Asian River Restoration Network (ARRN)

アジア諸国における河川再生に関する情報交換を目的とした組織として、2006年11月ARRNが設立されました。日本におけるARRNの活動は、日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)が担います。

Go to ARRN website

会員からのお知らせ

< カテゴリー: 会員からのその他案内 >

9/2開催「第2回大河川における多自然川づくりセミナー」講演動画配信

「第2回大河川における多自然川づくりセミナー」講演動画

 多自然川づくりサポートセンター(事務局:リバーフロント研究所)より、9/2(木)に開催された第2回大河川における多自然川づくりセミナー『川と人・地域の関わりをもっと豊かに-大河川の自然と広い空間を活かした魅力的な水辺整備を考える-』の講演動画が公開されました。

「第2回大河川における多自然川づくりセミナー」講演動画はこちら

ミズベリング的「流域治水」ソーシャルデザイン研究会がスタート

新プロジェクト案内ページ

 JRRN事務局を運営するリバーフロント研究所より、ミズベリングプロジェクト事務局との共同プロジェクト『ミズベリング的流域治水ソーシャルデザイン研究会』のご案内です。

 新プロジェクトの概要、またプロジェクト開始を前に行った緊急記者会見の様子は以下のサイトをご覧ください。

 ※案内ページはこちらから

「SAITAMAリバーサポーターズプロジェクト(略称:リバサポ)」ご案内

リバサポ案内ページ

 埼玉県で始まった「SAITAMAリバーサポーターズプロジェクト(略称:リバサポ)」のご案内です。

 このプロジェクトは、埼玉の豊かな川を育む自発的な活動が持続的に行われるよう、県民・団体・企業の取組を県が支援していくもので、団体サポーター(川の国応援団)に加え、個人サポーターや企業サポーターにより、川の保護や川との共生に向けた活動を活性化し、SDGsの実現を目指す取組です。

 プロジェクトの詳細は以下のサイトをご覧ください。

 ※案内ページはこちらから

豊田市矢作川研究所が取り組む「ふるさとの川づくり事業」成果紹介動画のご案内

豊田市矢作川研究所の動画紹介ページ

 住民が親しめる自然豊かな川を目指した「ふるさとの川づくり事業」に取組む豊田市矢作川研究所より、これまでの事業を振り返り、今後の具体的な川づくりについて考えるための事業成果紹介動画のご案内を頂きました。

<内容>

・豊田市矢作川研究所研究員による「ふるさとの川づくり事業」の成果報告。(30分×2本)

・岐阜大学原田守啓准教授による事例紹介(当事業で実践する川づくりの基本や工法など)。(35分)

・ダイジェスト版(5分)

 ※動画紹介ページはこちらから:

 http://www.yahagigawa.jp/shiru/douga/entry-878.html

「土木学会デザイン賞2021」募集案内(5/31エントリー〆切)

「土木学会デザイン賞2021」募集要項案内ページ

 本年の土木学会デザイン賞2021(主催:公益社団法人土木学会 景観・デザイン委員会)募集案内が届きました。みなさまの川づくりの成果を応募されては如何でしょうか?

(以下、案内文)

『土木学会デザイン賞2021 募集開始のお知らせ』

 土木学会デザイン賞(正式名称:公益社団法人土木学会 景観・デザイン委員会デザイン賞)は、土木構造物や公共的な空間を対象として、作品に貢献した人物・組織の顕彰を行うものです。

 2001年度の創設以降、これまで198作品が受賞しております。

 5月1日より今年度のエントリーを開始しておりますので、関係者の方々には、奮ってご応募・ご推薦いただきたく、お願い申し上げます。

(エントリー締切は5月31日迄、応募書類締切は7月2日迄)

 詳細はデザイン賞ウェブサイトの募集要項をご覧ください。

http://design-prize.sakura.ne.jp/applicant

 過去の受賞作品も本賞ウェブサイトにてご覧いただけます。

http://design-prize.sakura.ne.jp/award

 ご不明点等ございましたら、本賞ウェブサイトのお問い合わせフォームより事務局までご連絡下さい。

 よろしくお願い申し上げます。

 ※「土木学会デザイン賞2021」募集要項案内ページ

「烏川・神流川・鏑川・碓氷川」を体験体感する魅力的な河川広報パンフレットが完成

体験体感「烏川・神流川・鏑川・碓氷川」
-水辺や流域の魅力を大発見!(PDF 24MB)

 利根川水系を流れる烏川・神流川・鏑川・碓氷川の水辺や流域の魅力を紹介する素敵な広報パンフレットが国土交通省関東地方整備局高崎河川国道事務所より発行されました。

 本広報パンフでは、流域内の絶景ポイント、歴史探訪、公園や四季の花、アクティビティ、文化遺産、ドライブ&グルメ、水と自然、そして水防災までが旅行雑誌の様に分かりやすく紹介されています。

体験体感「烏川・神流川・鏑川・碓氷川」広報パンフレットのダウンロードはこちらから(PDF 24MB)

高崎河川国道事務所の紹介ページはこちらから

「土木学会デザイン賞2020」選考結果発表・授賞式開催案内

「土木学会デザイン賞2020」選考結果発表・授賞式開催案内(PDF 2.8MB)

 土木学会デザイン賞2020(主催:公益社団法人土木学会 景観・デザイン委員会)運営事務局より、本年の「土木学会デザイン賞2020」の最優秀賞、優秀賞、奨励賞の計12作品決定、及び来年1/23(土)に開催される土木学会デザイン賞授賞式の案内を頂きました。

 本年も水辺の作品が複数選出されています。

(以下、案内文)

『土木学会デザイン賞2020 選考結果発表・授賞式開催のお知らせ』

景観・デザイン委員会
デザイン賞選考小委員会
委員長 中井 祐

 土木学会デザイン賞(正式名称:公益社団法人土木学会 景観・デザイン委員会デザイン賞)において,2020年度の最優秀賞,優秀賞,奨励賞の計12作品が決定しました.
 また2020年度の授賞式を2021年1月23日(土)に開催いたします.
 表彰状授与式,受賞者によるプレゼンテーション,選考委員の講評や質疑応答を予定しております.
 本年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を取りながら,Web/対面併用での開催となります.
 詳細は後日,改めてご連絡させていただきますが,是非ともご参加賜りますようよろしくお願い申し上げます.

●2020年度 授賞対象作品の詳細
http://design-prize.sakura.ne.jp/award

●選考委員による総評
http://design-prize.sakura.ne.jp/archives/result_comment

 なお本案内に関する別添のプレスリリース(高解像度版)は以下のリンク先からもダウンロードいただけます.
http://design-prize.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/PressRelease2020.pdf

「リバーフロント研究所のSDGsへの取り組み」ご紹介

リバーフロント研究所のSDGsへの取り組み(PDF 4.9MB)

  JRRN事務局を運営し団体会員でもある公益財団法人リバーフロント研究所より、SDGsの達成に向けたリバーフロント研究所の取組の紹介です。

リバーフロント研究所のSDGsへの取り組み紹介ページへ

「市民が選ぶ 川ごみマップ大賞」決定のご報告

「市民が選ぶ 川ごみマップ大賞 決定!」 案内ページ

 全国川ごみネットワーク( https://kawagomi.jp/ )より、「市民が選ぶ 川ごみマップ大賞 決定!」のご案内です。

(以下、案内文)

〇〇 市民が選ぶ 川ごみマップ大賞 決定 〇〇

 全国川ごみネットワーク(座長:亀山久雄) は、市民による独自の選考会を開催し、 国土交通省が作成・公開している全国109水系・170以上の河川ごみマップの中から、「川ごみマップ大賞」を決定し、7月7日(川の日)に発表しました。

■大賞:千歳川河川事務所「ゴミマップ」   北海道開発局 札幌開発建設部 千歳川河川事務所

■最優秀賞:「十勝川ゴミマップ」      北海道開発局帯広開発建設部 帯広河川事務所

■優秀賞 :

・「やめよう不法投棄、美しい阿賀野川をいつまでも」北陸地方整備局 阿賀野川河川事務所
・「関川ゴミマップ」     北陸地方整備局 高田河川国道事務所
・ 「遠賀川ごみマップ」         九州地方整備局 遠賀川河川事務所
・ 「山国川・中津川ゴミマップ」   九州地方整備局 山国川河川事務所

■特別賞:

・雄物川「誤美マップ」  東北地方整備局 湯沢河川国道事務所
・最上川ゴミマップ2005」 東北地方整備局 山形河川国道事務所

◆その他入賞13点

 「市民が選ぶ 川ごみマップ大賞 受賞一覧」 ⇒ https://kawagomi.jp/img-map/200707gomi-map_list.pdf

  河川ごみマップは、不法投棄やごみの散乱状況をまとめたもので、全国109の一級水系それぞれで作成・公開されています。これが、啓発資料となって地域住民に周知され、さらに活用されることで、川と海のごみの削減を目指します。

 関係者らがすべてのマップを確認し、ノミネートしたマップについては、制作した河川事務所からのコメントも頂き、そのコメントも参考に、選考委員による選考を行いました。

 国交省が作成したマップを市民が市民目線で選考するという画期的なものとなりました。

 多くのマップが、多くの方に知られ、啓発として活用できるマップとなることを期待しています。

※詳細は、ホームページをご参照ください:

https://kawagomi.jp/2020/07/gomi-map_taisyou/

「令和元年 欧州近自然川づくり調査報告」案内

調査報告の詳しい紹介ページはこちらから

 (公財)リバーフロント研究所より、多自然川づくりの欧州調査レポートの紹介です。

 本レポートは、令和元年9月に実施された「欧州近自然川づくり調査団(団長:辻本哲郎 名古屋大学名誉教授)」によるドイツ・スイス両国における近自然川づくりの実態調査の結果について、令和元年12月の報告会再録としてまとめたものです。

詳しくはこちら: (公財)リバーフロント研究所ホームページ

 

1 2 3 4 5 6 7 8  


会員からのお知らせ

このページでは、JRRN会員からのお知らせや、海外関係機関からの案内等を紹介しています。
本ページで紹介したい情報をお持ちの方は、いつでも情報をお寄せ下さい。

過去記事検索

カレンダー

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近のコメント

月別アーカイブ

>> 会員からのお知らせ トップに戻る

>> RSS


運営方針・個人情報保護方針