要や日本の河川再生に向けて参考となる事例等をJRRN事務局で整理したのち、本ホームページにて後日ご紹介させて頂きます。

→ 「世界都市水フォーラムWCWF2009」ホームページはこちら
詳しい記事はこちら(JRRN Newsletter vol.27)

2009.7.8 台湾からの実務者研修の受入

01-0112-1.jpg 01-0112-2.jpg
河川環境に関する講義の様子 講義終了後の記念撮影


 2009年7月8日(水)、台湾政府経済部水利署の実務者一行が研修プログラムで来日し、日本の河川環境改善に向けた取組みについて、JRRN事務局及び財団法人リバーフロント整備センターが研修を担いました。
 また、今回の研修受け入れに際しては、JRRN初の試みとしてJRRN会員限定の公開行事とさせて頂き、1名の方にご参加を頂きました。JRRN会員と台湾関係者の交流の機会にもなりました。

<研修概要>
 - 日本の河川環境改善に向けた取組の概要
 - 地球温暖化が河川・流域環境に及ぼす影響
 - 多自然川づくり
 - 自然再生事業
 - 河川事業の住民説明ツール紹介
 - ARRN/JRRN紹介  - 意見交換

 台湾では、河川再生情報を扱った公的機関によるホームページが先日公開されるなど、台湾全土で河川環境再生を目的とした事業が実施されつつあるとのこと。そのため、多自然川づくりや自然再生事業など、河川環境分野の最新の日本の施策等を学ぶよい機会になったことと思います。  本研修の詳細は、「JRRNニュースレターvol.26」で詳しくご紹介させて頂きます。

詳しい記事はこちら(JRRN Newsletter vol.26)

2009.6.10-12韓国河川協会視察団の来日支援(北海道)

01-0110.jpg
恵庭市の茂漁川にて


 2009年6月10日(水)~12日(金)にかけて、韓国河川協会の海外視察団(53名)が札幌市を中心に北海道の河川改修、治水事業、河川環境についての視察を目的に来日しました。韓国河川協会は「アジア河川・流域再生ネットワーク(ARRN)」の韓国窓口組織KRRNの事務局組織でもあり、JRRN事務局として視察先の河川管理各機関とのスケジュール調整や説明資料の準備などの協力を担うと共に、恵庭市茂漁川、石狩川、豊平川、千歳川の視察などに同行いたしました。
 日本の先進的な治水計画、都市河川の治水、親水計画の視察を通じて、国内の技術や施策のPR を行うとともに、河川再生に関わる日韓の意見交換を行うことができ、河川環境再生分野での今後の更なる日韓交流の契機になればと思います。

詳しい記事はこちら(JRRN Newsletter vol.25) 
韓国河川協会ホームページ(韓国語)

2009.5.20 JICA国別研修(パキスタン)の受入

01-0107-1.jpg 01-0107-2.jpg
研修の開会挨拶(JRRN事務局長) 河川環境に関する講義の様子
01-0107-3.jpg 01-0107-4.jpg
講義終了後の記念撮影 現地視察(隅田川)


 2009年5月20日(水)、JICA(独立行政法人国際協力機構)研修プログラムで来日しているパキスタン政府及び地方自治体関係者に対し、日本の河川環境改善の歩みや河川環境再生事例などの講義、及び現地視察の案内をJRRN事務局が担いました。

<研修概要>
●午前:
 - ARRN, JRRN及び(財)リバーフロント整備センターの概要説明(JRRN事務局)
 - 事業対象河川の概況説明(パキスタン側)
 - 日本の河川環境改善の歩み及び河川再生の方策について講義(JRRN事務局)
●午後:  東京を代表する河川再生事例として「隅田川」を視察

 本研修者一行は、「洪水危機管理実務」の習得を目的に来日されましたが、パキスタンではゴミの河川への投棄など河川環境面でも多くの問題を抱えるため、河川管理や社会啓発を行う際の留意事項として河川環境分野の話題を提供させて頂きました。
 午前の室内講義及び午後の現地視察共に活発な質疑と意見交換が行われ、研修者とJRRN関係者双方にとって有意義な交流となりました。
 本研修受入やパキスタンの河川事情については、「JRRNニュースレターvol.24」の中でも詳しくご紹介しています。

詳しい記事はこちら(JRRN Newsletter vol.24)

JRRN主催 第3回JRRN河川環境ミニ講座「環境流量からみえるアジアの風土性」開催報告

01-0106-1.jpg
講演会の様子
01-0106-2.jpg
意見交換の様子(白川先生)


 2009年5月13日(水)、JRRN主催で第3回JRRN河川環境ミニ講座「環境流量からみえるアジアの風土性」が開催され、ARRN技術委員を務める筑波大学・白川先生にご講演を頂くと共に、JRRN事務局より「アジアに適応した河川環境再生の手引きver.1」(2009.3月・ARRN/JRRN発刊)を解説させて頂き、その後参加者との活発な意見交換が行われました。

○講師1: 白川直樹(筑波大学システム情報工学研究科 講師・ARRN技術委員)  
○講師2: 丹内道哉(JRRN事務局・財団法人リバーフロント整備センター)  
○日 時:平成21年5月13日(水) 15:30~17:30  
○会 場:(財)リバーフロント整備センター

 白川先生からは、「変動」と「攪乱」をキーワードに、環境流量の概念とその設定手法や、さらにアジアの川と文明の関わりについてご講演を頂き、河川環境の再生に取組む際に参考となる考え方についてご説明頂きました。
 また、JRRN事務局からは、手引き作成までの経緯や、作成に際しての基本的考え方、更には手引き作成と共に取組む河川再生事例収集に関する報告などを行いました。
 講演後に行なわれた意見交換では、「環境流量」という言葉の定義、歴史的背景等の質問、また「手引き」の今後の展開に関する貴重なご意見を頂き、今後の河川環境再生の取組みに向け有意義な議論となりました。

 →白川講師の講演資料(発表PPT)はこちらをクリック(PDF937kb)
 →JRRN事務局の講演資料(発表PPT)はこちらをクリック(PDF 552kb)
 →当日の講演録はこちらをクリック(PDF 319kb)
 →講演会の様子の詳しい記事はこちら(JRRN Newsletter vol.24)
 →第3回JRRN河川環境ミニ講座のチラシはこちら(講師略歴・講演要旨等)

「第5回 世界水フォーラム」(トルコ・イスタンブール) 参加報告

01-0102-1.JPG 01-0102-2.JPG
会場の様子 開会式の様子


 第5回世界水フォーラムが、3月16日(月)~22日(日)にかけて、「水問題解決のための架け橋」をテーマにトルコ・イスタンブールで開催されました。前回の第4回世界水フォーラム(2006年3月・メキシコ)における日中韓共催分科会の提言を受けてARRNが設立されたこともあり、フォーラム参加者へのARRNのPRや意見交換、またARRN作成「河川再生の手引き」普及活動を主な目的に、JRRN事務局より二名が参加致しました。  現地での活動の概要は、以下のニュースレター最新号をご覧下さい。

詳しい記事はこちら(JRRN Newsletter vol.22)

2009.3.16 ヨーロッパ河川再生センター(ECRR)・Bart Fokkens会長との意見交換

01-0100.JPG
ECRR会長との記念撮影


 2009年3月16日(月)、ARRN及びJRRNのモデル組織である「ヨーロッパ河川再生センター(ECRR)」のMr. Bart Fokkens会長と、今後のECRRとの協働やARRNの活動に関する意見交換を行いました。
 本協議は、第5回世界水フォーラム(トルコ)にECRR会長及びARRN/JRRN事務局長が参加するのに合わせ、現地(トルコ)にて行われたもので、今後のワークショップ等への双方の参加や、データベース構築等への双方の貢献など、可能な取組みから欧州とアジアで連携して実施していく旨の建設的な内容となりました。
 今後の進展は本ホームページ等でお知らせします。

2009.2.20 香港政府関係者の東京都隅田川視察支援

01-0097-1.JPG 01-0097-2.JPG
午前中の意見交換会 隅田川にて記念撮影


 2009年2月20日(金)、香港特別行政区土木開発部(Civil Engineering and Development Department)の視察団一行が来日し、日本の都市部水辺再生の好事例として隅田川を視察するとともに、隅田川を管理する東京都建設局河川部を表敬訪問し、活発な意見交換が行われました。

<視察概要>
●午前: 東京都建設局河川部会議室にて、隅田川整備の概要説明、香港事業概要の説明、及び水辺再生と河川管理に関する意見交換。
●午後: 東京都建設局河川部担当者による隅田川及び旧中川の現地案内。

 午前の事業説明と意見交換、及び午後の現地視察共に、予定していた時間を大幅に超過する活発な交流が行われ、非常に有意義な視察となりました。今回の視察にご協力頂きました東京都建設局河川部の皆様には改めて御礼申し上げます。
 なお、今回の視察は、昨年7月に香港政府関係者よりJRRNに対し、日本における都市河川再生事例に関する問合せがあり、国内の様々な水辺再生事例を紹介する中で、視察目的に最もふさわしい河川として、隅田川への視察が実現したものです。

詳しい記事はこちら(JRRN Newsletter vol.21)

 6 7 8 9 10 11 12 13 14  


行事報告

このページでは、JRRNやARRNによる主催・共催行事の開催報告及び関連資料等を掲載しています。

過去記事検索

カレンダー

2022年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近のコメント

>> 行事報告 トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針